スペイン語の挨拶センスがぐっと上がる!厳選20フレーズ

スペイン語の挨拶センスがぐっと上がる!厳選20フレーズ

あなたは仕事や観光旅行などでスペインへ訪れた事はありますか?スペインは観光地も沢山あり、料理もとても美味しく日本人が馴染みやすい国と言われています。そんなスペイン旅行、どうせならスペイン語で話せる所は話したいですよね。そこで今回は、スペイン語の挨拶センスがぐっと上がる厳選20フレーズをご紹介します。



 

スペイン語の挨拶センスがぐっと上がる!厳選20フレーズ

 

その1 基本的な挨拶

1. encantado/a (エンカンタード/エンカンターダ)

初めて会った際に、必ずスペイン人はこう言います。意味は「はじめまして」です。あなたが男性であればencantado,女性であれば、encantadaと言います。この言葉を発してから、次に男性であっても女性であっても握手を交わしましょう。たまに初対面の人であっても、ほっぺとほっぺを合わせて両頬キスをする挨拶しますが、基本的には、初対面の時は、男性も女性も握手での挨拶となります。

 

2. mucho gusto (ムチョ グスト)

これも、「はじめまして」の意味ですが、基本的には、メキシコや中米で多く使われていますが、まれに、スペインの方でも、mucho gustoと言って挨拶してくる方がいるので、このフレーズも覚えておきましょう。

 

3. hola! (オラ)

これは、どんな相手にも使える「やぁ」という意味のスペイン語の挨拶です。目上の人には、Holaの後に普通の挨拶(後述します)。を付け加えるのが良いとされますが、一般的には、誰に対しても使える便利な挨拶です。朝から晩まで使える挨拶で、スペイン人も中南米の方達もよくholaと言っています。

 

4. buenos dias (ブエノス ディアス)

5. buenas tardes (ブエナス タルデス)

6. buenas noches (ブエナス ノーチェス)

「おはよう」、「こんにちは」、そして「こんばんは」の意味ですが、先述した、holaの後にこれらの挨拶をくっつけて言うと、丁寧ですし、本当の「挨拶」という感じがしますので、「hola,buenos dias」という様な感じで挨拶してみましょう。

 

7. como esta(s)? (コモ エスタ(ス)

スペイン語は主語によって、動詞が変化します。この場合、友達など「君」に対する際はcomo estas?、目上の方に対してはcomo esta?と使い分けてください。意味は「お元気ですか」「ごきげんいかがですか」となります。たまに、「como estamos?(コモ エスタモス)」と聞かれますが、これもcomo esta(s)?と同じような意味となります。

 

8. que tal? (ケ タル)

como esta(s)?と同じように、こちらのque tal?もよく使われる言葉です。これの良い所は、誰に対しても同じ表現を使える所です。como esta(s)?のように、主語によって、動詞を変化させる必要がありませんから、迷った時には常にque tal?と聞いてみると良いと思います。

これらの基本的な挨拶は、スペインのどこかしらのお店に入って必ず聞かれる挨拶ですから、覚えておくと、彼らがあなたに挨拶をしてきた時に、きちんと答えることができるでしょう。

その2 状況に対する応え方

9. estoy(estamos) bien(エストイ(エスタモス) ビエン)

como esta(s)?と聞かれた際の受け答えは、estoy bienで、como estamos?と聞かれた際は、estamos bienと受け答えるのがベストです。ですが、簡単に終わらせたいという場合は、bienだけでも全然問題はありません。意味は「元気です」、「良いです」という意味です。

 

10. mas o menos(マソメノス)

意味は「まあまあ」という意味ですが、もし、元気ですか?と聞かれたら、そうでもない時は、これを使いましょう。その後、「que pasa?(ケ パサ)」(どうしたの?)と聞かれるかもしれません。

 

 

11. no estoy bien/estoy mal(ノーエストイ ビエン/エストイ マル)

