ドイツ人にとってビールはどんな存在?現地で感じる6つの事

ドイツ人にとってビールはどんな存在?現地で感じる6つの事

(flickr By Alessandra Nölting)

ドイツといえば、ビール!日本ではあまり見ませんが、昼からビールなんて当たり前です。豊富な種類、そしてご当地ビール、変わり種までドイツ人のビール愛には目を見張るものがあります。ビールが大好きで、ビール目当てにドイツへ行きたいと思っているあなた、ドイツではぜひいろいろなビールを試してみてくださいね。今回は、ドイツ人にとってビールはどんな存在?現地で感じる6つの事をご紹介します。



 

ドイツ人にとってビールはどんな存在?現地で感じる6つの事

 

1. 水より安い!?

ビールが水より安いとはよく聞く話ですが、ビールと水の種類によっては実際に安く買えます。スーパーでは、1ユーロ以下のビールばかりですし、それらは発泡酒ではなく、本物のビール!ビールコーナーに並ぶ、様々なビールを見ると、「おぉ~これがビール大国!」とあなたもきっと思うことでしょう!ちなみに、ドイツにはビール純粋令という16世紀につくられた法律があります。これは「ビールは麦芽、水、ホップ、酵母のみを原料とする」という内容で、このことからもドイツビールの品質の良さがわかりますよね。

 

2. ローカルビールが熱い!

ドイツ人にとってビールはどんな存在?現地で感じる6つの事_Kolsch

(flickr By pouyana)

有名なものはケルシュ(Kölsch)。ケルシュという名前はケルンで作られたビールだけが、そう名乗れます。これも純粋令同様に法律で定められていて、ドイツのビールの奥深さが感じられますよね。ケルシュは飲みやすく、比較的小さい200mlのグラスで飲みます。そのケルシュと競争しているのが、隣の街のデュッセルドルフで作られているアルト(Alt)。Altはドイツ語で古いという意味。黒褐色をしたフルーティーでまろやかなビールです。このふたつのビールは別名わんこビールとも呼ばれていて、200mlのグラスを飲み終わると、注文していなくても次のビールが運ばれてきます。もういらないという場合はコースターをグラスの上に置いてくださいね。そうしないとずっと飲みつづけることになってしまいますよ!

 

3. どんな種類があるの?

代表的なものを6種類ご紹介します。

ドイツ人にとってビールはどんな存在?現地で感じる6つの事_becks

(flickr By Lagomorpha)

まず初めに、ピルスナー(Pilsner)。さっぱりとしていて、飲みやすく、日本人にもおすすめのビールです。一番有名なピルスナーはBECK’S(ベックス)というブレーメンのビールで、ドイツ中どこでも見つけることができます。緑色の瓶が特徴で、見た目もスタイリシュです。

 

ドイツ人にとってビールはどんな存在?現地で感じる6つの事_Helles

(flickr By James Cridland)

次は、へレス(Helles)。日本で言うラガービールがこれ。元々はドイツのバイエルン州発のビールで、苦味が少なく、旨味や甘みがあるまろやかなビールです。

 

ドイツ人にとってビールはどんな存在?現地で感じる6つの事_Dunkel

(flickr By James Cridland)

3番目はドゥンケル(Dunkel)。Dunkelはドイツ語で暗いという意味があり、ビールもその言葉の通り、黒褐色です。麦芽の風味が強く、好き嫌いが分かれるかもしれません。

 

ドイツ人にとってビールはどんな存在?現地で感じる6つの事_Schwarz

(flickr By Robby Schulze)

4番目はシュヴァルツ(Schwarz)。Schwarzはドイツ語で黒。まさしく、黒ビールの事です。味は一言で言うと、香ばしい!

 

ドイツ人にとってビールはどんな存在?現地で感じる6つの事_Weizen

(flickr By Michiel)

最後はヴァイス(Weiss)/ ヴァイツェン(Weizen)。Weissは白、Weizenは小麦という意味。日本では白ビールと言われているのではないでしょうか。これは、南ドイツではおなじみの小麦麦芽を原料としたビールです。フルーティーな味わいで、ビールの苦みがちょっと苦手と言う女性におすすめです。ちなみに、ヘーフェヴァイス(Hefeweiss)/ ヘーフェヴァイツェン(Hefeweizen)という種類もあります。Hefeは酵母という意味で、このビールはさらにフルーティーでバナナのような香りがする、ちょっと面白いビールです。レモンを入れて飲むなんて方もいますよ!

 

4. 女性におすすめ。甘いビール?

ドイツ人にとってビールはどんな存在?現地で感じる6つの事_Berliner Weisse

(flickr By Jessica Spengler)

ちょっとビールが苦手というあなたには、この2つのビールがおすすめ!ひとつはラドラー(Radler)/アルスターヴァッサー(Alsterwasser)。南ドイツではRadler、北ドイツではAlsterwasserと名前が全然違いますが、同じビールです。このビール、実は60%がビールで40%がスプライトなんです!つまり、半分がジュース。なので、ビールが苦手なあなたも、きっと大丈夫!もうひとつはベルリナー ヴァイス(Berliner Weisse)。こちらは3でも紹介した白ビールを、緑又は赤のシロップで割ったビールカクテル。飲むと、シロップの色に染まってしまうのが難点ですが、甘くてビールという感じが全然しませんよ!

 

5. こんなのアリ?

ドイツ人にとってビールはどんな存在?現地で感じる6つの事_Rauchbier

(flickr By George Groutas)

ドイツには変わり種のビールも存在します。その代表とも言えるビールが、こちら!バンベルクのラオホビール(Rauchbier)。このビールは本当に独特な風味と香りで、燻製ビールとでもお伝えしておきましょう。Rauchとはドイツ語で煙と言う意味。シュレンケラが有名ですので、ぜひ試してみてくださいね!

 

6. さあ、みんなで乾杯しよう!

さて、ビールのお話をしてきましたが、ビアホールで注文、そして乾杯ができなければビールの味も半減してしまいますよね。そこで、注文と乾杯もドイツ風にきめてみましょう!

ビールを下さい。Bier, bitte! (ビアー、ビッテ)
乾杯! Prost! (プロスト)

これであなたもドイツで100%ビールを楽しめます!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ドイツのビールは奥深く、そして種類もたくさん!レストランはもちろん、スーパーにもビールはたくさん売っています。ドイツでは缶ビールはあまりなく、瓶ビールが主流です。ちなみに、瓶を手に持って、飲みながら街を歩くというのもドイツスタイルですよ。ドイツ旅行の際は行く先々でその土地のビールを堪能してください!さあ、みんなでProst!!!

 

ドイツ人にとってビールはどんな存在?現地で感じる6つの事

1. 水より安い!?
2. ローカルビールが熱い!
3. どんな種類があるの?
4. 女性におすすめ。甘いビール?
5. こんなのアリ?
6. さあ、みんなで乾杯しよう!

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!