スリランカの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

スリランカの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

(Hafiz Issadeen)

東洋の真珠と呼ばれ内戦終結以降、世界中からの観光客が増えているスリランカ。日本より暖かく南国のイメージのあるスリランカですが、天気の特徴は旅行前に知っておきたいですよね。そこで今回は、スリランカ好きの筆者が、現地の天気の特徴や、おすすめの旅行シーズンはいつかなど、旅行前に知っておくと役立つお天気情報をご紹介します。

Mainichi Eikaiwa mid pc

 

スリランカの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

 

1. スリランカの気候の特徴

スリランカは年間の平均気温が30度前後と、年間を通して変化がないのが特徴です。モンスーンの影響を受けやすく、高温多湿な熱帯性気候に属します。昼間は気温が高く日差しが強いので日射病対策が必要です。夜になると涼しくなることが多く過ごしやすくなります。また、雨季と乾季のシーズンが場所によって違うので、訪れる場所の天気を前もって調べておく必要があります。

 

2. 服装について

基本的に夏服で問題ないですが、ヌワラ・エリヤ等高原地帯は朝晩冷え込みますので防寒具が必要です。国立公園や山をトレッキングする際には霧や小雨が降ることが度々あるので、レインコートや雨除けの上着を持参してください。また、仏教寺院は服装に厳しく、ノースリーブやショートパンツで入ることができないので服装に注意してください。日中は暑いことが多いですのでストールや羽織ものを持参し、着脱しやすい格好がおすすめです。寺院内は靴を脱いでの参拝になりますが、日に当たる地面は非常に熱くなっています。素足では歩きづらいので靴下を履いてから中に入るとよいでしょう。

 

3. スリランカのモンスーン

スリランカは熱帯雨林気候で年2回モンスーン(季節風)の時期があり、気候も地域によっても異なります。首都コロンボやゴールなど南西部は4~6月と10~11月が雨季になります。北東部は11~3月が雨季に当たり、北部は降水量が少なく乾燥地帯となっております。朝と夕方にスコールが激しく降ることが多いですが、雨季であっても昼間は晴れていることも多いです。日本の梅雨とは異なり雨季でもスコールのように一時的に雨が降ることが多く一日中雨のことはまれです。また、乾季でも雨が降る日もあるので旅行の際は雨具や傘を携帯しておくとよいでしょう。

 

4. スリランカのベストシーズン

スリランカの気温は、季節によって気温の変化が少なく高地以外の気温差はどの地域もあまり変わらないのが特徴です。コロンボやゴールなど南西部は1月~3月、北東部は5~8月、北部は3~9月が乾季に当たりベストシーズンです。ヌワラ・エリヤなどの南部中央高地は海抜1890mもあり平均気温は16度ほど。常夏のイメージがあるスリランカですがここヌワラ・エリヤは常春といった表現が合う地域です。冬の時期には数回、降霜になることもあります。朝晩が冷え込みますので防寒具が必要です。ヌワラ・エリヤは年間を通じて雨が多いですが、比較的少ない1月~3月がベストシーズンになります。

 

5. おすすめできない時期

おすすめできない時期は4月で、1年で最も暑い時期で雷雨がある地域が多いからです。コロンボで一番暑い時期は3月と4月で32度ほどあります。逆に日本で一番暑い時期である7月と8月は30度前後で最高気温が低くなります。しかし最低気温も26度とそれなりにあるので寒暖差があまりない時期になります。コロンボのモンスーンは4月と11月になり降水量が多い時期です。北東部は10~2月と11~12月、北部は10~12月が最も雨量が多い時期です。

 

6. 天気が悪いときに便利な交通手段

先ほど述べましたように雨季でも1日中雨が降り続いていることは少ないので、観光を楽しむことができます。移動の際に雨が降っているときにおすすめしたい交通手段がスリーウィーラーです。スリーウィーラーとは東南アジアでよく見る自動三輪、トゥクトゥクのことです。座席には屋根と雨除けのシートがついているので雨でも濡れずに移動できます。また、お値段もお手頃価格で気軽に乗れるのも嬉しいポイントです。タクシーよりも旅の雰囲気を存分に味わえます。

また、雨が降っていなくても乾季の暑い時期にもおすすめです。風を切って颯爽と道路を走るので涼しく感じます。街を歩いているとよく声をかけてくるので、つかまえるのは簡単です。スリランカのスリーウィーラーはメーターがないものが多いので価格交渉を乗る前に必ずしてください。

 

7. スリランカでの必須アイテム

雨季でも乾季でもスリランカは雨がよく降るので傘やカッパ等、雨具は持参しましょう。コロンボやゴール周辺のビーチやシギリヤロックで有名なダンブッラなどは日中は日差しが強いので日焼け止めや帽子、サングラスも忘れずに。水分補給も十分にしてください。また、蚊やハエが多いので蚊取り線香や虫よけスプレーがあると便利です。

 

まとめ

いかがでしたか?
このように地域によって気候が違うのでそれぞれに適した服装、持ち物が必要になります。訪れる地域の天気を事前にチェックしておきましょう。雨季・乾季に関わらず雨が降りやすいスリランカですので、街歩きの際は常に傘を携帯しておくと安心ですね。

 

スリランカの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

1. スリランカの気候の特徴
2. 服装について
3. スリランカのモンスーン
4. スリランカのベストシーズン
5. おすすめできない時期
6. 天気が悪いときに便利な交通手段
7. スリランカでの必須アイテム

 

Mainichi Eikaiwa bottom pc

あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!

The following two tabs change content below.
英語や韓国語など、他言語の役立つフレーズなどを紹介しています。現地在住ライターによるレアな情報も掲載!世界をもっと、地球をもっと近くに感じられるような役に立つ知識・情報をお伝えしていきます!