英語メールでネイティブが使う自然な結びフレーズ15選

英語メールでネイティブが使う自然な結びフレーズ15選

SNSなどのインターネットサービスの普及で、英語を使う機会がぐっと増えたと思います。しかしこれだけ身近になっても英語メールの最後の結び部分に何を書いていいのか、ふと悩んだ経験はありませんか?会話で使うようなカジュアル表現は知っていても、シーンに適した正しいメールの書き方を知らない人は少なくないと思います。特にビジネスシーンでは、一定のフォーマットがあるので、しっかり押さえたいところです。今回は、ビジネスやプライベート等シーン別に、どうやって英語メールを締めくくれば自然なのか、ネイティブが実際に使う厳選15フレーズをご紹介します。



 

英語メールでネイティブが使う自然な結びフレーズ15選

 

■ビジネスシーン
ここでは主に、ビジネス上の関係にある相手に初めて送るメールに使える、最もフォーマルなフレーズをご紹介しましょう。

1. I am looking forward to hearing from you. / お返事お待ちしております

メール本文で相手に何か依頼をした場合に使う、最も一般的なフレーズです。返信がほしいという明確な意思表示になりますので、返信が必要な時は必ず入れましょう。

 

2. I am looking forward to seeing you soon. / お会いできるのを楽しみにしております

実際に近々会う予定がある時はこちらのフレーズを使いましょう。または予定はないけれども是非会いたい、という意思表示としても使える表現です。

 

3. Please give my best regards to ~ / ~さんによろしくお伝えください

共通の知人・友人がいる場合などはこの一言を添えましょう。ビジネスシーンでは特によく使われる表現です。

 

4. Please take care of yourself. / ご自愛ください

これも最後に相手を気遣う表現としてよく使われます。目上の方でも、特に健康上問題なくとも使える万能フレーズですよ。

 

5. Thank you very much for your understanding. / ご理解くださりありがとうございます

メール本文の内容をきちんと理解してもらいたい時の、一般的な決まり文句です。

 

6. Thank you very much for your assistance. / ご支援に感謝いたします

これは5の変形で、より具体的な支援を受けた場合はこちらの表現を使うと、より感謝の気持ちが伝わりやすいでしょう。

 

7. Should you need any further information, please do not hesitate to contact me. / 他に必要な情報がありましたらどうぞご連絡ください

相手から問い合わせが来る可能性がある場合、文末にこれをつけて先手を打てば相手の心理的ハードルを下げることができるでしょう。

 

8. Please keep in touch. / 今後も連絡を取り合いましょう

日本語でいう「今後ともよろしくお願いいたします」に近いニュアンスの言葉として、本文の内容を選ばず、締めによく使われる便利な表現ですので是非覚えておきましょう。

 

9. Sincerely, / Yours sincerely, / Sincerely yours, / フォーマルな結辞

ビジネスメールの場合は、締めの言葉と自分の名前の間に上のような結辞をつけるのが一般的です。その際、名前は必ず下の名前だけでなく、フルネームで書くよう気をつけましょう

 

 

■プライベートシーン
ここでは、親しい友人・知人にプライベートなメールを送る時の締め方をご紹介しましょう。ビジネスシーンにはくだけすぎた表現もありますので、くれぐれもプライベート用として使ってください。

10. Take care. / 体に気をつけて

4の表現と意味は同じですが、丁寧表現ではなく、主に親しい相手に使うフレーズです。

 

11. Cheers. / またね、よろしく

これもごく親しい間柄で交わされるカジュアルな挨拶語で、10よりさらに砕けた表現です。ビジネスでも職場の同僚の間などであれば一般的に使われていますね。

 

12. Many thanks. / ありがとう

相手に素直に感謝の意思を示すカジュアル表現で、好感度も高い、使いやすいフレーズとして人気ですが、ややカジュアルすぎるため、ビジネスシーンでは使わない方がよいでしょう。

 

13. XOXO (kiss and hugs) / キス&ハグ

意訳すれば「大好きだよ」という意味のフレーズで、親友や恋人など、特別な相手に「いつもきみのことを思っているよ」という時に使う言葉です。これは馴れ馴れしすぎる印象を与えるため、絶対にフォーマルなビジネスシーンで使ってはいけない表現です。くれぐれもご注意ください。

 

14. Lots of love / 愛を込めて

これも13と同様に特別な相手に向けて愛情を示すために使うフレーズですので、ビジネスシーンではお勧めできません。

 

15. (Best) Regards, / Warm regards, / Warmest regards, / 一般的な結辞

9と違い、基本は知人・友人に使う比較的カジュアルな結辞ですが、ビジネスシーンでも、ある程度の知り合いなら、逆に親しみを込める意味で使ってよいフレーズです。その際は、ビジネスならば自分の名前をフルネームで、プライベートなら、下の名前だけを書くとよいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
ここでご紹介したのはほんの一例ですが、特にビジネスシーンのメールでは決まったフォーマットを守ることがビジネスマナースキルの一つとして重視されます。これらの人気フレーズを覚えておけば、あなたのスキル評価がぐっとアップすること間違いなしですよ。絶対にやってはいけないのは、ビジネスシーンでカジュアルすぎるフレーズを使うこと。これだけで相手から社会人マナーのない人と判断されてしまうので、くれぐれもシーンにふさわしい言葉を選ぶよう気を配りましょう。逆にプライベートなメールでは、少々大げさなくらいに相手への親しみの気持ちを示すのがポイントです。メールの最後に相手を笑顔にするような、キュートなフレーズを使ってみてくださいね。

今後もいろんなシーンで英語メールを使うチャンスが増えていくと思います。以上でご紹介したフレーズがあなたの快適な英語メールのライティングスキルに役立つことを願っています。

 

英語メールでネイティブが使う自然な結びフレーズ15選

1. I am looking forward to hearing from you. / お返事お待ちしております

2. I am looking forward to seeing you soon. / お会いできるのを楽しみにしております

3. Please give my best regards to ~ / ~さんによろしくお伝えください

4. Please take care of yourself. / ご自愛ください

5. Thank you very much for your understanding. / ご理解くださりありがとうございます

6. Thank you very much for your assistance. / ご支援に感謝いたします

7. Should you need any further information, please do not hesitate to contact me. / 他に必要な情報がありましたらどうぞご連絡ください

8. Please keep in touch. / 今後も連絡を取り合いましょう

9. Sincerely, / Yours sincerely, / Sincerely yours, / フォーマルな結辞

10. Take care. / 体に気をつけて

11. Cheers. / またね、よろしく

12. Many thanks. / ありがとう

13. XOXO (kiss and hugs) / キス&ハグ

14. Lots of love / 愛を込めて

15. (Best) Regards, / Warm regards, / Warmest regards, / 一般的な結辞

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!