現地で絶対に飲みたいスペインワインおすすめ10選!

現地で絶対に飲みたいスペインワインおすすめ10選!

(massimo_b.)

情熱の国スペインは、世界的なワイン大国です。バルでタパスをつまみながらの一杯、レストランで食事を楽しみながらの一杯。ワインはスペイン人になくてはならない飲み物です。スペインの各地で、それぞれの産地の個性を活かした魅力あふれるワインの数々が造られています。今回は、そんなスペインワインのおすすめ10選をご紹介します。




 

現地で絶対に飲みたいスペインワインおすすめ10選!

 

1. Rioja(リオハ)

現地で絶対に飲みたいスペインワインおすすめ10選!リオハ

(James)

スペインで一番有名なワイン産地、それはリオハです。リオハは、スペイン北東部のラ・リオハ州を中心に生産されていて、スペインの産地指定では最上級クラスに位置づけられています。3000年もの昔からイベリア半島で栽培されているという繊細で香り良い、スペイン原産のテンプラニーリョ種のブドウで造られた、しっかりとした飲みごたえのある、上質で舌ざわりのよい赤ワインが人気です。特に熟成期間の長いレセルバやグランレセルバは、高級感のある円熟の味わいが楽しめるお薦めのワインです。マッシュルームのアヒーリョ(Champinion al Ajillo チャンピニオン・アル・アヒーリョ)等と一緒に楽しみませんか。世界的に評価されているワイナリーに、Bodega Contador(ボデガ・コンタドール)やMarques de Riscal(マルケス・デ・リスカル)、Bodegas Faustino(ボデガス・ファウスティーノ)等があります。

 

2. Priorato(プリオラート)

現地で絶対に飲みたいスペインワインおすすめ10選!プリオラート

(Cellar Tracker)

プリオラートは、リオハと共に、スペインにたった2つしかない最上級クラスの産地指定を受けている、世界的に評価の高いワイン産地です。貧しいワイン産地だったプリオラートが、世界に脚光を浴びるワイン産地になったのは、1980年代のことです。スペイン北東部のカタルーニャ州を中心に広がる、素晴らしいブドウの産地に目を付けた4人の造り手が、この地にワイナリーを築き、様々な改良を加えたワインを産み出したことで、一躍世界の注目を集める産地になりました。今では、さらに多くの造り手たちがこの土地に進出し、品質の高いワイン造りを競っています。代表的なワイナリーにBodegas Alvaro Palacios(ボデガス・アルバロ・パラシオス)やClos Mogador(クロス・モガドール)等があり、高い評価を得ています。地元ブドウ品種の素晴らしさを大切に活かした、緻密でエレガントな深い味わいのあるワインです。

 

3. Ribera del Duero(リベラ・デル・ドゥエロ)

現地で絶対に飲みたいスペインワインおすすめ10選!リベラ・デル・ドゥエロ

(Nacho)

リベラ・デル・ドゥエロは、ワイン業界に大きな影響力のあるアメリカのワイン評価誌【ワイン・エンスージアスト誌】により、世界最優秀ワイン産地に選出されたこともある世界的な高級ワイン産地です。スペイン北部ブルゴス県のエブロ河沿いに位置しており、スペインワインの頂点と言われるワイン、Vega Sicilia(ベガ・シシリア)の産地としても有名です。また、スペイン有数の造り手、Alejandro Fernandez(アレハンドロ・フェルナンデス)が世に送り出した赤ワイン銘柄Pesqura (ペスケラ)が、グローバルなワインマーケットに狙いを定めた“スーパースパニッシュ”ワインとして世界的大成功をおさめています。濃厚な色合いと深いアロマ、豊かな果実味と滑らかな口あたり。そんな特徴を持つRivera del Dueroのワインです。子羊のロースト等の肉料理にはぴったりです。

 

4. Rias Baixas(リアス・バイシャス)

現地で絶対に飲みたいスペインワインおすすめ10選!リアス・バイシャス

(Emi Yañez)

スペインの白と言えばリアス・バイシャス!赤ワインのイメージが強いスペインですが、北東部のガリシア地方では、土地の新鮮な魚介類にとてもよく合う、素晴らしい白ワインが造られています。土地の白ブドウ品種、アルバリーニョ種を主体に造られており、清楚で上品な香り、豊かな果実味とくっきりした酸味、口あたりの良さが特徴的です。タコのガリシア風(Pulpo a la Gallega プルポ・ア・ラ・ガリェガ)や、新鮮な生ガキなどをつまみながらの一杯はたまりませんよ。代表的なワイナリーに、Bodega Santiago Ruiz(ボデガ・サンチャゴ・ルイス)等があります。

 

5. Rueda(ルエダ)

現地で絶対に飲みたいスペインワインおすすめ10選!ルエダ

(Vino Molon)

ルエダはスペイン中央部よりやや北側のバリャドリード、セゴビア、アビラの3県にまたがる白ワイン産地です。リアス・バイシャスほどの知名度はありませんが、コクと程よい酸味があり、フレッシュでさわやかな辛口白ワインが高い評価を得ています。リアス・バイシャスと比べると、酸味が穏やかで、豊かなアロマが印象的です。代表的なワイナリーにSitios de Bodega(シティオス・デ・ボデガ),Bodegas Naia(ボデガス・ナイア)等があります。

