スリランカで英語は通じる?旅行前に知るべき7つのポイント!

スリランカで英語は通じる?旅行前に知るべき7つのポイント!

(txmx 2)

スリランカを旅行する際に気になることといえば現地でのコミュニケーションです。スリランカで話されている言語は何語なのでしょうか。また、英語はどの程度通じるのかも気になるところですよね。そこで今回は、現地で英語がどのぐらい通用するのかをシチュエーション別にご紹介します。

知っておくと便利な現地語のフレーズも解説しますので、旅行前に覚えてぜひ現地の人との会話を楽しんでください。

 

スリランカで英語は通じる?旅行前に知るべき7つのポイント!

 

1. スリランカの公用語

まずスリランカの公用語はシンハラ語とタミル語になります。スリランカの人口割合はシンハラ人が7割、タミル人:2割、残りは混血人種や外国人になります。日常生活上、シンハラ人はシンハラ語、タミル人はタミル語を使っています。そしてシンハラ人とタミル人を繋ぐ言葉として使われているのが英語であり、憲法上認められています。街の標識はシンハラとタミルの2言語、またはそれに加えて英語の3言語で表記されています。

 

2. 観光客を相手にしている場所では英語は通じます

ホテルや観光地、レストランなどのスタッフはある程度の英語が話せ意思疎通ができます。特にホテルのスタッフと現地のツアーガイドは流暢な英語を話す印象です。筆者が見た限りだと、受付以外の掃除やポーターなどの仕事をしている人はそこまで流暢には話せませんでしたが、簡単な英語であれば理解していました。

 

3. タクシー、トゥクトゥクのドライバーの英語力

少なくとも簡単な英語は話せ、観光客が話す英語も簡単な内容なら理解しているようでした。タクシードライバーの中には英語での国家資格のガイドライセンスを所有している人もいます。英語で観光地を案内する資格を持っているので、希望すればガイドも兼任し観光地へ同行してくれます。

 

4. スリランカでの英語教育

スリランカは1948年に独立する以前はイギリスの植民地でした。その影響でスリランカでは英語が通じる場面は多いです。データによると国民の60%の人が英語を話すそうです。外国人向けのホテル、レストランなどで困ることはないと思います。学校では民族ごとに学校が分けられており、シンハラ語だけ、もしくはタミル語だけで教育を行う学校が多いです。それに加え、大都市のエリート学校ではシンハラ語・タミル語・英語の3言語で授業を行う学校も中にはあります。

また、TV番組も半分以上が英語で放送されているので英語に触れる機会が日常生活でも多いです。昔、「ズームイン!!朝!」のコーナー「ワンポイント英会話」に出演していたウィッキーさんをご存知でしょうか。実は彼もスリランカ出身です。彼を含め、裕福な家庭で育ち高等教育を受けた人、海外滞在経験がある人は英語のレベルはかなり高くネイティブと同レベルと言えます。

 

5. 英語が通じない地域

筆者は観光地ばかりを訪れ、観光に携わっている人と中心に会話をしたので、英語が通じなくて苦労したという経験はありませんでした。もっと田舎の観光客がいない地域に行った場合は全く英語が通じないところもまだ多いのが現状です。

 

6. 英語力は人によりけり

トゥクトゥクのドライバーでも観光案内や国のことについて簡単な英語で説明ができる人もいれば、料金交渉や行先など必要事項についてのみ英語でやり取りできる、といった感じで、英語のレベルが人によってまちまちです。バックグラウンドや受けた教育のレベルが違うので英語のレベルも異なっています。ただ、スリランカは観光立国ですので、英語が上手な人ほど給料の良い外国人と関わる観光の仕事につくことができます。

 

7. シンハラ語のフレーズ

英語の通用度が高いとご紹介したスリランカですが、どうせなら現地語も覚えたいところです。あいさつや自己紹介なら使う場面も多く覚えやすいと思います。ここでいくつかシンハラ語の便利なフレーズをご紹介します。少しでもシンハラ語が話せたらきっとスリランカ人も喜んでくれるでしょう。

こんにちは →「アユボワーン」
ありがとう →「イストゥティー」
はい →「ハリ」「オウ」

元気ですか? →「コホマダ?」
元気です →「ワラダク ナハ」
お名前はなんですか →「ナマ モカク ダ」
私の名前は、○○です。 →「マゲナマ、○○」
ごめんなさい →「サマーワンナ」
いくらですか →「キィーヤ ダ」
高すぎます →「ガナン ワディイ」

 

まとめ

いかがでしたか?
筆者がスリランカを訪れた際の印象としては、スリランカの方が東京よりも英語を話す人を見つけるのが簡単だと思います。筆者は他にも数々のアジア諸国を訪れましたが、スリランカはその中でも英語がかなり通じると思います。英語だけで旅行をすることも十分可能ですが、先ほどご紹介したシンハラ語もチャンスがありましたらぜひ使ってみてください。スリランカ人はフレンドリーなのでちょっとシンハラ語を使ってみれば仲良く打ち解けることができるはずですよ。

 

スリランカで英語は通じる?旅行前に知るべき7つのポイント!

1. スリランカの公用語

2. 観光客を相手にしている場所では英語は通じます

3. タクシー、トゥクトゥクのドライバーの英語力

4. スリランカでの英語教育

5. 英語が通じない地域

6. 英語力は人によりけり

7. シンハラ語のフレーズ

 


あなたにおすすめの記事!