お疲れ様です等ビジネスで使える超便利スペイン語10フレーズ!

お疲れ様です等ビジネスで使える超便利スペイン語10フレーズ!

「お疲れ様です」「いつもお世話になっています」という言葉は、仕事するためには欠かせないですよね。クライアントや取引先とうまく仕事していくため、また上司と部下が気持ちよく仕事していくために、ねぎらいの言葉はとても大切です。ではスペイン語でこれらの言葉はどのように言ったらよいのでしょうか。

そこで今回は、実際に現地で働いている筆者が、職場でよく使っているフレーズをご紹介します。


 

お疲れ様です等ビジネスで使える超便利スペイン語10フレーズ!

 

1. Bien hecho / ビエン エーチョ / お疲れ様です

まず初めに、スペイン語に「お疲れ様です」という言葉はありません。一番近い言葉がこのフレーズになります。直訳すると「よくやったね。いい仕事したね。」という意味です。仕事を頑張った後にかける言葉として、この言葉を使うことができ、どちらかというと上司が部下に使う表現になります。

 

2. Gracias por todo. / グラシアス ポル トード / いつもお世話になっております

この言葉もスペイン語には全く同じ意味の言葉がありません。そもそも文化や習慣が日本とは異なり、謙譲の美や相手を立てる発想は皆無ですから「いつもお世話になっています」という考え自体存在しないのでしょう。ですので最も近い言葉にすると「いつもありがとう」という表現になります。

 

3. Mucho gusto. / ムーチョ グスト / よろしくお願いします

初めまして、よろしくお願いします、の場合こうなります。もし、何かを頼む場合に使うなら、ポル ファボールと言ってみましょう。なお、よろしくお願いしますについては「よろしくお願いしますをスペイン語で言おう!場面別10フレーズ!」で詳しく特集していますので、合わせて一読ください。

 

4. hola / オラ / もしもし

電話でもしもし、という場合です。また「alo / アロ」でも大丈夫です。アロというのは、英語のHalloをまねている言い方です。オラというのはこんにちはの軽い言い方で、つづりはHoと書きますがホとは読みません。スペイン語はhは読まないという決まりがあるので、発音はオラとなります。

 

5. Me gustria consultarselo por favor / メ グスタリーア コンスルタールセロ ポル ファボール / ご相談させてください

最後のポル ファボールはなくても通じます。もし余裕があれば、つけるとより丁寧になります。

 

6. Que Dios los bendiga / ケ ディオス ロス ベンディーガ / 皆様のご多幸を心からお祈りしております

直訳すると「神様が皆さんを祝福してくださいますように」「保護してくださいますように」という意味です。神様を信じる文化なので、このように表現します。

 

7. De acuerdo / デ アクエルド / 承知しました。

わかりました、同意しました、の意です。英語ですが簡単に「OK」と言っても大丈夫です。

 

8. Va disculpar por la molestia / バ ディスクルパール ポル ラ モレスティア / お忙しいところ恐縮ですが

親しい間柄でない場合や、初対面などで使えます。相手がしていることを遮って、何かを聞いてほしいときなどに使います。親しくなると、ここまで改まって何かを切り出すことはありません。

ビジネス場面の丁寧に接するフレーズは「ビジネスシーンで超役立つスペイン語15フレーズ!」にも特集していますので、一緒に確認することをおすすめします。

 

9. Eso no es mi intencion / エソ ノー エス ミ インテンシオン / そういうつもりではありませんでした (誤解を解くために)

直訳すると、「それは私の意図したことではありません」という意味です。そういうつもりじゃなかったんだ、という意味合いです。自分のしたことが別の意味にとられてしまって相手が感情を害した場合に、弁解として用います。

 

10. Perdon. / ペルドン / 大変申し訳ありませんでした

謝りの言葉で一番重さがあるのがぺルドンです。他にも「Lo siento / ロ シエント / すみませんでした」「Disculpe / ディスクルペ / ごめん」などがあります。重い順番でいうと「Perdon / ペルドン」が一番深い謝罪、そして「Lo siento / ロ シエント」「Disculpe / ディスクルペ」の順に軽くなっていきます。

 

まとめ

いかがでしたか?
仕事では感謝や謝罪を表すシチュエーションが多いですね。感謝したい場合は、グラシアス、ありがとう、そして謝罪しなければならない時はぺルドンを使いましょう。ごめんなさいを覚えていれば初対面でも信頼関係を丁寧に築いていけますし、何より気持ちよく仕事できますよね。

なお、スペイン語のありがとうについては「超便利!スペイン語で「ありがとう」厳選20フレーズ!」をぜひ合わせて読んでみてください!丁寧なスペイン語を使って、ビジネスシーンで幅広くご活躍ください!

 

お疲れ様です等ビジネスで使える超便利スペイン語10フレーズ!

1. Bien hecho / ビエン エーチョ
お疲れ様です

2. Gracias por todo. / グラシアス ポル トード
いつもお世話になっております

3. Mucho gusto. / ムーチョ グスト
よろしくお願いします

4. hola / オラ
もしもし

5. Me gustria consultarselo por favor / メ グスタリーア コンスルタールセロ ポル ファボール
ご相談させてください

6. Que Dios los bendiga / ケ ディオス ロス ベンディーガ
皆様のご多幸を心からお祈りしております

7. De acuerdo / デ アクエルド
承知しました。

8. Va disculpar por la molestia / バ ディスクルパール ポル ラ モレスティア
お忙しいところ恐縮ですが

9. Eso no es mi intencion / エソ ノー エス ミ インテンシオン
そういうつもりではありませんでした (誤解を解くために)

10. Perdon. / ペルドン
大変申し訳ありませんでした

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!