スリランカの物価を徹底分析!旅行前に知るべき7つのポイント!

スリランカの物価を徹底分析!旅行前に知るべき7つのポイント!

(tbz.foto)

スリランカの物価事情を知らないまま現地へ行っても、何が高くて何が安いか悩んでしまいますよね。旅行前に日本よりお得なものをしっかり把握して、現地で満足のいくお買い物をしたいところ。そこで今回は、スリランカの物価事情について詳しくご紹介します。


 

スリランカの物価を徹底分析!旅行前に知るべき7つのポイント!

 

1. スリランカの通貨はルピー

スリランカの通貨は「スリランカルピー」になります。日本で両替できないので現地に着いてから両替しましょう。紙幣は10種類存在しますが、一般的によく使われている紙幣は10、20、50、100ルピーです。それ以上のケタが多めの紙幣も観光の際は使用頻度が高く使うことができます。ただし安い単価のものを買った際や公共交通機関利用した際はお釣りがない場合もあります。両替する際も少額の紙幣で両替してもらうよう頼むといいとよいでしょう。またなるべく細かい紙幣を持っていた方が安心です。

 

2. 物価は日本の半分以下

スリランカの物価は日本の半分以下です。現地の人が行くような食堂やレストランやスーパーでの買い物は安く済みます。しかし近年、観光客が増加したことにより現地の物価も上がっています。例えば観光地として有名なシギリヤロックですが、外国人料金が現在約3500円です。外国人観光客が多く使うタクシーも値上がりしています。スリランカへ行きたいと思っている方は早めに行かれた方がよいでしょう。

 

3. 紅茶、アーユルヴェーダ、カレースパイスはとにかく安い!

紅茶として知られているスリランカ。スーパーではいろんなメーカーの紅茶のブランドを豊富に取り揃えています。バラまき用のお土産としてティーバッッグのものも扱っているので家族や友人、会社の人へプレゼントする場合もスーパーで買うのがおすすめです。また、紅茶専門店でも日本で買うよりお得に上質な紅茶を手に入れることができます。たくさんのフレーバー種類の紅茶が出ています。試飲もできますので店員さんにおすすめを聞いてお気に入りのフレーバーを見つけましょう。

おすすめの紅茶ブランドは「ムレスナ」。キャンディの店舗にはティールームも併設されていて紅茶と一緒においしいスイーツも味わえます。ヨーロピアン調で格式高い雰囲気のカフェですがメニューの値段は日本の半額ほど。そのほかディルマやマックウッズ等、スリランカブランドの紅茶のカフェが国内にいくつかあるので飲み比べしてみてもいいですね。

また、日本で買うと高額なアーユルヴェーダコスメもスリランカではかなりお得に買えるアイテムです。スリランカを代表するブランド「スパセイロン」は日本にも上陸し買うことができますが安く買えるのはやはり本場のスリランカです。アーユルヴェーダの本場でもありますのでスパでぜひ施術も受けてみましょう。こちらもお得に受けることができます。

スリランカはカレーの国ですので、カレーに使うスパイスも種類豊富に取り扱っています。

カレーリーフ、ナツメグ、カルダモンなど日本では購入場所が限られていますが、スリランカのスーパーで手軽に買うことができます。

 

4. 家電は高い!

全体的に日本より安く物が買えるスリランカですが、家電、特に日本製のものは輸入税がかかり高めです。長持ちして質がいいと日本製の家電は現地の人からも評価が高いです。コロンボのバンダラナイケ空港の免税店エリアには秋葉原のように家電が立ち並んでいます。筆者はこの一風変わった風景に驚きました。どうやらこれらの家電はスリランカ人のみ購入可で外国人向けに販売はしていないようです。海外へ出稼ぎに行ったスリランカ人が帰国する際に買うことが多いとのことです。商品によりますが35%ほど市場価格より安く買えるとのことで、かなりお得に家電が買えるようです。

 

5. レストランの相場

レストランの値段はローカルなお店から高級レストランまであるので値段はピンキリです。現地の人はが行くようなローカルなお店ですと日本円でおよそ80円でカレーが食べられます。ちょっとおしゃれで外国人が行くようなお店でも600円くらいです。ご存知の通りスリランカはカレーの国ですので、スリランカ人はほぼ毎日カレーを食べています。カレーはお手頃な値段で食べられるのですがイタリアンなど洋食は値が張ります。ゴールやコロンボ地区など外国人が多く住むエリアではおしゃれで雰囲気のよいカフェやレストランが多く並びますが相場も高めです。

 

6. タクシーの相場

空港から街中へ移動する際には荷物もあるのでタクシーがおすすめです。筆者は空港にタクシーカウンターがあったのでそこでタクシーの手配をしました。エリアごとに値段が決まっており、言われた値段をドライバーに支払います。スリランカは見どころが点在しており街から他の街へ移動する際、個人でタクシーをチャーターすると距離によりますが1日およそ30~60ドルほどかかります。日本で事前に予約もできますが高額になるので現地で手配した方が旅費が抑えられるでしょう。

空港や現地の旅行会社に行くとツーリストカーというハイヤーを手配できます。もっと安い方法としては現地の人も利用しているバスがあります。こちらはクーラーつきとなしとで値段が変わります。満員になり次第発車するのですが、人がいっぱいで席を確保できない場合もあります。タクシーに比べ時間もかかるのでのんびり旅したいバックパッカー向けです。

なお、タクシー事情については「スリランカのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!」に詳しく特集していますので、合わせて読んでおくとよいでしょう。

 

7. 現地通貨の準備方法!いくらくらい必要か

現在は日本円から直接両替できます。円安の際は米ドル→ルピーへの両替の方がレートが良かったのですが、円高の今は日本円からの両替がお得です。レートを事前にチェックしてどちらの方法がお得か把握しておきましょう。

また、両替については「スリランカの通貨や両替事情を徹底調査!旅行前に知りたい6つのポイント!」にまとめましたので、一読してみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?
スリランカが本場の紅茶やアーユルヴェーダの商品などは安くて質が良いものを買うことができます。紅茶のパッケージは可愛いデザインのものが多くプレゼントにしても喜ばれますよ。ぜひ思い出に残る素敵なスリランカ旅行にしましょう。

 

スリランカの物価を徹底分析!旅行前に知るべき7つのポイント!

1. スリランカの通貨はルピー

2. 物価は日本の半分以下

3. 紅茶、アーユルヴェーダ、カレースパイスはとにかく安い!

4. 家電は高い!

5. レストランの相場

6. タクシーの相場

7. 現地通貨の準備方法!いくらくらい必要か

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!