ミャンマーのコンセント調査!旅行前に知っておきたい5つの事!

ミャンマーのコンセント調査!旅行前に知っておきたい5つの事!

(yuankuei)

海外旅行に行くときはコンセントの形状が気になりますよね。今回は現地在住の筆者が、あなたがミャンマー旅行で困らないために、コンセントの種類や電圧、気になるミャンマーの電気事情も含めてご紹介します。実はミャンマーでは他の旅行先にはなかなかない注意点がありますので、必ず旅行前に確認してくださいね。

Mainichi Eikaiwa mid pc

 

ミャンマーのコンセント調査!旅行前に知っておきたい5つの事!

 

1. ミャンマーの電圧は220V~2400V

ミャンマーの電圧は220V~240Vです。これは他の海外旅行先でも多い電圧なので注意している人も多いかもしれません。日本から持って行った製品は電圧の合わない場合がほとんどです。

電化製品には製品やコンセントに電圧が書かれていますが、日本ではあまり見ることはありませんよね。しかし、海外旅行で電気を使用するときはミャンマーに限らず必ずチェックしましょう。日本から持って行った電化製品を使う時は変圧器を通すようにして下さい。ホテルの場合は変圧器を貸してくれるところもあります。

ミャンマーでは簡易変圧器も販売されていますが、元々の電圧が安定していないので、簡易変圧器では対応できないこともあります。変圧器には電圧を一定に保ってくれる安定器も一緒に内蔵されているものを使うのが安心です。簡易変圧器で安定期も搭載されているものはほとんどありませんので注意しましょう。

 

2. ミャンマーのコンセント形状は種類豊富!

ミャンマーのコンセントはBタイプのものが多いとよく旅行雑誌に書いていますが、決してそんなことはありません。ミャンマーではBタイプの他にC,D,F,Gタイプ、日本と同じAタイプもあります。ホテルはGタイプが多い印象です。Gタイプは日本のAタイプが入るものもあります。あまりにも種類が多いので、ミャンマーに行くときはBタイプとGタイプ対応のプラグを持っていくと安心です。プラグはホテルでも貸してくれるところがほとんどです。

また、スーパーでも販売されていますので、現地で調達するのも1つです。コンセントの横にスイッチがついているコンセントもあります。プラグをしっかり差し込んでからスイッチを入れるようにして下さい。

 

3. ミャンマーは電圧が安定していない!?

ミャンマーでは電圧が違うということだけ気にしていれば良いわけではありません。ミャンマーの電気事情は東南アジアの大都市圏の中では劣悪です。ミャンマーでは220V~240Vと言われていますが、雨期になると80Vまで下がったという話もよく聞きます。コンセントがあるからといって日本のように電圧が安定して供給されていないということを頭に入れておいてください。

ミャンマーでは電化製品を使う時は電気を安定する装置「安定器」にコンセントを挿し、安定器のコンセントを電気が通っているコンセントに挿していることがほとんどです。この安定器には数字がデジタル表記されているものもあり、ある一定の電圧が下がると電気の供給をストップしてくれる働きがあります。コンセントを使う時には付近にある安定器の電圧を見るというのも安全策の1つです。

 

4. 停電大国ミャンマー

日本ではほんの数分停電しただけでニュースになってしまいますが、ミャンマーでは停電は日常生活では当たり前に存在します。たとえ日本人がよく泊まるホテルであっても停電します。日本人がよく行くホテルやショッピングモールには「ジェネレーター」といって停電しても電気を供給するシステムが整っているところもありますが、発電所のトラブルなどで長期間電気が使えないということも考えられます。現在はかなり解消されてきましたが、停電があるかもしれないということを覚えておきましょう。

ミャンマー人は急に停電があっても普通に道路を歩きますし、買い物も何事もなかったようにしています。ミャンマーを旅行するときは停電に備えてバッグに小さな懐中電灯があると安心です。

また、道路を歩くとき、電線には十分に気を付けて下さい。ミャンマーの電線はスパゲッティー配線といって細い配線がいくつも束ねられています。雨季でその電線の1つが地面の方まで垂れ下がり、感電するニュースをよく見かけます。電線は日本より近い位置にあるということを覚えておきましょう。

 

5. コンセントを使う時は気を付けて!

ミャンマーでは日本ではありえないような電気あるあるが沢山存在します。例えばコンセント。コンセントが日本と同じ種類でラッキー!と思ってプラグを差し込もうとしても、奥まで差し込めないことも。無理に力を入れて差し込もうとしても今度はうまく抜けなかったりします。ミャンマーで電気を使う時は使用するとき以外はコンセントのプラグははずしておくのが無難です。また、とても大切な電化製品はミャンマーにはあまり持ち込まないほうが安全です。

 

まとめ

いかがでしたか?
ミャンマーのコンセント事情についてお伝えしました。電気事情はまだまだ日本のように整備されてはいませんが、ミャンマー人はとても素朴な人柄で、困っている人がいると外国人でも優しくしてくれます。しかもミャンマーは今急速に発展していて、電気に関するトラブルも徐々に少なくなりつつありますので、安心してミャンマー旅行を楽しんでくださいね!

 

ミャンマーのコンセント調査!旅行前に知っておきたい5つの事!

1. ミャンマーの電圧は220V~2400V

2. ミャンマーのコンセント形状は種類豊富!

3. ミャンマーは電圧が安定していない!?

4. 停電大国ミャンマー

5. コンセントを使う時は気を付けて!

 

Mainichi Eikaiwa bottom pc

あなたにおすすめの記事!