カンクンで英語は通じる?旅行前に知るべき7つのポイント!

カンクンで英語は通じる?旅行前に知るべき7つのポイント!

メキシコ国内で最も英語が通じる場所と言われているカンクン。人種の割合としては、地元メキシコ人が一番多いのはもちろんですが、この街に住んでいる市民も旅行者と同じように様々な国出身の人がいます。筆者もその中の1人です。今回は、筆者の日常の経験を踏まえながら、カンクンで英語がどのぐらい通じるか、そしてどんなことを知っていると旅行中に困らないかをご紹介します。

レストラン、モールなどの言語事情や、知っておくと便利なスペイン語フレーズも解説していきますので、ぜひご覧ください。




 

カンクンで英語は通じる?旅行前に知るべき7つのポイント!

 

1. 道路標識や街中のサインはスペイン語

道路標識はスペイン語がほとんどですが、ホテル名、通り名、パーク名等がアルファベットで書かれているため、まず理解できるでしょう。トイレのサイン等はTOILETと英語標識が多いと思います。

 

2. レストランのメニューは日本語も?

レストランでは、大抵スペイン語と英語のメニューが用意されています。場所によっては、日本語のメニューもあります。ウエィターさんとの会話はスペイン語と英語を交えて是非楽しみましょう!英語を理解できるウエイターさんも多いですが、スペイン語で挨拶やオーダーをとってくるでしょう。「これはいくら?」等の簡単な会話はスペイン語できたらよいですね!レストランで使える便利なスペイン語フレーズはぜひ「スペインでレストランへ行くとき役立つスペイン語10選! 」をチェックしてみてください!

 

3. スーパーやモールでのスペイン語の洗礼

ホテルゾーン内のスーパーやモールでは英語を理解できる人は多くいますが、スペイン語がまずでてくることでしょう。英語で聞けるかな?と英語で話してみて、コミュニケーションをとりましょう。買い物は大抵の場所で米ドルでできることから、必然的にペソと米ドルの換算や確認をしながらの支払いになるかと思います。その場合、英語でのお金の計算はもちろん、スペイン語でも簡単な数字は知っていると、ご自分のためになるでしょう。まれに、おつりが間違えて戻ってくることもありますので、自分で計算ができたほうが安心です。

ショッピングで役立つスペイン語フレーズは「スペインでショッピングするとき役立つスペイン語10選 」をぜひ一読くださいね。

 

4. 空港でのイミグレーションは英語でOK!

空港で入国する先、審査官に今回の旅行の目的、滞在場所等を聞かれると思います。もちろんスペイン語ができればベストですが、英語でも問題ありません。また、空港を出てからもしツーリストカードを紛失してしまった場合は、現地のイミグレーションオフィスに行かないとなりません。その場合は、スペイン語じゃないと自分の状況を正しく伝えるのはなかなか難しいかもしれません。英語さえままならない人は、緊急時用に必要単語が調べられるスマートフォンや旅行ガイドなどを必ず準備しておきましょう。

 

5. バス・タクシーは英会話するチャンス!

ホテルゾーン内の旅行者に慣れているドライバーさんは、英語を理解できる人がほとんどです。どこどこへ行きたい、いくらですか?くらいであれば、何の問題もなくコミュニケーションが可能です。もしスペイン語での会話にトライしたい人は、ぜひこの機会にドライバーさんへ話しかけてみてください。返事に困らないようメモを用意しておくと、必要によってはメモに直接住所や数字、値段などを書いてもらえるので便利です。

 

6. ダウンタウンでの言語事情を理解しよう

ホテルゾーン内と比べて雰囲気もがらって変わるダウンタウンですが、こちらではバス・タクシーのドライバーさんも英語が通じない人も多くなります。利用する前に、自分の行きたい場所や滞在場所の住所はしっかり言えるようにしておくこと。また、料金の聞き方や地図の見方などは事前に準備しておきましょう。レストランも英語のメニューがない場所もぐっと増えますので、ぜひスペイン語でのコミュニケーションにトライしてみてはいかがでしょう。

スペイン語での簡単な挨拶は「スペイン語の挨拶センスがぐっと上がる!厳選20フレーズ」をぜひチェックしてみてください!

 

7. ホテルでは問題なし!

まず問題なく英語が使用できます。スペイン語が理解できないと分かった時点で、チェクイン、チェックアウト、レストランやスパの予約、全て英語でやってくれるでしょう。ツアー等の予約もホテル内で行えば英語でできます。旅行代理店を通して行う場合は、日本人のスタッフがいる旅行会社もいますので、ツアー自体のガイドも日本語・英語・スペイン語から選ぶことができますよ。

 



まとめ

いかがでしたか?
カンクンでは、基本的にホテルゾーン内では英語が通じます。ダウンタウンに行くと、英語をが話せない人も多くなりますので、快適な旅行のためにもスペイン語を少しメモっておくか、すぐに調べられるツールを持参しておくとよいでしょう。

また、カンクンに限らずどこの国へ行くにも同じだと思いますが、ローカルの人々の言語を話せると、より楽しい思い出が作れると思います。是非メキシコへのご旅行が決まった際には、簡単なスペイン語を調べてからいらっしゃってください。カンクンはいつでもあなたを温かく迎えますよ!

 

カンクンで英語は通じる?旅行前に知るべき7つのポイント!

1. 道路標識や街中のサインはスペイン語
2. レストランのメニューは日本語も?
3. スーパーやモールでのスペイン語の洗礼
4. 空港でのイミグレーションは英語でOK!
5. バス・タクシーは英会話するチャンス!
6. ダウンタウンでの言語事情を理解しよう
7. ホテルでは問題なし!

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!