韓国語で絶対に使ってはいけない超危険な単語20選

韓国語で絶対に使ってはいけない超危険な単語20選

外国語を勉強するときに、『間違えても外国人だから仕方ない!間違えてもどんどん積極的に話しをしよう!』と、教えられた事がある人も多いのではないでしょうか。しかし、言葉は本当に不思議なもので、日本では普通に使っている単語が、外国ではまったく違う意味となることがあります。例えば、韓国語で『고구마(コグマ)』は、「さつまいも」という意味です。何だか可愛いですよね。こんな可愛い言葉ならいいのですが、時には相手がビックリしてしまうような言葉もあります。また、聞いたことがあるから大丈夫、と意味も分からず話した言葉がとても下品な言葉だったり…。日本語でも、知っているけど敢えて人前では言わない言葉ってありますよね。韓国は『悪口文化』が存在し、日本とは比べ物にならないくらいの悪口があります。下品な言葉を間違えて使ってしまって、韓国で恥をかきたくないですよね。今回は、あなたが韓国語を安全に使うために、知っておいてほしいNGワードともいえる韓国語の単語20個をご紹介します。これらの単語を使わないようにしっかり覚えて、韓国の方たちと楽しく交流を深めて行きましょうね。



 

韓国語で絶対に使ってはいけない超危険な単語20選

 

1.『자지(ジャジ)』

ご存知の方も多いのではないでしょうか。日本人は運動着を「ジャージ」とよく言いますよね。なんと。この単語はまさか、まさかの男性の性器を意味するのです。間違えても、韓国のお店で「ジャージ見せて下さい」とは言ってはいけませんよ!変態扱いされてしまうので、要注意!

 

2.『씨발(シバル)』

罵り言葉の代表ともいえるのがこの単語です。分かりやすく言えば「Fu○k you」と似た意味で、日本語では「チクショー」・「クソッタレ」のような意味合いです。韓国映画(ヤクザ系や下品な内容)でもよく出てきますが、真似は決してしないで下さいね。

 

3.『개 새끼(ケ セキ)』

日本語の「欠席」と発音がほぼ同じです。意味は「犬野郎」といい、これも「チクショー」のような意味合いです。ケンカするときに使う韓国人が多いです。

 

4.『~년(~ニョン)』

女性をけなす単語です。2.の『씨발(シバル)』につけて『씨발년(シバル) ニョン』とすれば、「くそったれ女」となります。こんな言葉使いたくないですよね。

 

5.『꺼져(ッコジョ)』

「消えろ」という意味です。すごく怒っているとき、喧嘩するときに使います。

 

6.『닥쳐(ダクチョ)』

「黙れ」という意味です。友達が延々と面白くない話しをしてて、イライラする時に使ったりも出来ますが、仲は保証できません。

 

7.『건달(コンダル)』

「遊び人」という意味です。間違えても仲良くなった友達に言わないように気をつけましょう。

 

8.『병신(ピョンシン)』

差別用語の一つです。漢字で書くと「病身」と書き、身体障害者の意味があり、馬鹿にするような単語です。

 

9.『밥맛이야(パンマシヤ)』

「気持ち悪い、きもい」という意味です。体調が悪いときに使う「気持ち悪い」とは違う意味になります。「あいつ気持ち悪い・・」という様な使い方をします。

 

10.『백정(ペッチョン)』

これは、韓国で最下層を意味する呼び名です。昔、身分差別を受け、人間扱いをされなかったのが『백정(ペッチョン)』

 

 

11.『~씨(シ)』

この言葉、「~さん」と人を呼ぶときに使いますよね。ただ、日本人の感覚で苗字に『~씨(シ)』をつけて呼ぶと失礼に当たりますので苗字につけて呼ばないように気をつけましょう。

 

12.『독도(トクト)』

日本の「竹島」を韓国では『독도(トクト)』“独島”と言います。「竹島」という単語を出すだけで、『독도는 우리땅(トクトヌン ウリタン)』「独島は我が領土」といって、終わらない言い合いが続く事でしょう。

 

13.『쉬(シー)』

「シーっ静かにして」とよく使いますよね。韓国語で『쉬(シー)』は「おしっこ」の意味になるので、韓国人には日本語で「シーッ」と使うのは危険かもしれません。

 

