デトロイト空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!

デトロイト空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!

(Rob Annis)

「モーターシティ」と呼ばれるデトロイトは、米ミシガン州の南東部にある都市で、米中西部有数の世界都市です。ダウンタウンには超高層ビルが林立し、あたかもプチ・ニューヨークといった感じです。今回は、そんなデトロイト地域で主要なデトロイト・メトロポリタン国際空港を徹底調査し、旅行に役立つ情報をお知らせします。




 

デトロイト空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!

 

1. DETROIT METROPOLITAN国際空港(DTW)

この空港はウェイン郡に位置していることから、正式名称をデトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港といいます。一般にはデトロイト・メトロ空港とも呼ばれています。この空港はデトロイト近郊のロミュラスに位置していて、デルタ航空とスピリット航空のハブ空港になっており、特にデルタ航空では全米2位の規模を誇っています。

6本の主要な滑走路と158のゲート、2つのターミナルを有する広大な空港です。マクナマラ・ターミナル内にはウエスティン・ホテルやカンファレンスセンターなどが設置されているなど設備も充実しています。年間利用者数3000万人と多く全米で10番目、世界で19番目に利用客の多い空港になっています。

 

2. DTWのターミナル情報

デトロイト・メトロポリタン空港にはマクナマラ・ターミナルとノース・ターミナルの2つのターミナルがあります。成田と名古屋中部からはデルタ航空の直行便がマクナマラ・ターミナルに乗り入れています。マクナマラ・ターミナルにはA,B,Cのコンコースがあり、Aコンコースは南北1マイル1.6㎞の直線になっていて、中央にフードコートと旅客搬送用のエクスプレス・トラムがあります。トラムは北駅、ターミナル中央駅、南駅があり、コンコース南北を約3分で結んでいます。出口は2つあり国内線到着は2階のコンコースに出、国際線到着は入国審査と税関のある階下に出ます。AからB,Cコンコースへ行くには地下の「光のトンネル」が連絡しています。

ターミナル内では英語、日本語、中国語で放送があり、ほとんどの標示も英語と日本語で併記されていて便利です。ただし搭乗ゲートや時間は頻繁に変更があるので、アナウンスにも気を付け、常に電光掲示板で確認するように注意してください。

 

3. DTWから市内へのアクセス法~SMARTバスを利用する

デトロイトの公共交通機関は、地下鉄が無くてバスしかありません。SMARTバスはノース・ターミナルとマクナマラ・ターミナルにあるグランド・トランスポーテーション・センターから発着しています。空港から南東ミシガンまでをカバーしており、北ターミナルからはルート125と280。マクナマラ・ターミナルからはルート125が出ています。ただし、市内の路線が複雑で間引き運転が多く、慣れない旅行者にはなかなか大変かもしれません。また、安全のために人の少ないバスには乗らないでください。

初乗り運賃2ドル。おつりが出ないバスも多いので、小銭を事前に用意しておきましょう。現金で支払うかパスを買います。$11分のパスが$10、31日間乗り放題パスは$66、長期滞在の方にはお勧めです。使用して気に入らなかった場合は返金の保証付き。

パスの購入はオンラインSMART Storeか、申し込み書を郵送するか、Royal Oakと 市内にあるトランジットセンターで、その他は地元の店でも扱っています。販売店は要確認。

 

4. リムジンバス・シャトルバスを利用する

空港からダウンタウンまでは約30分で料金はリムジンバス$60、シャトルバス$65。乗り場はSMART BUSと同じく、両ターミナルのグランド・トランスポーテ―ション・センターから。

 

5. レンタカーを利用する

空港の北東の角、Lucas Driveに8社のエージェンシーがそろっています。そこまでは各社のシャトルバスで移動。各ターミナルで荷物を引き取ったらグランド・トランスポーテ―ション・センターまで行きシャトルバスに乗ります。ターミナル内にはデスクはありません。

 

6. Metoro Cars や Metro Cabと呼ばれるタクシーを利用する

ノース・ターミナルからは、レベル4グランド・トランスポーテ―ション・センター。マクナマラ・ターミナルからは、マクナマラ・ガレージのレベル4から。予約なしでOKです。

 

7. DTWターミナルでのおすすめな過ごし方

ノース・ターミナルにはカフェ、レストランやバー、グリル、ビストロなど美味しいレストランが目白押し。免税店Duty Free Americasの他にも様々なブランド店が軒を連ねています。靴磨きや自販機、ATM、両替所、電話などあちこちに設置されており、ゲートD6 には旅客が静かに瞑想できるリフレクションルームもあります。

またマクナマラ・ターミナルにも同様にカフェ、レストランその他のダイニングや免税店やブランドの店がありショッピンも楽しむことができます。ATMその他のサービスはノース・ターミナルと同様ですが、その他に軍用のラウンジや、静かに瞑想できるリフレクションルームもあります。特にお勧めはゲートA45近くのスパ、Be Relax Spaではネイルやマッサージサービスを受けることができます。AコンコースからはB、Cコンコースへ続く地下に「光のトンネル」があります。照明が時間とともに様々に変化してとても綺麗なので一見の価値あり。

 



まとめ

いかがでしたか?
ターミナル内の設備も充実したDTWの様子が分かりましたか。デトロイトは富裕層と貧困層の差が大きく、郊外は比較的安全ですが市内には危険な場所もあります。DTWから市内までは安さよりも安全確実さを優位に考え、乗り換えのないリムジンバスやシャトルバスまたはタクシーを利用することをお勧めします。危険な場所には立ち入らないルールを守って安全な旅を楽しんでくださいね!ENJOY!

 

デトロイト空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!

1. DETROIT METROPOLITAN国際空港(DTW)
2. DTWのターミナル情報
3. DTWから市内へのアクセス法~SMARTバスを利用する
4. リムジンバス・シャトルバスを利用する
5. レンタカーを利用する
6. Metoro Cars や Metro Cabと呼ばれるタクシーを利用する
7. DTWターミナルでのおすすめな過ごし方

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!