ロシアお土産を徹底調査!貰って嬉しい超おすすめ10選!

ロシアお土産を徹底調査!貰って嬉しい超おすすめ10選!

ロシアのお土産といわれると、すぐ思い浮かぶのは「マトリョーシカ」ですよね。でも、ロシアのお土産はそれだけじゃないんです。そこで今回は、ロシアへ旅行する際に、絶対に押さえておきたいお土産10選をご紹介します。

定番なものからロシアならではのレアなお土産まで幅広くご紹介しますので、会社用やご家族用など目的に合ったものが見つかるはずです。ぜひ参考にしてください!




 

ロシアお土産を徹底調査!貰って嬉しい超おすすめ10選!

 

1. Матрёшка(マトリョーシカ)

ロシアお土産を徹底調査!貰って嬉しい超おすすめ10選!マトリョーシカ

定番中の定番ですね。一説によると、箱根の名産品である「入れ子人形」がロシアに渡ったと言われています。マトリョーシカの入れ子は3個入りから用意されています。筆者のおすすめは5個入りタイプのマトリョーシカです。値段は入れ子の数と職人さんの絵付けの質によって変わってきますが、大体5個入りで400ルーブル(約800円)からです。1点1点職人さんの手で丁寧に描かれていて同じ物がないため、自分好みのマトリョーシカを探してみると面白いかもしれません。

 

2. Береста(ベレスタ)

ロシアお土産を徹底調査!貰って嬉しい超おすすめ10選!ベレスタ

(Dmitry Kostin)

日本語で「白樺の表皮」を意味するベレスタは白樺の樹皮で作られたロシアの伝統工芸品です。接合部分に糊などは一切使われず、白樺を編み込んで丁寧に作られています。お店の人によると、白樺は頑丈で長く使え、また殺菌効果もあるということで、ロシアでは砂糖、塩などの調味料を入れたり、ブレッドケースとして使われたりします。ベレスタがあるだけで気分はロシア!!おすすめのおみやげです。

 

3. Хохлома(ホフロマ塗り)

ロシアお土産を徹底調査!貰って嬉しい超おすすめ10選!ホフロマ塗り

(zsoolt)

ホフロマ塗りもロシア土産の定番です。伝統的な模様はロシアの広大な森で取れるベリーや花がモチーフになっています。色鮮やかなデザインで、とてもおしゃれです。ホフロマ塗りの入れ物は1つ400~600ルーブル(約800~1200円)ぐらいで買えます。

 

4. Платок(プラトーク)

ロシアお土産を徹底調査!貰って嬉しい超おすすめ10選!プラトーク

(Ninara)

ウール100%の正方形のスカーフで、ロシアでは冬になると女性が頭に被っています。ロシアの民族的な女性用被り物で、最近はロシアの若い女性の間でも人気です。一番小さいサイズは89×89㎝で1200ルーブル(約2400円)からで、大きいサイズは146×146㎝で2690ルーブル(約5380円)からです。他にもサイズ展開がありますが、筆者のおすすめサイズは125×125㎝。首に巻くだけでなく、頭から被ることもできますし、寒ければひざ掛けとして使うことも可能です。値段は2230ルーブル(約4460円)から。1つは持っておきたいアイテムです。

 

5. Ушанка(ウシャンカ)

ロシアお土産を徹底調査!貰って嬉しい超おすすめ10選!ウシャンカ

(Ryan Clare)

冬になると氷点下20℃は当たり前のロシア。そこで活躍するのが、ウシャンカと呼ばれるロシア帽。ウシャンカの「Уш」は耳というロシア語の複数形「Уши」から来ています。そう、日本でおなじみの耳当て付きの帽子のことです。寒いロシアでは毛皮でできたこのウシャンカが頭部の防寒のためによく着用されます。外国人向けのフェイクファーであれば、市場で500ルーブル(約1000円)から購入できます。ファッション性と防寒機能を兼ね備えたウシャンカ、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか?

