スペイン語のOh my god!びっくりした時に使うフレーズ10選!

スペイン語のOh my god!びっくりした時に使うフレーズ10選!

びっくりしたときに思わず口から出る言葉がありますよね。英語ならOh my godが代表的ですが、スペイン語ではどう言うのでしょう?今回はそんなびっくりしたときのスペイン語の表現を紹介していきます。

どんなときにどんな表現を使うのかがわかれば、自分の気持も表現しやすくなるし、ネイティブがどんな気持ちなのかもわかりやすくなります。短い表現が多いので、少しずつ覚えて使っていきましょう。

 

スペイン語のOh my god!びっくりした時に使うフレーズ10選!

 

1. ¡Dios mio! / ディオス ミオ / なんてことだ!

英語のOh my god!に対応するのがこの表現です。Diosがgod、mioがmyの意味なので使われている単語も同じですね。まさに「なんてことだ!」というときに使う表現です。¡Madre mía!(マドレ ミア)も同じように使われます。こちらはmadreがmother、miaがmyで「私の母よ」の意味です。

 

2. ¡Por dios! / ポル ディオス / なんてことだ!、お願いだから

これもOy my god!に対応する表現で、「なんてことだ」「おやまあ」という意味ですが、「神様、お願いだから」という哀願、懇願の意味も含まれます。たとえば、何か困ったことがあって、なんとかしてほしいというような状況のときにも使えます。

 

3. ¡No me digas! / ノ メ ディガス / まさか、嘘でしょう!

予想もしなかったことを聞いたときや、信じられないようなことが起きたときに使う表現。文字通りの意味は「私に(それを)言わないで」です。日本語でも信じられないことが起きたとき「そんなこと言わないで」と言ったりしますね。そんな感じで使います。

 

4. ¡Vaya tela! / バジャ テラ / なんてことだ!

これも驚きを表すときに使いますが、悪いことや腹が立つときに使われることが多いです。文脈によっては、いいことにも使います。たとえば、上司が無理な量の仕事を明日までにやれと言ってきたら、¡Vaya tela!「なんてこった!ついてない」と言えます。

 

5. ¡Hombre! / オンブレ / おや、まさか、あら、まあ

hombreは「人間、男性」という意味ですが、驚きや喜び、疑いなどを表す言葉としても使われます。「男性」という意味の言葉ですが、女性も使います。英語だとWow!とかOops!とかに対応するでしょう。たとえば、まさかこんなところで会うと思わなかった友達に道で会ったときにHombre, Juan, ¡cuánto tiempo!(オンブレ フアン クアント ティエンポ)「おやまあ、フアンじゃないか、久しぶり!」というふうに使います。

 

6. ¡Qué me dices! / ケ メ ディセス / 嘘でしょう!何言ってるの?!

文字通りの意味は「私に何を言うのですか」ですが、信じられないようなことが起きたときに使います。日本語でも「嘘でしょう、何言ってるの」ということがありますよね。それと同じ感じです。¡No me digas!と似た表現です。

 

7. ¡Anda! / アンダ / なんとまあ!、なんだ!

もともとはandar「歩く」という動詞から来た言葉です。なぜ、「歩く」から驚きの言葉になったのかはよくわかりませんが、「あらまあ、なんと」という気持ちを表します。これも英語のWow!やOops!に対応する感じです。¡Anda ya!(アンダ ジャ) 「何言ってるの、そんなわけがないでしょう」とか「もういいから」という意味で使われます。

 

8. ¡Ay! / アイ / ああ!、痛い!

痛みを感じたときや悲しみ、嘆きを感じたときに使う表現です。たとえば、指をどこかに挟んで痛いときや、手がすべってコップを割ってしまったときなどに使えます。あと少しのところで試験に落ちてしまったときにも¡Ay! ¡Qué pena!(アイ、ケ ペナ)「ああ、残念」という感じで使えます。

 

9. ¡Ah! / アア / ああ!、おっと!

日本語でも驚いたときに「ああ!」と言ったりしますね。スペイン語でも¡ah!は驚きや悲しみを表現したり、嬉しいときや納得したときに使います。¡Ah! Aquí está el hotel.(アア、アキ エスタ エル オテル)「ああ、ここに(探している)ホテルがあった!」とか、¡Ah, ya veo!(アア、ジャ ベオ)「ああ、わかった、なるほど」というふうに使えます。

 

10. ¡Qué sorpresa! / ケ ソルプレッサ / 驚いた!

日本語にすると「なんという驚き!」という意味で、驚いたときに使える普通の表現です。「わあ、驚いた!」という感じでしょうか。単語としては少し長いですが、案外覚えやすく使いやすい表現でしょう。

 

まとめ

スペイン語で驚きや「ああ、なんてこと」という気持ちを表現するフレーズを紹介しましたが、いろいろな表現の仕方がありますね。少しずつ使う状況も違いがあります。でも、どれも短いので覚えやすいのではないでしょうか。

スペイン語圏の人は驚きも喜びも大げさな感じで表現します。負けないように大げさに表現してみましょう!最初はネイティブがどんなときにどの表現を使っているのか、観察してみるのもいいでしょう。そして、使いやすそうなものから覚えて、是非使ってみてください。気持ちもしっかり伝わって、気分はもうネイティブ!?

 

スペイン語のOh my god!びっくりした時に使うフレーズ10選!

1. ¡Dios mio! / ディオス ミオ
なんてことだ!

2. ¡Por dios! / ポル ディオス
なんてことだ!、お願いだから

3. ¡No me digas! / ノ メ ディガス
まさか、嘘でしょう!

4. ¡Vaya tela! / バジャ テラ
なんてことだ!

5. ¡Hombre! / オンブレ
おや、まさか、あら、まあ

6. ¡Qué me dices! / ケ メ ディセス
嘘でしょう!何言ってるの?!

7. ¡Anda! / アンダ
なんとまあ!、なんだ!

8. ¡Ay! / アイ
ああ!、痛い!

9. ¡Ah! / アア
ああ!、おっと!

10. ¡Qué sorpresa! / ケ ソルプレッサ
驚いた!

 

あなたにおすすめの記事!

タイトルとURLをコピーしました