これは、「元気ですか?」と聞かれた際に「全然」という意味の言葉です。もちろん、この後に、様子を尋ねた側は、あなたの状況について聞いてきますので、こう応えた方は、それに対しても答えることができるようにしなければいけません。

 

その3 様子を聞き返す表現

12. y tu?(イ トゥ)

13. y usted?(イ ウステッ)

14. y vosotro(a)s?(イ ヴォソトロス/イ ボソトラス)

15. y ustedes?(イ ウステデス)

意味は、上から「君は?」、「あなたは?」、「君達は?」、「あなた方は?」です。君達を指すvostrosは、男性だけ、もしくは、男性と女性の組み合わせの場合にはvosotrosを使用し、女性だけのグループにはvosotorasを使用します。ちなみに、アルゼンチン以外の中南米はこのvosotrosは使わないので、スペインとアルゼンチンへ行かれる方は、この表現を覚えておく必要があります。

 

その4 感謝の伝え方

16. (muchas) gracias (ムーチャス)グラシアス

これは、よく聞きますよね。「ありがとう」の意味です。普通はgraciasのみですが、さらなる感謝の意を述べたい時はmuchas graciasを使います。英語における、thank youと、thank you so muchの違いです。

 

17. te(le) agradezco (mucho)(テ(レ) アグラデスコ(ムーチョ)

teは、「君」の意味ですから、友達や家族に対して使います。目上の人の場合は「あなた」を意味するleに置き換えて伝えるのですが、こちらは、直訳すると「君(あなた)に感謝しています」という事です。それを最大限に伝える際は、文末に「mucho」とつけてもらえれば、あなたの感謝の度合いが分かります。特にgraciasは、ありとあらゆる場所で使えますから、スペインを旅行される方は必ず覚えていて欲しい言葉となります。

 

その5 別れの挨拶

18. nos vemos!(ノス ベモス)

「じゃあね、また会おうね」という意味です。この表現を一番よく使います。誰に対しても使える、とてもポジティブなスペイン語の別れのあいさつになるので、この言葉を覚えておくと良いでしょう。

 

19. adios!(アディオス)

これは、よく聞きますよね。「さようなら」という意味ですが、これは何となくもう次に会う事はないなという感じになってしまうので、寂しい印象を与えます。ですが、一般的に使う事は、もちろんできます。

 

20. Hasta pronto(アスタ プロント)

「また近いうちに」という意味です。これも(メールなどの)文末に書いたり、口頭でも「また会いたいな」と思ったら自然と出てくる言葉です。nos vemosと同じようなポジティブな表現です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
日本にいて、外国人が日本語で挨拶してくれると嬉しいように、スペインへ行ったらスペイン語でコミュニケーションを取り、好感を持ってもらいましょう。Holaや、Gracias,Nos vemosは毎日何十回も使う言葉ですから、現地でぜひ使ってみてくださいね。なたのスペイン旅行がぐっと楽しくなることを願っています。

 

スペイン語の挨拶センスがぐっと上がる!厳選20フレーズ

1. encantado/a (エンカンタード/エンカンターダ)

2. mucho gusto (ムチョ グスト)

3. hola! (オラ)

4. buenos dias (ブエノス ディアス)

5. buenas tardes (ブエナス タルデス)

6. buenas noches (ブエナス ノーチェス)

7. como esta(s)? (コモ エスタ(ス)

8. que tal? (ケ タル)

9. estoy(estamos) bien(エストイ(エスタモス) ビエン)

10. mas o menos(マソメノス)

11. no estoy bien/estoy mal(ノーエストイ ビエン/エストイ マル)

12. y tu?(イ トゥ)

13. y usted?(イ ウステッ)

14. y vosotro(a)s?(イ ヴォソトロス/イ ボソトラス)

15. y ustedes?(イ ウステデス)

16. (muchas) gracias (ムーチャス)グラシアス

17. te(le) agradezco (mucho)(テ(レ) アグラデスコ(ムーチョ)

18. nos vemos!(ノス ベモス)

19. adios!(アディオス)

20. Hasta pronto(アスタ プロント)

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!