ロシア語のアルファベットを正しく理解する7つのコツ

ロシア語のアルファベットを正しく理解する7つのコツ

ロシア語のアルファベット(キリル文字)は決して難しくありません。全部で33文字、発音と多少の規則を覚えれば誰でもロシア語が発音できるようになります。英語や顔文字、数学などで馴染み深いものも多いはずです。今回は、キリル文字の個々の発音について順に詳しく説明し、それぞれを正しく発音・理解するための7つのコツをご紹介します。



 

ロシア語のアルファベットを正しく理解する7つのコツ

 

1. 日本語の発音と同じ母音 А И Э

◆А а アー
はっきり発音した日本語のアと同じです。大文字、小文字共に英語と同じ形です。「エイ」と発音することはありません。

◆И и イー
はっきり発音した日本語のイと同じです。ひらがなの「い」と形が似ていますね。筆記体、斜体ではuと書かれますが、ロシア語ではこれはウではなくイです。また、英語のNと混同しないよう注意しましょう。

◆Э э エー
はっきり発音した日本語のエと同じです。

 

2. 日本語の発音と似ている母音 Е Ё О У Ю Я

◆Е е ィエー
エの前に短いィを添えた、柔らかいィエの発音です。普通のエはЭなので注意。大文字、小文字共に英語と同じ形ですが、英語式に「イー」と発音することはありません。

◆Ёё ヨー
オの前に短いィを添えます。日本語のヨの発音とほぼ同じですが、より舌に力を込めるイメージです。このЁには、常にアクセントが付くことを覚えておきましょう。

◆О о オー
日本語のオよりも唇を丸めて前に突き出して発音します。
◆У у ウー
日本語のウよりも唇を丸めて前に突き出して発音します。大文字、小文字共にУ,уの形。大文字を英語のYにしないように。

◆Ю ю ユー
ウー(У)の前に短いィを添えます。日本語のユよりも唇を丸めて前に突き出して発音します。韓国語のハングルにも似た字がありますが、縦線と丸の位置が逆です。

◆Я я ヤー
オの前に短いィを添えます。日本語のヤの発音とほぼ同じですが、より舌に力を込めるイメージです。書いたり読んだりするときに、英語のRと混同しないように。ちなみにЯ1文字で、「私は」を表す単語(英語のIにあたる単語)になります。

 

3. 日本語にない母音 Ы

◆Ы ы ゥイ―
英語にも日本語にもない音なので注意が必要です。イの口を作ってから舌の先を引き、舌の奥を盛り上げるようにして声を出すと、「ゥイ―」のような音が出ます。これがЫの発音です。また、文字も一見不2つのアルファベットに見えますが、Ыで1文字です。

 

4. 英語と発音が同じ子音 К Т М

ТОМОКОはロシア語式に読んでもトモコです。以下3つの子音は英語の知識を生かしてそのまま読むことができます。ただし、小文字の形に注意しましょう。

◆К к カー
日本語のカ行の子音とほぼ同じですが、やや息を強めに発音します。小文字の縦棒を英語のkのように長くしないで下さいね。

◆Т т テー
日本語のタ行の子音と同じ発音です。小文字はtではなくт。また、筆記体・斜体ではmと書かれます。momはマムではなく、ロシア語では「トット」(意味:その)と読みます。

◆М м エム
日本語のマ行の子音と同じ発音です。小文字も大文字と同じ形でмです。

 

5. 英語と発音が異なる母音 В Н Р С Х

ロシアの町ではまだあらゆるところに、「СССР」と書かれています。これを見て元気よく「シー・シー・シー・ピー!」と読んでしまうのはとても恥ずかしいことです。「СССР、エス・エス・エス・エる」とは「ソ連」、「Союз Советских Социалистических Республик ソビエト社会主義共和国連邦」を表す略称です。このように英語のアルファベットとは発音が異なるアルファベットを順に見ていきましょう。

◆В в ヴェー
英語のVに当たる子音です。英語のB(ビー)に当たる文字はまた別に存在します。小文字もそのままの形でвです。

◆Н н エヌ
「Oн」を英語式に読んで「オー!」と感嘆してはいけません。ロシア語のHは英語のNと同じで、「Oн」は「オン」と発音します。ちなみにこれはロシア語で「彼は」を表す単語です。英語の「彼は」と言えば「He」ですが、これをロシア語式に発音してみれば「ニェ」になります。

◆Р р エる
巻き舌の ら行です。「poт」………残念、ポットではありません、正しい読み方は「ろット」。意味は口です。巻き舌が苦手な場合は日本語のラ行で代用しても通じます。

