意外と知らない英単語!茄子(なす)を英語で言うと?

意外と知らない英単語!茄子(なす)を英語で言うと?

意外と知らない英単語特集!今回は「茄子(なす)」です。茄子はズバリ英語で「eggplant (エッグプラント)」と言います。聞こえ方から「たまご植物」なんて連想する方もいるかもしれませんね。でも、実はそのセンス、あながち間違ってはいないのです。

そこで今回は、茄子をよりグローバルに知るために、少しおまけ知識を交えて解説いたします!




 

意外と知らない英単語!茄子(なす)を英語で言うと?

 

1. 海外の茄(なす)の色は日本と違う?

eggplantと言うだけあって、海外の茄子は実は卵のような白いものもたくさんあります。色が入っていたとしても、白ベースに薄く紫色が付いている感じでしょうか。私達がスーパーなどで見る茄子は、実は日本固有の形・色なのです。

 

2. 米なすは「Black beauty」?

大きくてジューシーな米なす。日本でも色々な料理が生み出され人気の茄子ですが、この米なすはその名の通り、主にアメリカで生産されている茄子で、品種でいうと「Black beauty (ブラックビューティー)」というものを指します。米なすのヘタは日本の茄子のように黒ではなく緑色をしていて、日本の茄子よりも大きいのが特徴です。

ですので、外国人に「米なす」を伝えたかったら「”Bei Nasu” is “black beauty”, which is kind of eggplant in the US」などと言うといいかもしれません。

 



まとめ

いかがでしたか?
ナスも日本人がイメージするものと、外国の人がイメージするものとで違ってくることがわかったと思います。「意外と知らない英単語!ネギを英語で言うと?」でも少し触れましたが、国によってその食べ物の代表的な形や色が異なることがあるので、海外でスーパーを利用する時などは注意が必要です。

英語の勉強を通して、世界の共通認識や異なることについても理解し、より国際的な人に成長していきましょう。

 

意外と知らない英単語!茄子(なす)を英語で言うと?

茄子(なす) = eggplant (エッグプラント)
おまけ1. 海外の茄(なす)の色は日本と違う?
おまけ2. 米なすは「Black beauty」?

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!