マレーシアの人気大学を現地調査!7つのおすすめ役立ち情報!

マレーシアの人気大学を現地調査!7つのおすすめ役立ち情報!

(Eric Beerkens)

11年連続(2006~2016年)で日本人が住みたい国「世界No.1」に選ばれているマレーシア。最近では定年後のセカンドライフをマレーシアに求める高齢者だけでなく、学生にも人気があるのはご存知でしょうか?マレーシアの大学の学費は大変安く、授業を全て英語で行う大学も多いため語学学習に大変適しています。また、欧米の大学への編入がしやすいというメリットもあり、いま人気を集めています。

そこで今回は、マレーシア人の友人を数多く持つ筆者が、マレーシアの大学に関する情報や、現地で人気かつ留学にもおすすめな大学をご紹介します。

Mainichi Eikaiwa mid pc

 

マレーシアの人気大学を現地調査!7つのおすすめ役立ち情報!

 

1. テストの時期はいつ?

日本の大学の場合、9月頃から願書の受付が始まり、1~3月頃にかけて入試、4月に入学と、基本的に年に一度しか入学のチャンスがありませんが、マレーシアの大学の場合は大学によって入学時期が異なり、入学のチャンスも年間2~5回程あります。

また、マレーシアの大学には入試がありません。マレーシアの大学では、高校での学業成績と英語力を証明する資格(TOEFL、IELTS)で入学を判断します。従って、マレーシアの高校では成績の標準化がなされています。ともすれば、高校自体のレベルに関わらず、高校での成績および英語力によっては有名大学に進学することも可能というわけなのです。

 

2. 受験する条件は?

前述した通り、マレーシアの大学には日本の大学のような一斉入試がありません。どの大学も以下の3つの基準によって選考します。

1.高校のGPA(高校1、2、3年の全教科の成績の評定平均)
2.英語のスコア(TOEFL、IELTS)
3.必要に応じてSAT®、A Level、IBなど

尚、ボーダーラインは各大学によって異なります。

 

3. 卒業までに掛かる全費用は?

国公立大学の文系学部で約70万円、理系学部で約105万円。私立大学の場合は学部にもよりますが、だいたい150万~250万程度と言われています。まるで日本の大学の1年間の学費ですよね。

ちなみにマレーシアでは、大学は3年制が一般的です(各大学の各学部によって異なり、2年制や3.5年制、4年制の学部などもあります)。

 

4. 選ぶ時のポイント

大学に入ってから将来を考えるというコースもありますが、マレーシアの大学へ進学を考える際は基本的に、何を勉強したいのか、あるいは、将来の進路が学校選びの重要なポイントとなります。と言うのも、マレーシアの大学では、大学のランキングよりもどのような教育を提供できるかに重きを置いているため、専門分野に特化した大学が多いのです。

 

5. 現地で人気な大学1:University of Malaya / マラヤ大学

マレーシアの人気大学を現地調査!7つのおすすめ役立ち情報!マラヤ大学

・場所:
Jalan Universiti, 50603 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, Malaysia
マレーシアの首都・クアラルンプールと西隣の工業都市・プタリンジャヤの境界に位置し、クアラルンプール随一の繁華街・ブキッビンタンまでは車で約20分、電車・モノレールで約25分という好立地です。

・何系の大学か:
イスラム研究、マレー研究、IT・情報科学、人文・社会科学、ビジネス、教育学、工学、法律学、理学、言語学、医学・歯学、建築・環境学など多くの学部があります。

・人気の理由:
マラヤ大学はマレーシアで最初に設立された大学であり、マレーシア随一の最高学府。マレーシアの東大とも呼ばれ、学生にとっては最も魅力的な大学です。

・こんな人におすすめ:
どの学部も超一流レベル。特定の分野についてハイレベルな教育を享受し、学問をとことん掘り下げたいという勉強熱心な人におすすめです。

 

6. 現地で人気な大学2:Sunway University / サンウェイ大学

マレーシアの人気大学を現地調査!7つのおすすめ役立ち情報!サンウェイ大学

・場所:
No. 5, Jalan Universiti, Bandar Sunway, 47500 Selangor Darul Ehsan, Malaysia
マレーシアを代表する超巨大企業グループ「サンウェイ」が運営するサンウェイ大学は、同グループが開発した大規模複合都市・サンウェイリゾートシティ内に位置し、利便性の高い大学生活を送ることができます。

・何系の大学か:
観光学、ビジネス、人文・社会学部(デザイン/メディア/コミュニケーション/一般教養)、サイエンス&テクノロジー学部など実社会に根ざした学部展開が特徴です。

・人気の理由:
サンウェイグループ企業でのインターンシップが充実していること、アメリカの大学への編入プログラムが充実していることなどが人気の理由です。

・こんな人におすすめ:
将来、即戦力人材として各ビジネス分野で働きたい人におすすめです。

 

7. 現地で人気な大学3:HELP University / ヘルプ大学

マレーシアの人気大学を現地調査!7つのおすすめ役立ち情報!ヘルプ大学

・場所:
Persiaran Cakerawala, Subang Bestari, Seksyen U4, 40150 Shah Alam, Selangor, Malaysia
クアラルンプール市街地から車で15分程の高級住宅街・ダマンサラハイツに位置し、ショッピングモールやホテルなどが集まるミッドバレーまでは車で約10分という好立地です。

・何系の大学か:
社会科学系に強く、特にビジネスおよび心理学部が有名です。他にも教育、人文・社会科学、観光学、法律、コミュニケーション、メディア、IT、犯罪学など幅広いコースを提供しています。

・人気の理由:
マレーシア屈指の名門でありながら学費が格安であること、国外の名門大学を中心に編入プログラムが充実していることなどが人気の理由です。

・こんな人におすすめ:
アメリカ以外にも、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなど、幅広い選択肢で国外大学への編入を考えている人におすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?
将来やりたい事が明確、かつ、日本では学費が膨大に掛かるような分野であればマレーシアの大学への進学というのも一つの選択肢かもしれませんね。あなたの将来につながる大切な時期をマレーシアで過ごし、自分の思い描く道へどんどん突き進んでいってください。

 

マレーシアの人気大学を現地調査!7つのおすすめ役立ち情報!

1. テストの時期はいつ?
2. 受験する条件は?
3. 卒業までに掛かる全費用は?
4. 選ぶ時のポイント
5. 現地で人気な大学1:University of Malaya / マラヤ大学
6. 現地で人気な大学2:Sunway University / サンウェイ大学
7. 現地で人気な大学3:HELP University / ヘルプ大学

 

Mainichi Eikaiwa bottom pc

あなたにおすすめの記事!