◆С с エス
日本語のサ行の子音と同じです。「Сок」はコックではなくてソーク。ジュースを意味する単語です。

◆Х х ハー
「Xaxaxa!」…ックスアックスア…??違います。ロシア人は笑っているのです、「ハハハ」と。Xは日本語にも英語にもない音です。Kよりも喉の奥深くで息を絞り出すようにして発音します。日本語ではハ行とカ行の中間の音です。

 

6. ロシア語独自の子音アルファベット Б Г Д Ж З Й Л П Ф Ц Ч Ш Щ

これらの文字は英語の知識に惑わされることなく覚えるだけです。ロシアのキリル文字はギリシャ文字を参考に作られたので、数学で使ったアルファベットの知識が役立つことも。

◆Б б ベー
日本語のバ行、英語のBに当たる子音です。ロシア語のB(ヴェー)と混同しないようにしましょう。

◆Г г ゲー
日本語のガ行、英語のGに当たる子音です。ギリシャ文字のガンマ(Γ,γ)が由来です。英語のrではないので注意。

◆Д д デー
(´Д`)←こんな顔文字でお馴染のこの文字、ロシア語のアルファベットなのです。日本語のダ行、英語のDに当たる子音です。ギリシャ文字のデルタ(Δ,δ)が由来です。筆記体にするとgになるので紛らわしいですが、あくまでもД(デー)です。

◆Ж ж ジェー
漢字の水に似ていますが、無関係です。英語のJに近い子音ですが、あごを下げ、舌を上向きに立てて柔らかく発音します。トイレでは女性(женщина) を指します。男性(мужчина)はMと表示されています。

◆З з ゼー
数字の3ではなく、日本語のザ行、英語のZに当たるアルファベットです。

◆Й й イー・クらートカヤ
「短いイー」という名のアルファベットです。軽く発音するイだと考えれば良いでしょう。書く際には上の曲線を忘れないように。

◆Л л エル
日本語・英語にはない発音です。舌の先を立てて前歯の付け根に付け、下の両側から息を出す音です。多くのロシア語学習書では、Лをラ行(L)、Рをら行(R)と区別しています。左の縦棒の下を必ず曲げて、П(ペー)と区別しましょう。

◆П п ペー
ギリシャ文字のパイ(Π,π)が由来です。これで覚えられますね、発音はパ行です。筆記体ではnになりますが、「nana」はロシア語ではパパと発音し、意味はそのままお父さんです。

◆Ф ф エフ
ギリシャ文字のファイ(Φ,φ)が由来です。下唇の裏側に上の前歯を軽く触れ、その間から息を吹き出します。英語のfootの [f] と同じ発音です。

◆Ц ц ツェー
日本語のツの発音とほぼ同じです。ロシアの皇帝царь(ツァーリ)の頭文字です。

◆Ч チェー
日本語のチャ行の発音と同じです。飛行機で「Чай или Кофе?(チャイ イリ コーフェ?)紅茶とコーヒーとどちらをお召し上がりですか?」 と飲み物のサービスを聞かれます。紅茶ならЧай、コーヒーならКофеと答えましょう。

◆Ш ш シャー
漢字の山に似ていますが、無関係です。Жの息だけの音で、英語のShに近いですが、舌をもっと奥に引いて柔らかく発音します。

◆Щ щ シシャー
日本語でシャー、シー、シュー、と言う時に近い音です。右下の髭を書き忘れないように。

 

7. その他の記号、 Ъ とЬ

◆Ъ ъ トヴョーるドゥイ・ズナーク
子音と母音を分けるための記号です。例えばケンイチと書きたい場合、Кэнитиと書くと「ケニチ」と読まれてしまうので、間違いを防ぐためにКэнъитиと書きます。

◆Ь ь ミャーフキー・ズナーク
子音の後にЬを付けると、短いィを伴う発音になります。bではないので「ブッ」などと発音しないようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
33個のロシア語アルファベットを少し知るだけでも、ロシア旅行はずっと楽しくなります。例えば、現地で「Якитория」(やきとりや)、「Марукаме」(丸亀)などの日本料理店名を読めるようになったり、「Тануки」(たぬき)「Сакура」(さくら)などの寿司レストラン(Суши ресторан)も簡単に見つける事ができます。新しい言語を覚える事はとても楽しいことです。是非ロシア旅行でそれを実感してくださいね。

 

ロシア語のアルファベットを正しく理解する7つのコツ

1. 日本語の発音と同じ母音 А И Э

2. 日本語の発音と似ている母音 Е Ё О У Ю Я

3. 日本語にない母音 Ы

4. 英語と発音が同じ子音 К Т М

5. 英語と発音が異なる母音 В Н Р С Х

6. ロシア語独自の子音アルファベット Б Г Д Ж З Й Л П Ф Ц Ч Ш Щ

7. その他の記号、 Ъ とЬ



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!