ネパールのビザ取得に超役立つ6つのポイント

ネパールのビザ取得に超役立つ6つのポイント

他国と同様に、ネパールでも、観光、ビジネス、留学など、目的によってビザの種類や費用が変わります。日本でビザ取得も可能ですが、現地に着いた際に発行される「到着ビザ」(Arrival Visa)などもあります。今回は、ネパールのビザを取得に超役立つ6つのポイントをご紹介します。



 

ネパールのビザ取得に超役立つ6つのポイント

 

1. Visaの種類

★観光ビザ
15日、30日、90日期間分けられています。
滞在期間内は出入国可能。延長も可能ですが、最大1年150日に制限されています。

★ビジネスビザ
1年から5年有効ですが、1回の滞在は90日以内と制限されています。
※ネパール関連機関から推薦状が必要。

★学生ビザ
滞在期間最長1年。延長手続き可能。
※政府認定校であること、ネパール文部省から推薦状必要。

★移住者ビザ
滞在期間1年〜最大10年。更新可能。
※投資家や研究所などネパールに貢献できる者が対象者。年間2万ドルの収入証明必要。

★特定ビザ
滞在期間1年。更新可能。※申請に値する根拠が必要。

 

2. 必要書類

★観光ビザ
申請書と申請料、パスポートのみ。

★ビジネスビザ、居住者ビザ
申請書、パスポートコピー、写真6枚、健康診断書、滞在目的を証明する推薦状、労働証明書と企業権利証(投資の場合)

★学生ビザ
月$250、年間$3000滞在証明書が必要。家族同伴は一人につき2000ドル追加。

★特定ビザ
ネパール機関推薦状、写真6枚、パスポートコピー、婚姻証明書類(婚姻対象者の場合)、労働許可書。

ビザによって必要書類が変わってきますので、漏れがないようしっかりチェックしてみて下さい。年々申請料も値上げされているようです。

 

3. 意外と時間がかかる到着ビザ(Arrival Visa)?!

観光ビザの場合に限り、日本でビザ申請をができなかった人のために到着ビザを申請することができます。必要なものはパスポートと申請書、入国カード、顔写真、申請料です。ただ、時には長蛇の列で2時間以上待たされることもあるので、時間がある人はビザ申請を事前にすることをおすすめします。

 

4. ビザ費用

★観光ビザ
15日($25)、30日($40)、90日($100)延長1日$2

★ビジネスビザ
1年$300(数年前まで$100が最近値上がりしたみたいです。)

★学生ビザ
滞在期間による。$40〜。

★特定ビザ
1ヶ月あたり$10〜。
年々申請料も値上がりしているみたいなので、これからも上がる可能性あります。

 

5. ビザ取得までに時間がかかる

だいたい観光ビザの取得まで申請して郵送のやりとりで1週間ほどかかるので、出発ぎりぎりで準備ができません。かと言って、アライバルビザだと現地で時間がかかり、せっかくの貴重な時間を無駄にしてしまいます。何事も事前準備が大切ですが、ビザ申請も一緒です。早めに申請をし、有意義な旅にしましょう。

 

6. もしもビザがおりなかったら

日本人は世界で上位に入る信頼された国です。ネパールのビザがおりないことは滅多にないですが、もしも不正などが発覚し、不許可になると半年ほど再申請できなくなるので、気をつけて下さい。

 

まとめ

いかがでしたか。
ネパールへは観光に行くだけでも期間によって申請料がかかり、取得まで少し時間がかかります。準備は余裕をもって時前に済ませておくことをおすすめします。しっかり準備をしてスムーズに渡航して楽しいネパールライフを送って下さい!

 

ネパールのビザ取得に超役立つ6つのポイント

1. Visaの種類
2. 必要書類
3. 意外と時間がかかる到着ビザ(Arrival Visa)?!
4. ビザ費用
5. ビザ取得までに時間がかかる
6. もしもビザがおりなかったら



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!