ロサンゼルスのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!

ロサンゼルスのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!

(Thomas Hawk)

ロサンゼルスと言えばアメリカ西海岸最大の都市。広大な街を旅行するあなたにとって、タクシーや電車などの移動手段は旅行前に把握しておきたいところですよね。ロサンゼルスに住んでいた筆者は様々な移動手段を使い日々快適に過ごしておりました。そこで今回は、ロサンゼルスを旅行する際のおすすめ移動手段とタクシー事情についてご紹介します。

Mainichi Eikaiwa mid pc

 

ロサンゼルスのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!

 

1. リーズナブルに運行!スーパーシャトル

ロサンゼルスのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!スーパーシャトル

(Moody Man)

ロサンゼルス空港に到着したらまずはホテルへ向かいますよね。ホテルから空港に行く際にもスーパーシャトルが便利です。スーパーシャトルは、ロサンゼルス市内や希望の場所まで送ってもらう事が出来るサービスです。

料金はサンタモニカまで$15、ロサンゼルス市内$17で、何より嬉しいのは24時間運行しているんです。またシェア、直行、黒い車、SUVと選ぶ事が出来ます。

 

2. メトロに乗るならこれ1つ「メトロTAP Card」

ロサンゼルスのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!メトロTAP Card

(Oran Viriyincy)

「TAP Card」とは日本の「Suica」や「PASMO」のように予めチャージ式交通ICカードです。ローカルバスやメトロバス、メトロ電車に乗車の際に使用出来るのでこのタップカードがあれば小銭要らずです。ロサンゼルスでは、バスや電車に乗車の際には$1,75かかり、1駅で運賃を取る制度です。なお、ロサンゼルスでは切符制度廃止されたためにメトロに乗車の際は1駅でもこのカードが必要となります。各自動販売機で購入する事が出来ます。

 

3. たった$1,75でサンゼルスを周遊出来る!メトロ電車

ロサンゼルスのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!メトロバス

(David Guo)

公共機関と言えば電車やバスですが、この広大なロサンゼルスにも便利な電車とバスがあります。

電車はレッド、ブルー、パープル、グリーン、ゴールド、エキスポと6種類もあります。ダウンタウン、サンタモニカ、ロングビーチ、コリアタウン、リトルトーキョーといった各スポットに行く事が可能です。料金は1回$1.75、1日$7、1週間$25とリーズナブルで、様々なスポットに行くことができます。

ロサンゼルス市内で主要なバスいえばメトロバス。全部で200余りもあり「M」というロゴが付いているのですぐに分かります。種類も2種類あり「Metro Busway」「Metro Bus」がそれぞれ異なる路線を持っています。Metro Buswayはオレンジとシルバーの2路線、Metro Busはローカルサービス、ラピッド、エクスプレスの3路線があります。料金は、メトロシルバーラインが$2,50、その他は一律1回$1,75、1日券$7とリーズナブルです。

 

4. いつでも乗れて降りられる観光バス!Hop on Hop off

ロサンゼルスのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!Hop on Hop off

(Prayitno)

せっかくロサンゼルスに旅行するなら出来るだけ全て観光したいと思いますよね。この観光バスはいつでも気軽に乗れ降りる事が出来るんです。ロサンゼルス国際空港、サンタモニカ、ダウンタウン、ハリウッドといった主要地を周るのでいつでも乗れるので安心できます。2買い建ての天井吹き抜けなので、ロサンゼルスの気持ちの良い風を楽しむ事が出来るのも嬉しいです。価格は以下の通りです。
・1日券大人:$44 子供$25(3~11歳)
・2日券大人:$59 子供$35(3~11歳)
・3日券大人:$74 子供$45(3~11歳)

 

5. 悪質タクシーには注意!模範タクシーの見分け方

ロサンゼルスのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!タクシー

(Eric E Johnson)

バスや電車より車に乗るのが良いのではと考えるあなた。ロサンゼルスでタクシーを拾うにも、流しのタクシーはありません。空港やホテルやテーマパーク、そしてショッピングセンターで待機している事が多くあります。観光地には、待機タクシーが停まっている事もあります。またレストランに行かれた際には、スタッフに呼んでもらう事も可能です。空港で待機タクシーを拾ったり、観光地で拾ったりする際に安全なのか見分け、ボッタクリは避けたいですよね。正規タクシーには、営業許可のある「TAXICAB」と記載された丸いシールが扉に貼られています。

なお、タクシーに乗車の際は日本とは違い自分でドアを開けて乗ります。大事なチェックポイントとしては、メーターが動いているか確認してください。メーターが動いていなく正規の価格より請求されることがありますので注意しましょう。

また、目的地へ到着したら必ず領収書を貰うようにしてください。忘れ物や問題が起きたときに連絡を取る事が出来るからです。初乗り運賃は、180mまで$2.85かかるので多く請求されていないか確認する事も大事なポイントです。チップは15%が目安となっており、荷物1つにつき$1かかります。

 

6. お迎えサービスUberとLyft

UberやLyftというアプリを聞いた事があると思いますだ日本では馴染みがないかもしれませんが、ここカリフォルニアは大事な移動手段の一つです。チップ制度が無いこと、低価格に押さえられる事、事前に目的地を伝えられる事がUberやLyftの利点として挙げられます。どちらもスマートフォンやパソコンで予約し支払いも登録してあるカードで支払えるので安心です。

 

7. レンタカー

せっかくロサンゼルスに旅行に来たのなら運転したいと思う人もいますよね。大人数だったりスムーズに観光する際にはレンタカーが便利です。事故や保険の手続きで英語の会話が心配でも、ハーツやアラモというレンタカー会社は日本語で予約ができます。

海外での運転は何かと心配かもしれませんが、広い道路で直線が多いのでかえって運転しやすいかもしれません。ただ、日本とは違い右ハンドル右側通行で、赤信号で安全であれば右折できるといったルールに、最初は慣れるまで時間がかかるでしょう。踏切は一時停止不要しなくてもいいんですよ。

もしレンタカーをする予定がある場合は、日本で国際免許証を発行しておきましょう。日本の免許証のみだと運転できないので免許センターなどで発行しパスポートなどと一緒に持っていってください。

 

まとめ

いかがでしたか?ロサンゼルスはとても広い場所なので観光スポットがたくさんあります。楽しい旅行にする為にも移動手段をしっかり理解しておく事が大切です。観光バスといったサービスもあれば、メトロといった安価で乗れる乗り物もあります。この記事を参考に必要に応じて、安全で楽しい旅行にしてくださいね。

 

ロサンゼルスのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!

1. リーズナブルに運行!スーパーシャトル

2. メトロに乗るならこれ1つ「メトロTAP Card」

3. たった$1,75でサンゼルスを周遊出来る!メトロ電車

4. いつでも乗れて降りられる観光バス!Hop on Hop off

5. 悪質タクシーには注意!模範タクシーの見分け方

6. お迎えサービスUberとLyft

7. レンタカー

 

Mainichi Eikaiwa bottom pc

あなたにおすすめの記事!