ドイツの祝日を徹底分析!どんな日があるか全部教えます!

ドイツの祝日を徹底分析!どんな日があるか全部教えます!

(Juan Cabanillas)

ドイツの祝日はキリスト教が深く関係しています。しかも、祝日は州や地域によって違うので、北ドイツは平日、南ドイツは休日なんてこともよくあります。ちなみに祝日はレストランやカフェ以外のお店は閉まってしまいますので、ドイツでショッピングなどを楽しみたいあなたは注意してくださいね!今回は、州や地域に関係なく、ドイツ全土が祝日になる日をご紹介します。




 

ドイツの祝日を徹底分析!どんな日があるか全部教えます!

 

1. 1月1日 新年 (Neujahr)

ドイツでは新年を家族とではなく、友達や知り合いと一緒に祝います。そして、ドイツの新年は花火と共に始まります。ドイツでは花火は年末の数日間のみ購入可能です。年末はみんなこぞってスーパーやデパートで花火を買い、新年のカウントダウンに向けて準備します。年が明けてからの10分間は打ち上げ花火と爆竹が街中に鳴り響き、いつもとは違う街の状態にびっくりするかもしれません。

 

2. 聖金曜日 (Karfreitag)

復活祭前の金曜日を聖金曜日といいます。この日はイエス・キリストが十字架に架けられた日で、受難日とされています。そのためか、この日は肉料理を食べないという伝統もあるようです。

 

3. 復活祭 (Ostersonntag)

キリストが十字架に架けられ、処刑された日(聖金曜日)から3日目が復活祭です。復活祭は年によって日が異なります。じゃあ一体いつ?と思ったあなたへ。少し複雑ですが、「春分の日のすぐ後の満月の後の最初の日曜日」と決められています。ちなみに、それは325年にニカイア公会議で決定されたそうですよ。昔から重要な日だったんですね!復活祭という名の通り、キリストの復活を祝う日です。ドイツでは青、赤、黄色などにペイントされたゆで卵やうさぎの形をしたチョコレートのお菓子などを庭に隠し、子供たちがそれを探して楽しみます。復活祭の前はスーパーやデパートもカラフルなお菓子や小物をたくさん販売するので、見るだけでも楽しいですよ!

 

4. 復活祭後の月曜日 (Ostermontag)

復活祭の最終日。この日で金曜日からの4連休は終わりです。家族でゆっくり過ごします。

 

5. 5月1日 労働の日 (Maifeiertag)

この日、ドイツでは大規模なデモが行われます。デモが行われる場所の道路や近くの駅なども利用できなくなるので注意してください。また、酔っ払いなどが多くいるので、からまれないよう気をつけることも大切です。

 

6. キリスト昇天祭 (Christi Himmelfahrt)

復活祭から40日目の木曜日はキリスト昇天日です。キリストは昇天したことを祝う日です。ちなみに、ドイツではこの日は父の日(男の日)でもあります。男同士で集まってお酒を飲みに行ったり、好きな事をしてこの日を楽しんでいるようです。

 

7. 聖霊降臨祭 (Pfingstsonntag)

復活祭から50日目。重要な日ではあるのですが、復活祭やクリスマスのようにお祝いすることはあまりありません。この頃になるとドイツの天気もだいぶよくなってくるので、外でバーベキューをしたり、家族でピクニックをしたりするドイツ人もよく見かけます。

 

8. 聖霊降臨祭後の月曜日 (Pfingstmontag)

聖霊降臨祭と続きの休みです。

 

9. 10月3日 ドイツ統一記念日 (Tag der Deutschen Freiheit)

東西に分かれていたドイツが1990年に再統一された日。

 

10. 12月25日 クリスマス 第1日目 (1. Weihnachtstag)

キリストの誕生を祝うこの日は、復活祭と並びとても重要な日です。日本とは違い、クリスマスは家族と一緒に祝います。家庭によっても違いますが、ディナーにはガチョウや牛肉などの肉料理が登場します。そして、クリスマスの定番のお菓子と言えば、シュトレンやレープクーヘン。ドイツはクリスマスの4週間前の日曜日からクリスマスへ向けてのムードが高まり、焼き菓子を家で作ったり、アドヴェントカレンダーなども登場し、街もクリスマスマーケットで賑わいます。

 

11. 12月26日 クリスマス 第2日目 (2. Weihnachtstag)

12月24日の午後から12月26日までは街中がとても静か。みんな、家族と一緒に静かにお祝いします。

 



まとめ

いかがでしたか?
祝日もキリスト教関係のものが多く、クリスマス以外は日本では馴染みのないものが多いですね。このほかにも州によっては三聖王節(1月)や万霊節(11月)などの祝日があります。初めにも書いたように、レストラン以外のお店は閉まってしまうので、祝日前に必要なものは購入する事をお勧めします。

 

ドイツの祝日を徹底分析!どんな日があるか全部教えます!

1. 1月1日 新年 (Neujahr)

2. 聖金曜日 (Karfreitag)

3. 復活祭 (Ostersonntag)

4. 復活祭後の月曜日 (Ostermontag)

5. 5月1日 労働の日 (Maifeiertag)

6. キリスト昇天祭 (Christi Himmelfahrt)

7. 聖霊降臨祭 (Pfingstsonntag)

8. 聖霊降臨祭後の月曜日 (Pfingstmontag)

9. 10月3日 ドイツ統一記念日 (Tag der Deutschen Freiheit)

10. 12月25日 クリスマス 第1日目 (1. Weihnachtstag)

11. 12月26日 クリスマス 第2日目 (2. Weihnachtstag)

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!