ロシアで英語は通じる?旅行前に知るべき7つのポイント!

ロシアで英語は通じる?旅行前に知るべき7つのポイント!

世界共通語である英語、ロシアでは一体どのくらい通じるのか、気になるところですよね。ロシアは観光スポットでも人気な都市が多い一方で、地域によっては英語の浸透率に大きく差があります。

そこで今回は、モスクワ在住の筆者が、ロシアで英語は通じるのか、そして旅行前に知っておくべきことは何かを、7つのポイントまとめてご紹介します。英語が通じないときの便利なロシア語や、持っていくと便利なアイテムなど役立つ情報を幅広く解説しますので、ぜひご覧ください。




 

ロシアで英語は通じる?旅行前に知るべき7つのポイント!

 

1. ロシアで英語は通じる? 

基本的にモスクワやサンクトペテルブルクなどのメジャーな観光都市であれば、観光客が比較的多いレストランやホテル、観光名所なら英語がわかるスタッフが常駐しているところが多いため、英語が通じやすいです。しかし、過度な期待は禁物です。筆者はサンクトペテルブルクへ行ったことがありますが、残念ながら英語で話してくれる人はいませんでした。

近年ロシアでも外国人観光客が増えてきていて、英語教育も盛んになってきていますが、現状はまだまだ通じないという印象が大きいです。大都市がこんな感じなので、あまり知られていない町や田舎に行ってしまうと英語は全く通じません。そういった場所へ行く方は、ある程度ロシア語で意思疎通ができないと苦労するかもしれません。

 

2. モスクワのメトロは?

ロシアへ旅行に来る方の大半はモスクワ旅行が多いと思います。しかし、残念ながらモスクワの主要な交通手段であるメトロはロシア語表記のみとなっています。チケットを購入する場合は2つ方法があり、カッサと呼ばれる窓口で購入する方法と券売機を利用する方法です。窓口で働いているのは年配の方が多いため、英語はほぼ通じません。そのため、ロシア語ができないと大変かもしれません。そんなときは窓口のそばに設置してある券売機を利用してみてください。こちらは英語表記があるので、問題なく購入できます。

 

3. 親切に話しかけてくる人には要注意

言葉が通じないと不安になるかと思いますが、親切に話しかけてくる人を安易に信じないようにしてください。よく聞く話では、タクシーの運転手が道を探している外国人観光客に親切に話しかけてきて、目的地まで送ってあげるというもの。目的地までたどり着けるには着けますが、こういった人はお金目当てのことが多いため、通常よりも高い料金を請求されます。中には本当に親切に話しかけてくれる人もいますが、見極めるのが難しいので、話しかけられても安易に応答しないほうが無難かもしれません。

 

4. 英語が通じなかったときの解決法は?

当たり前かもしれませんが、そうならないようにするために前もって準備をしっかりしておくことです。基本的に道端で人に何かを尋ねるときは、大体場所を聞くことが多いと思います。必要最低限目的地やホテルの名前などはロシア語でメモしておくといいでしょう。ロシア人は無表情で冷たいイメージがありますが、困っている人がいれば助けてくれる人がたくさんいます。そんな時にロシア語の名前がないと、助けるほうも助けられなくなってしまうのでしっかり準備をしておきましょう。

 

5. 覚えておきたいロシア語のフレーズ

ロシアへ行くならロシア語が話せるに越したことはありません。ですが、キリル文字を見てしまうとはじめる前に挫折してしまう方も多いと思います。そんな方に覚えておくと便利なフレーズをカタカナ表記と合わせてご紹介します。

-Здравствуйте./ ズドゥラーストヴィチェ/ こんにちは
朝から晩まで使えるあいさつの言葉なので、覚えておくととても便利です。

-До свидания./ ダ スビダーニャ/ さようなら

-Спасибо!/ スパシーバ/ ありがとう
何か助けてもらったら必ず使いましょう。

-Извините./ イズヴィニーチェ/ すみません
何か自分に非があった際に謝る表現です。また、何かお願いするときに前置きとしても使われます。

-Где ~?/ グジェー ~?/ ~はどこですか?
場所を聞きたいときに使える表現です。トイレだったら「Где туалет?」(グジェー トワリエート?)となります。

-Можно ~?/ モージュナ ~?/~してもいいですか?
このフレーズはとても便利で、この一語だけで使うこともできます。例えば、美術館で写真を撮りたい場合、「Можно?」と言いながら、カメラを見せればOKです。問題なければ「Можно.」(いいですよ)、ダメだったら「Нет, Нельзя.」(ニェット ニリジヤー/いいえ、だめです)と返事が返ってきます。

– Я хочу ~./ ヤー ハチュー ~/ ~がほしいです。

– Сколько это стоит ?/ スコーリカ エータ ストーイット?/ これはいくらですか。
値段を聞くときに使います。ただ、ロシア語で聞いてしまうと、返事もロシア語で返ってきてしまいます。メモ帳とペンがあれば、ローマ数字で金額を書いてくれる人もいるので、念のため用意しておきましょう。

 

6. 持って行くと便利なアイテムは?

モスクワやサンクトペテルブルクなどメトロがある場所なら、メトロの路線図を必ず用意しておきましょう。メトロに乗れればとりあえず目的地まで行けます。また、筆者の経験上日本のガイドブックがあるととても便利です。ロシア語の役立つフレーズは「ロシアでレストランへ行くとき役立つロシア語10選! 」や「ロシアでショッピングするとき役立つロシア語10選! 」に詳しくまとめていますので、是非こちらもチェックしてみてください。

 

7. 筆者のモスクワでの体験談

ロシア語がまだ全然わからないときに仕事の関係でモスクワへ行ったときのことです。事前にメトロのカッサでは英語が通じないといわれていたため、片言で「Один раз, пожалуйста.」(アジーン ラース パジャールスタ)「1回分お願いします」とだけ覚えていきました。あとは指を1本見せれば通じるもので、これで無事目的の駅までたどり着くことができました。目的の駅までいければ、あとはメトロ路線図、日本のガイドブックがあれば案外なんとかなるものです。なお、筆者の経験上すぐに英語を使うのではなく、わからないなりにもその国の言葉を使ったほうが、話しかけられたほうもうれしくなりますし、親身になって手伝ってくれると思います。

 



まとめ

いかがでしたでしょうか?
結論としては、ロシアでは大都市であれば通じるところもありますが、基本的には通じないと思って準備して行ったほうが良いです。もし誰かに英語で質問する場合は、若い人を選びましょう。英語教育を受けているので英語が通じる可能性が高くなります。ロシア語と英語を駆使して、楽しい旅を自ら作り上げていきましょう!

 

ロシアで英語は通じる?旅行前に知るべき7つのポイント!

1. ロシアで英語は通じる?
2. モスクワのメトロは?
3. 親切に話しかけてくる人には要注意
4. 英語が通じなかったときの解決法は?
5. 覚えておきたいロシア語のフレーズ
6. 持って行くと便利なアイテムは?
7. 筆者のモスクワでの体験談

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!