ブラジルで英語は通じる?旅行前に知るべき7つのポイント

ブラジルで英語は通じる?旅行前に知るべき7つのポイント

サッカーW杯やオリンピック開催でブラジルに渡航される日本人も多くなりました。海外旅行で一番心配なのはなんといっても言葉でしょう。言葉が通じないほど不安なことはありませんよね?ブラジルでは日本語、英語は通用するのでしょうか?今回は、ブラジルの旅行前に知るべき7つのポイントをご紹介します。



 

ブラジルで英語は通じる?旅行前に知るべき7つのポイント

 

1. ブラジルで英語は通じる?

基本的にはブラジルで英語は通じないと思っておいたほうが良いでしょう。サンパウロやリオデジャネイロの観光地の高級ホテルやレストランでは通じるスタッフがいますが、首都圏から離れるに従ってほとんど通じません。特に旅行者が使う機会が多いレストラン、タクシーなどの交通機関、買い物する時のお店などでは英語が通じないものとして基本的なポルトガル語を予習しておくようにしてください。

 

2. 意外と使える?日本語

ブラジルは世界で一番日系人が多いというのはご存知でしょうか?日本人はブラジル人にとても身近で『おはよう』『ありがとう』『こんにちは』など簡単な言葉を知っているブラジル人も少なくはありません。特にサンパウロでは日本語を話せる人も多いです。運が良ければ日系人の店員さんやタクシーの運転手さんに出会うこともあるでしょう。日本食のレストランでも日本語メニューがおいてある所がありますので確認してみると良いですよ。

 

3. 意外と使える?スペイン語

南米ほとんどスペイン語なのにブラジルはポルトガル語です。しかし、ポルトガル語とスペイン語はとても似ているのでスペイン語が分かる人ならなんとなく聞き取れたり読めたりするでしょう。スーパーなどで売っている日用品、食品は他の南米でも売られているものもあるため、スペイン語も表記されていることが多いです。

 

4. メニューや看板表記

レストランのメニューも首都圏の高級レストラン、外国人が多いレストラン以外はほとんど英語メニューはありません。交通機関や標識などもほとんどがポルトガル語で書かれています。ですのでガイドブック等でしっかり確認しながら行動しましょう。携帯電話の辞書機能も良い手段です。レストランでの食材や調理法などを調べるのに役立つと思います。ただ防犯上街中であまり出さないようにしましょう。あくまでレストランや店内などでの使用にとどめましょう。

 

5. 尋ねるときは?

ポルトガル語は発音が難しいです。日本人が発音すると聞き取ってもらえない場合や間違って聞き取られることもしばしば。数字などがよく間違われたり聞き取りにくかったりするので、心配なら金額など紙に書いてもらったほうがいいでしょう。目的地や欲しい物などはメモに書いておくほうが確実です。【Por favor~(ポルファボール)】お願いしますと言ってメモを見せてください。ブラジル人は親切なので対応してもらえると思います。

 

6. 覚えておきたいフレーズ

【Obrigado(a)】
オブリガード、オブリガーダ ありがとう!

【Eu quero~】
エウ ケロ~ 私は~が欲しい 例;Eu quero água. 私は水が欲しいです。

【Tem~】テン~
~はありますか? 例;Tem copo? コップはありますか?

【Onde fica~】
オンジ フィカ~ ~はどこですか? 例;Onde fica o banheiro?トイレはどこですか?

【Sim/ Não】
スィン/ナォン はい/いいえ

 

7. きちんと自己主張をしよう!

自信がないとモゴモゴ喋ってしまったり、日本人にありがちな曖昧な態度をとってもブラジル人には伝わりません。『欲しい』『いらない』『行きたい』など自分の主張をはっきり伝えましょう。どこにでもいますが、観光客だと思い弱みにつけこんでくる人たちも存在します。気を付けましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
英語も残念ながらあまり通じませんが、そんなに心配することはない事がわかって頂けたでしょうか?ブラジル人はとても気さくなので言葉が通じなくてもたくさん話してくれたり、仲良くしてくれたり、助けられることも多いと思います。せっかくの旅行なので是非簡単なポルトガル語を覚えて、素敵な思い出をたくさん残してくださいね!

 

ブラジルで英語は通じる?旅行前に知るべき7つのポイント

1. ブラジルで英語は通じる?
2. 意外と使える?日本語
3. 意外と使える?スペイン語
4. メニューや看板表記
5. 尋ねるときは?
6. 覚えておきたいフレーズ
7. きちんと自己主張をしよう!

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!