 


 

6. Cava(カバ)

現地で絶対に飲みたいスペインワインおすすめ10選!カヴァ

(Jameson Fink)

カバはスペイン北東部のカタルーニャ州を中心に造られている、世界的に有名なスパークリングワインです。フランスのシャンパンと同じ製法で造られていますが、シャンパンよりもかなりお得な値段で楽しめるのも魅力です。主に、豊かな芳香と、かすかな苦みのある地元原産の白ブドウ品種を使って造られていて、長く熟成させるほど泡が細やかになります。高級品では3年から4年も熟成貯蔵されます。味は糖分無添加のブリュット・ナチュール、辛口のブルット、やや辛口のセミ・セコ、甘口のドゥルセなど7つの区分に分けられています。食前酒としても、食中酒としても楽しめるワインです。代表的なワイナリーにFreixenet(フレシネ)、Codorniu(コドルニウ)等があります。

 

7. Jerez(へレス)

現地で絶対に飲みたいスペインワインおすすめ10選!ヘレス

(Juan A.)

スペインと言えばシェリー酒。シェリー酒のことをスペインではへレスと言います。南部アンダルシアのフラメンコ発祥の地として有名なへレス・デ・ラ・フロンテーラが生産の中心地です。ワインにブランディー等をブレンドしてアルコール度数を高める酒精強化ワインの中でも、抜群の知名度を誇っています。辛口から甘口までいくつかのカテゴリーに分けられていますが、暑いスペインではスキッと辛口のフィノが人気です。食前酒に最適です。小魚のフリート(Pescados Fritos ペスカードス・フリートス)や、小エビのかき揚げ(Tortillitas de Camarones トルティジータス・デ・カマロネス)等の地元名物と一緒に飲む一杯もいいですね。代表的なへレスに、Gonzalez Byass(ゴンサレス・ビアス)のTio Pepe(ティオ・ペペ)や、Grupo Osborne(グルーポ・オズボーン)のFino Quinta(フィノ・キンタ)等があります。

 

8. La Mancha(ラマンチャ)

現地で絶対に飲みたいスペインワインおすすめ10選!ラマンチャ

(Nacho)

お手頃なお値段のワインならば、ラ・マンチャのワインはいかがですか。この親しみやすいワインは、ドン・キホーテの舞台となったラ・マンチャ地方で造られています。もともとマカベオ種の白ワインがメインでしたが、最近では赤ワインの生産量も増加しています。酸味控え目で口当たりはまろやか、豊かな果実感が特徴です。ドン・キホーテにも登場する、ラ・マンチャ産のチーズ(Queso Manchego ケソ・マンチェゴ)がよく合います。代表的なワイナリーにBodegas Almanseñas(ボデガス・アルマンセニャス)等があります。

 

9. Valdepeñas(バルデペーニャス)

現地で絶対に飲みたいスペインワインおすすめ10選!バルデペーニャス

(Nacho)

コストパフォーマンスの高い赤ワインならば、バルデペーニャスのワインです。ラ・マンチャ平原南部の渓谷地帯にあるワイン産地ですが、リオハ産に負けない高品質赤ワインを、とてもお得感のあるお値段で出しています。代表的なワイナリーにBodegas Dionisos(ボデガス・ディオニソス)、Felix Solis(フェリックス・ソリス)社等があります。山兎を、ニンニクやオリーブ油と一緒に土鍋で煮込んだ、トフント・マンチェゴ(Tojunto Manchego)等に合わせて飲めば最高です!

 

10. Jumilla(フミーリャ)

現地で絶対に飲みたいスペインワインおすすめ10選!フミーリャ

(Ward Kadel)

スペイン南東部の乾燥した過酷な大地で栽培される地元原産のブドウ品種をベースに、フランス産ブドウ品種などをブレンドした高品質の赤ワインが多く造られている産地、それがバレンシアの南、ムルシア州にあるフミーリャです。1990年代以降、様々なワイナリーがこの土地に進出し、個性豊かなワインを製造しています。代表的なワイナリーには、Bodegas Casa Castillo(ボデガス・カサ・カスティーリョ)、Bodegas San Isidro(ボデガス・サン・イシドロ)等があります。パエリャ(Paella)にはやはりこれですね。

 



まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ワインの産地を中心に、絶対飲みたいスペインのワインを紹介してみました。3,000年も前からワインと共にあったスペイン。いたるところにおいしいワインの産地があります。スペインには荒々しい乾燥した大地もあれば、穏やかな気候で緑が目に優しい地方もあります。それぞれ異なる環境に適合したブドウの品種が、農家の手で大切に栽培され、そんなブドウを使って、ワインの造り手たちが精魂込めた素晴らしいワインを造り出しています。お気に入りのスペインワインに出会ったとき、きっとあなたにとってのスペインは、さらに素晴らしいものになることでしょう。

 

現地で絶対に飲みたいスペインワインおすすめ10選!

1. Rioja(リオハ)
2. Priorato(プリオラート)
3. Ribera del Duero(リベラ・デル・ドゥエロ)
4. Rias Baixas(リアス・バイシャス)
5. Rueda(ルエダ)
6. Cava(カバ)
7. Jerez(へレス)
8. La Mancha(ラマンチャ)
9. Valdepeñas(バルデペーニャス)
10. Jumilla(フミーリャ)

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!