14.『양아지(ヤンアチ)』

「チンピラ」や「くず野郎」という意味です。喧嘩になって悪口のオンパレードになる可能性が高いです。

 

15.『임마(インマ)』

「おまえ」「テメー」という意味です。特に女性は下品になるので使わないで下さいね。

 

16.『이 새끼(イ セッキ)』

「こいつ!」のように、男性を示すものです。すごく乱暴な言葉で、使うとあなたの品性が疑われます。やくざドラマなどに出てきますが、親子間で愛情をこめた使い方なら許される言葉です。

 

17.『화냥년(ファニャンニョン)』

浮気女を意味する単語で、女性に対する最大の侮辱表現です。

 

18.『못난이(モンナニ)』

「できそこない」という意味の単語です。「ブス」という意味で使われることもあります。愛情をこめて彼氏が彼女に『못난이(モンナニ)』と言うこともありますが、あまり良い気はしませんね。

 

19.『죽어라(チュゴラ)』

「死ね」という意味です。日本語でも言いたくない言葉ですよね。命令形ですので、絶対に使ってはいけません。

 

20『미친놈(ミッチンノム)』

ドラマによく出てくるフレーズですが、「狂った奴」という意味です。ドラマで耳にするからといって、実際に使うと品がありませんので、気をつけましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
「聞いたことあったけど、こんな意味だったのか!」とビックリされた方もいるのではないでしょうか。日本にはないような罵り言葉の多い韓国語。言ってはいけない言葉はしっかり覚えておいて損はありません。日本語では普通の単語でも、韓国語に訳すと恥ずかしい言葉になったり、外国語って本当に不思議です。韓国の人と楽しく会話するためにもここでしっかり覚えて使わないようにしましょう!

 

韓国語で絶対に使ってはいけない超危険な単語20選

1.『자지(ジャジ)』
下ネタです。友達の韓国人男性に女性は絶対言わないでと言われた単語の一つです。

2.『씨발(シバル)』
罵り言葉の代表。少しでもこの単語が聞こえると喧嘩が始まります。

3.『개 새끼(ケ セキ)』
「犬野郎」韓国で犬は見下げた侮辱の対象です。

4.『~년(~ニョン)』
女性を侮辱する言葉です。前に色々な単語が入れて使われます。

5.『꺼져(ッコジョ)』
「消えろ」という意味。こんな言葉言われたくないですよね。

6.『닥쳐(ダクチョ)』
「黙れ」という意味。冗談でも言わないでおきましょう。

7.『건달(コンダル)』
「遊び人」という意味。遊び人て思っていても言われたら嫌ですよね。

8.『병신(ピョンシン)』
身体障害者を馬鹿にする意味があるので、決して使ってはいけません。

9.『밥맛이야(パンマシヤ)』
「気持ち悪い」の意味です。体調が悪くてもこの言葉は使わないようにしましょう。

10.『백정(ペッチョン)』
身分差別で韓国で最下層の身分を指します。

11.『~씨(シ)』
「~さん」苗字につけて呼んではいけません。呼ぶときは下の名前につけましょう。

12.『독도(トクト)』
どちらかといえば「竹島」の方が危険かもしれません。言い合いをしたくなければ避けるべき単語です。

13.『쉬(シー)』
「おしっこ」の意味になるので、静かにしてほしいときに「シーッ」と日本人にするようにしても違う意味で伝わります。

14.『양아지(ヤンアチ)』
「チンピラ」「くず野郎」の意味です。意味の通り下品な言葉です。

15.『임마(インマ)』
「テメー」という意味。女性がこんな言葉使ったら引いてしまいますよね。

16.『이 새끼(イ セッキ)』
「こいつ!」という乱暴な言葉です。よくドラマに出てきますが使わないほうが無難です。

17.『화냥년(ファニャンニョン)』
「浮気女」または「淫乱女」という、とても下品な侮辱の意味です。

18.『못난이(モンナニ)』
「できそこない」「ブス」の意味です。冗談でも言われたくない言葉です。

19.『죽어라(チュゴラ)』
「死ね」という意味です。当然ですが、冗談でも言ってはいけません。

20.『미친놈(ミッチンノム)』
「狂った奴」という意味です。よく耳にするフレーズですが、良い意味ではないので真似して使わないようにしましょう。

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!