ネパールへ移住するあなたに知ってほしい7つのお話!

ネパールへ移住するあなたに知ってほしい7つのお話!

(PeopleoftheWorld)

ネパールは、海外へ移住したい日本人たちの間で注目されつつある国の一つです。物価が安いという面で生活しやすいネパールですが、当然のことながら良い面、悪い面があります。今回は、ネパールへの移住を考えているあなたに知ってほしい7つのポイントをご紹介します。



 

ネパールへ移住するあなたに知ってほしい7つのお話!

 

1. ネパールでの生活費はどれくらい?

ネパールでの生活費はどれくらい必要でしょうか?住む場所や食事によっても異なりますが、ここでは部屋を借りて住んだ場合の費用を取り上げたいと思います。まず家賃ですが、2015年4月の地震後、家賃が値上がり傾向にあります。現在、一般的な外国人が住むような3LDKくらいの家は15000円前後になっています。古めの家や少し不便な場所であれば1万円くらいで借りることもできますので、予算に応じて探すことができるでしょう。次に食費ですが、一万円を目安にすることができます。野菜中心の自炊であれば、もっと安く済ませることができますし、日本食などの外食が増えれば当然費用も高くなります。さらに、ビザ代も考える必要がありますね。ビザについては後程詳しくお話ししますが、ビザ代は一か月50-60ドルほどです。

その他、ガス代や、電気代、交通費、電話代などを含めて、ざっと35000円前後と考えることができると思います。もちろん友達と一緒に生活すれば、家賃は半分にできますし、必要経費も抑えることができますね。逆に夫婦であれば、1.5倍くらいを目安にすると良いでしょう。住む場所や食事など生活レベルによって、金額はかなり異なると思いますので、あくまで目安とお考えくださいね。それと、もちろんセットアップにはほかに費用が掛かることもお忘れなく。

 

2. 住む場所の選び方は?

ネパールに長く住みたいと思う場合、まず考えるのが滞在先ですよね。ホテルやゲストハウスに住むか、部屋を借りるかということになります。どちらにもメリットデメリットがあります。それぞれ考えてみましょう。まずホテルやゲストハウスの場合のメリットは、宿は至る所にあるので、それほど探し回る必要がないこと、家具などのセットアップが必要ないことです。デメリットは、多くの場合キッチンがないので、ほとんど外食になることと、滞在費が高く付くことです。

部屋を借りる場合はどうでしょうか?メリットは、自分で料理が作って食べられることと、自分好みの空間を作れることです。デメリットは、セットアップに費用がかかること、不動産屋がないので自力で家を探す必要があることです。これらのことを考慮すると、数ヶ月の短期であればホテルやゲストハウス、長期滞在の予定であれば、部屋を借りると良いかもしれません。

 

3. ビザの取得に関して

ネパールに滞在するためのビザについて考えます。まず、一般的なのが、観光ビザですね。ネパールでは、一年に150日まで観光ビザでの滞在が可能です。年が変わればまた150日滞在できます。つまり、観光ビザだけでなるべく長く滞在したい場合、8月4日以降に入国すれば、そこから10か月、翌年の5月までの滞在が可能ということになります。観光ビザの延長料金は、1日2ドルです。

他の方法は、学生ビザを取得することです。言語を学びつつ滞在したい人のために、ビショバサキャンパスがあります。一度に最大1年分のビザを取得できます。しかし、ネパールでドル口座を開設しお金を入れておく必要があり、申し込み時期も決まっています。本気で考えている方は、Bishwa Bhasha Campusで検索し、最新の情報を得るようになさってくださいね。ビザ代は、授業料のほかに月50ドルかかります。

 

4. ネパールの魅力

ネパールには、世界の屋根と呼ばれる標高8848メートルのエベレストをはじめとしたヒマラヤ山脈があり、多くの人を魅了しています。トレッキングに行くと、壮大な山々を近くで眺めることができますが、乾期であれば、首都カトマンズからでもその姿を見ることができますよ。ネパールは、ここ数年でどんどん進化を遂げ、インターネットが普及し、バイクや車が増え、様々なものが手に入るようになったという面では、便利になってきました。それでも、人と人とが助け合い、物を大切にしながら生きていく、そんな生活をネパールで味わうことができます。物価が安いというのも生活するうえで魅力的ですね。

 

5. ネパールの残念なところ

ネパールは楽しいことだらけの国ではありません。一例をあげたいと思います。年中計画停電があります。乾期は水不足、プロパンガス不足の問題が生じます。道路整備ができていない場所も多く、雨期は道がぐちゃぐちゃ、乾期は砂埃に悩まされます。排気ガスがひどく、マスクが手放せません。クラクションの音もうるさく、ごみや川のにおいもなかなかのものです。道のいたるところにある犬や牛の糞を踏んでしまうことも…。一気にネパールの残念なところをたくさん書いてしまいました。でも実際は、ネパールの魅力を味わうと、こんな残念なところはあまり気にならなくなるんですよね。とはいえ、空気の悪さや汚さが心配なあなたには、居住地にポカラを選ぶこともお勧めです。観光地ですが、空気がカトマンズよりきれいで、ヒマラヤも近くで眺めることができますよ。

 

6. ネパールで楽しく生活するためには?

環境、文化、生活習慣、言葉、すべてが大きく異なる土地での生活は不安ですよね。ネパールで楽しく生活するコツ、それはネパールを愛し、その文化や人々に敬意を払いつつ生活することです。ネパール語を勉強し、ネパールの国民食ダルバートをおいしく食べ、ネパールの文化に自分を合わせながら生活することができれば、ネパール人に愛されながら生活を楽しむことができるでしょう。

 

7. ネパール語に触れよう!

ネパールでは、多くの場所で英語が通じますが、せっかくならネパール語で話したいですよね。そこでお勧めなのが、旅の指さし会話帳ネパールという本での勉強です。ネパール語とカタカナで様々な言葉を勉強できます。これで基本的な挨拶などを覚えておくだけでも、生活するうえで大変役立ちます。筆者はネパールに来てからもかなりこの本にお世話になりました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はネパールに移住するうえでの情報を取り上げました。もちろん不便な面もたくさんあるネパールですが、人との関わりを大切にするネパールでの生活は、貴重な経験となることでしょう。まずは試しに数週間ネパール生活を味わってみてはいかがでしょうか?

 

ネパールへ移住するあなたに知ってほしい7つのお話!

1. ネパールでの生活費はどれくらい?
2. 住む場所の選び方は?
3. ビザの取得に関して
4. ネパールの魅力
5. ネパールの残念なところ
6. ネパールで楽しく生活するためには?
7. ネパール語に触れよう!

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!