 

6. 量り売りのお菓子

ロシアお土産を徹底調査!貰って嬉しい超おすすめ10選!アリョーンカ

(Ralph Aichinger)

ロシア語でお菓子は「スラーダスチ」(Сладость)と呼ばれ、翻訳すると「甘いもの」。甘いものが大好きなロシア人はスーパーへ行くと必ず量り売りの甘いお菓子を大量に購入します。量り売りのいいところは少しずつ試せるところと、箱詰めされたものよりも断然お得なところ。ロシアのお菓子はパッケージもとてもかわいいので、自分の好きなお菓子を見つけてお土産にすると喜ばれること間違いなし。筆者のおすすめの会社は「クラースヌィ・オクチャーブリ」(Красный октябрь)、「アリョーンカ」(Алёнка)、そして「ババエフスキー」(Бабаевский)です。

 

7. インスタントスープ

ロシアお土産を徹底調査!貰って嬉しい超おすすめ10選!インスタントスープ

(Leslie Seaton)

ロシアの食卓によく上がるのがスープです。ロシアのスープは「ボルシチ」、「シー」(キャベツのスープ)や「ウハー」(魚のスープ)などヴァリエーション豊かでおいしいものばかり。そんなロシアのスープがスーパーでインスタント食品として売られているのをご存知でしょうか。お湯を注げばすぐに飲めるので、手軽にロシアのスープを味わえます。筆者のおすすめはクノールのインスタントボルシチですが、他にもきのこのスープや、シー(キャベツのスープ)などたくさん種類があります。1パッケージ15ルーブル(約30円)ほどで販売されているので、お財布にもやさしいですね。

 

8. ウール製品

ロシアお土産を徹底調査!貰って嬉しい超おすすめ10選!手袋

(Andrew Kuznetsov)

ロシアの冬は寒いので、冬場は街中でよくウール製品を見かけます。特におすすめなのが、市場で売られているウール製の手袋と靴下です。ロシアのバーブシュカ(おばあちゃん)によってひとつひとつ丁寧に編まれているので、頑丈でデザインも豊富にあります。手袋、靴下共に250ルーブル(約500円)から販売されています。寒さに弱い方にぜひおすすめのお土産です。

 

9. スターバックスの限定タンブラー

ロシアお土産を徹底調査!貰って嬉しい超おすすめ10選!スタバ タンブラー

(Yewco Kootnikoff)

モスクワの赤の広場から徒歩15分ほどにスターバックスがありますが、そこで限定販売されているマトリョーシカのタンブラーが可愛くて、外国人観光客に人気を集めています。実用性もあるので、家に帰ってからも使えるところがいいですね。タンブラー以外にも限定品があるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

10. チェブラーシカグッズ

ロシアお土産を徹底調査!貰って嬉しい超おすすめ10選!チェブラーシカ

(Martin Abegglen)

ロシアで人気の絵本『ワニのゲーナ』に登場するキャラクターです。日本でもテレビアニメ化され、人気になりました。お土産屋さんへいくと、このチェブラーシカグッズがたくさん販売されています。

 



まとめ

いかがでしたか?
ぜひロシアを旅行される方はチェックしてみてください。なお、モスクワを観光される方は街中や空港でもお土産を買うことができます。空港については「モスクワの空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴」を一読することをオススメします。

また、時間があればぜひイズマイロフ市場まで足を運んでみてください。モスクワの中心から少し離れてしまいますが、ここはお土産市場と呼ばれるだけあり、おみやげの種類が豊富でモスクワ中心地よりも安く購入することができます。

あなたの目的に合ったお土産を見つけて、日本でお留守番してくれた同僚や家族へ、あなたらしいお礼をしてあげてくださいね。

 

ロシアお土産を徹底調査!貰って嬉しい超おすすめ10選!

1. Матрёшка(マトリョーシカ)
2. Береста(ベレスタ)
3. Хохлома(ホフロマ塗り)
4. Платок(プラトーク)
5. Ушанка(ウシャンカ)
6. 量り売りのお菓子
7. インスタントスープ
8. ウール製品
9. スターバックスの限定タンブラー
10. チェブラーシカグッズ

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!