スペインの物価を徹底分析!旅行前に知るべき7つのポイント!

スペインの物価を徹底分析!旅行前に知るべき7つのポイント!

(unicellular)

スペインには、サグラダ・ファミリアやアルハンブラ宮殿、プラド美術館などをはじめとする、有名な観光スポットがたくさんあります。あれもこれもとつい欲が出ますが、時間も予算も限られるのが現実。となると、現地の物価事情を事前に把握しておくことが大切になってきます。そこで今回は、スペインの物価について現地の状況を詳しくご紹介します。


 

スペインの物価を徹底分析!旅行前に知るべき7つのポイント!

 

1. スペインの物価は日本と比べて安い?高い?

スペインの通貨がまだペセタだった頃、物価の高いヨーロッパの中でもスペインは「物価の安い国」と言われていました。しかし、ユーロになってから物価の安さはほとんど感じなくなってしまいました。イメージとしてはヨーロッパ諸国、日本など、他の先進国と同じような感じでしょう。ただ、日本では高いのにこんな安い!とか、これがこんなに高いの?など、日本との違いもありますので、安いものを上手にみつけると、お得に旅を楽しむことができます。

 

2. スペインの外食費、予算はどのくらい?

旅の楽しみと言えば、食べること!という方も多いはず。 美食の国スペインに行くのだから、美味しいものをたくさん食べたいですよね。

スペインのランチは、メヌー・デル・ディア(menu del dia)という、日替わりランチのようなメニューがあります。前菜+メイン+デザートにワンドリンクが付いて、10ユーロ~15ユーロ位が相場。日本のランチと比較するとちょっと高い印象ですが、ボリュームは満点です。日本のホリデーランチ感覚と考えると良いと思います。

スペインに来たなら是非食べたいパエリア。本場なら安いかと思いきや、これが結構いいお値段です。バルセロナやマドリッドの専門店だと一人前15〜20ユーロ位します。都心部を離れると物価も下がるので、地方で地元の人が集まるレストランなどに行ってみると、安くて美味しいパエリアに出会えると思いますよ。

 

3. スペインのお酒を楽しもう!

スペインのお酒と言ったら何を思い浮かべますか?ワイン、サングリア、シェリー酒…。スペインはワイン大国としても有名ですね。良質の赤ワイン、発泡酒と言えばカヴァ、サングリアは赤ワインをジュースで割ってフルーツを入れた甘いお酒、シェリー酒は、白ワインにブランデーなどを加えた強いお酒で、アンダルシアで造られる酒精強化ワインです。

スペインでは、これらのお酒が日本の半分位の金額で飲むことができますので、色々と楽しんでみてください。お店によっては、お酒を1杯頼むと、もれなくおつまみが1つ付いてくるところもあります。すごいサービスですよね(笑)。

また、スーパーでは、ビールが1ユーロ以下、安いものは0.5ユーロ位のものあります。ボトルワインもお手軽な価格で購入できますので、是非スーパーにも足を運んでみてくださいね。

なお、スペインワインにぴったりな料理を「スペインワインに合う超おすすめ料理10品!」にまとめていますので、ぜひ合わせて読んでみてください!

 

4. お手軽に飲んで食べるなら、バルに行くべき!

スペインのバル(Bar)は、朝はコーヒーや朝食、昼間やランチやティータイム、夜はお酒を飲んで…と、一日中利用できるスペインにはなくてはならない所です。カフェと食堂とバーが一緒になったようなお店です。バルは至る所にあるので気軽に入ってみてください。

バルのカウンターには必ずタパスと呼ばれるおつまみがあり、好きなものを指させばお皿にいれてくれます。1つ4〜5ユーロ位なので、いくつか頼んでお酒と一緒に楽しんでみてはいかがですか?

また「ボカディージョ」というスペインのバケットサンドは、具材も色々ありボリュームたっぷり。これは1つ4〜5ユーロ位で食べられます。お酒だけではなく、もちろんコーヒーも飲めます。価格は1杯2〜3ユーロ位。朝食で食べるスペイン名物のチュロス&ホットチョコレートは5ユーロ位で食べることができますので、こちらも是非試してみてくださいね。

 

5. お得なスーパーマーケットや市場に行こう!

外食は決して安いとは言えないスペインですが、スーパーでは日本に比べかなり安い印象です。お土産にお菓子やコーヒー、ワインなどを買うならスーパーが断然おすすめです。

また、チャンスがあれば是非市場にも足を運んでみてください。スペイン人の生活に欠かせない市場には、フルーツや野菜、ナッツ類、焼き菓子などもあり、どれもとても安く買うことができます。日本では見たことのないものもたくさんあるので、見て回るだけでも十分楽しいですよ。

 

6. 観光スポットの入場料は高め!

スペインの観光スポットの入場料、これが結構高いんです。スペインに言ったら必須と言っても過言ではない、バルセロナの「サグラダ・ファミリア」。入場料は15ユーロ、塔も上る場合は29ユーロ!高いっ!ガウディの建築物もたくさんありますが、どれも15ユーロ、20ユーロ位するので、全部回ったらかなりの金額になります。

マドリッドの有名なプラド美術館が15ユーロ、アンダルシアのアルハンブラ宮殿が14ユーロ、人気の観光スポットはだいたいこのくらいの金額と考えておくとよさそうです。時間帯や特定日は無料の入場できるところもありますので、事前に調べるとお得に見学することができます。

 

7. 交通費は全般的にお安め!タクシーも気軽に使える!

スペインで嬉しいのはタクシーが安いこと。安心のタクシーに気軽に乗れるのは嬉しいですね。バルセロナの地下鉄はお得な回数券もあり、日本の地下鉄に比べるととても安く、旅行者の強い味方です。スペインの高速鉄道AVEは、日本の新幹線の半分位の価格。時間帯によっては半額以下のこともあります。高速バスの路線も数多く出ており、電車に比べてぐっと安くなります。街から街への移動は高速バスもおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?
思ったよりも物価は高い印象のスペイン。近年の物価上昇傾向はどうしても否めません。でも、タクシーが安かったり、お手軽なバルを利用したり、スーパーで買い物したり、安く贅沢に楽しむ方法もたくさんあります。観光スポットの入場料などは必要経費と考えて、使うところは使う、抑えるところはしっかり抑える、これが楽しく旅するポイントです。あなたのスペイン旅行が、素敵な思い出となりますように!

 

スペインの物価を徹底分析!旅行前に知るべき7つのポイント!

1. スペインの物価は日本と比べて安い?高い?

2. スペインの外食費、予算はどのくらい?

3. スペインのお酒を楽しもう!

4. お手軽に飲んで食べるなら、バルに行くべき!

5. お得なスーパーマーケットや市場に行こう!

6. 観光スポットの入場料は高め!

7. 交通費は全般的にお安め!タクシーも気軽に使える!

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!