ブラジルでビザを取得する時に苦労する5つのポイント!

ブラジルでビザを取得する時に苦労する5つのポイント!

今年オリンピックが開かれるため、ブラジルに渡航される方も多いかと思います。日本のパスポートはかなりの国でビザを必要としませんが、ブラジル渡航の際はビザが必要になります。そこで今回はブラジルビザを取得する際に注意したいポイントをまとめました!




 

ブラジルでビザを取得する時に苦労する5つのポイント!

 

1. ビザの種類

・観光査証
・通過査証
・商用査証
・労働査証(90日以内の技術援助)
・労働査証(90日以上)
・永住査証
・家族呼び寄せ
・その他の査証

とたくさんの種類があります。必要書類も変わってきますので自分の目的に合わせてしっかり確認してください。申請の仕方はインターネットでのサイトから申請書を記入し、必要書類と共に領事館に提出します。

 

2. オリンピック期間の特別査証

現在ブラジル領事館ではオリンピック期間に限り、ビザを必要とする国でも観光査証が免除される場合があります。

A. リオ五輪に伴う観光査証免除国籍(日本、オーストラリア、カナダ、アメリカ)

B. リオ五輪観戦者

C. リオ五輪ボランティア活動

D. リオ五輪関連の商談および報道関係者(商用査証・VITEM II)

E. リオ五輪の準備、主催、企画、実施のみを目的として入国する外国人専門家。契約あり又は契約なし(労働査証・VITEM V)

F. 国際オリンピック・パラリンピック委員会関係者、選手(儀礼査証・VICOR)

G. オリンピック信任身分証所持者(査証免除)

・入国期限:
2016年6月1日~2016年9月18日(この間数次入国可能)

・滞在可能期間:
合計で最高90日間(延長不可)

・入国に必要な書類:
旅行期間中有効な旅券
出入国カード
ブラジル出入国が確認できる往復航空券

すべてのブラジル渡航者に当てはまることですが、入国管理局の判断で現地での金銭的滞在維持を保障する書類を求められる場合があります。該当するかきちんと確認してください。

 

3. 管轄地区

住まいの現住所により領事館の管轄地区が異なります。

・東京ブラジル領事館
北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、栃木、群馬、埼玉、東京、茨城、千葉 、神奈川、長野、新潟、山梨

・名古屋ブラジル領事館管轄
愛知、富山、石川、岐阜、福井、滋賀、三重、奈良、和歌山、大阪、京都、兵庫 、鳥取、岡山、島根、広島、山口、愛媛、徳島、高知、香川、長崎、佐賀、福岡、大分、宮崎 、鹿児島、熊本、沖縄

・浜松ブラジル領事館
静岡

申請には本人が行けない場合は代理人申請することができます。忙しい方や手続きが難しいと思われる方は別途代金がかかりますが代理で手続きをしてくれる会社もあります。

 

4. 必要書類と費用

必要書類と費用ですが、ブラジルのビザ申請の必要書類は度々変更されますのであえて記載は控えます。規定がかなり細かいのと各個人にばらつきがあるためです。ちなみに2016年8月現在での観光査証費用は10,400円 となっています。また、ブラジルでは18歳未満の未成年の旅行の場合、両親の許可が必要になります。どちらか片方の親と行く場合はもう片方の親の同意書が必要です。それはビザを取得する際もそうですが、ブラジル国内でも州をまたぐ際にも必要な場合があります。念の為にポルトガル語の同意書も作成しておくことをおすすめします。

 

5. 必ず確認を!!

ビザ申請に当たって、必要書類をきちんと確認してください。領事館により異なる場合もありますし、割りと頻繁に必要書類や費用も変更があります。そして取得してから90日以内にブラジルに入国しなければ無効になります。その制限がありますが、あまり余裕を持たないで申請すると出国に間に合わない場合もあるかもしれませんので注意してください。

 



まとめ

いかがでしたでしょうか?
ブラジルの手続き関連は本当に細かくて、順調にいかないことのほうが多いです。必要書類以外にも提出を求められる場合もありますので想定できる書類は全てそろえておくようにしましょう。

 

ブラジルでビザを取得する時に苦労する5つのポイント!

1. ビザの種類
2. オリンピック期間の特別査証
3. 管轄地区
4. 必要書類と費用
5. 必ず確認を!!

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!