海外旅行で自分に最適なスーツケースを見つける5つのコツ

海外旅行で自分に最適なスーツケースを見つける5つのコツ

初めての海外旅行、わくわくする気持ち半分、不安なな気持ち半分と言った所でしょうか。特に荷造りなどは心配な点ですね。海外は日本とは勝手が違う事も多いですから、必然的に普段の準備とは異なってきます。荷造り一つとっても色々と分からないことで一杯の事と思います。まず第一にスーツケースの大きさは?セキュリティは?機能は?そもそも、どのようなものを選べば良いのかの基準がわからない…と、このような方は多いのではないでしょうか。そこで、今回は海外旅行に最適なスーツケースについてご紹介します。選び方を5つのポイントに絞って書いていますので、ぜひ参考にして自分に合ったスーツケースを見つけてくださいね。



 

海外旅行で自分に最適なスーツケースを見つける5つのコツ

 

1. 丈夫なものを選ぶ

まずは、丈夫なものを選ぶ事。これはもう絶対の鉄則です。海外旅行中にスーツケースが壊れたら、シャレになりません。「スーツケースが壊れたので現地調達だ!」と言っても、言葉が違う、文化も違う、と勝手が違う海外では買い替えも簡単にはいきません。それに、日本と違って文化が異なる海外ではスーツケースを丁重に扱ってくれる人ばかりではありません。空港などで雑に扱われる事も多く壊れやすい事が多いのも事実です。そこに対して文句を言っても仕方が無いので、『文化の違い』として受け入れましょう。そこを体験するのも海外旅行の醍醐味でもありますので、ここはポジティブに捉えておきましょう(笑)

結論を言うと、安物は絶対に選ばない事。「安物買いの銭失い」とはこの事です。多少、値が張ったとしても、丈夫なスーツケースを選択すること、これは第一義として頭に入れておきましょう。

 

2. 軽いものを選ぶ

次のポイントはなるべく軽量な物を選ぶ事です。ただでさえ知らない土地での旅行です。国内旅行と違い道に迷うことも多いに有り得ます。迷いまではしなくても遠回りしたり、間違えたりなどは頻繁に起こるでしょう。その度に重いスーツケースを持っていては楽しい海外旅行も疲労感であふれる辛い旅へと変わってしまいます。これでは非常に残念です。それを避けるためにも海外旅行のスーツケースは軽い物を選びましょう。今は軽くて丈夫なものが販売されています。可能な限り軽いものを選ぶ事を推奨致します。

なお、その際にもう一点ポイントになるのが大きさですね。適切な大きさのスーツケースを選べばそれだけ軽量化することも可能になります。大きさの目安は下記にまとめましたので、参考になさってください。

・4日以内の海外旅行  SSサイズ(長さ:50cm、容量:45l)
・1週間以内の海外旅行 Sサイズ(長さ:60cm、容量:60l)
・10以内の海外旅行  Mサイズ(長さ:65cm、容量:75l)
・2週間以内の海外旅行 Lサイズ(長さ:70cm、容量:80l)
・2週間以上の海外旅行 LLサイズ(長さ:74cm、容量:96l)
※()内は大きさの目安です。

 

3. 機動性が高いモノを選ぶ

3つ目のポイントは機動性です。日本国内とは趣(おもむき)の違う街並み、異文化を背景とする観光地、初めて訪れる高揚感から、初海外旅行者は必ず歩きまわります。せっかく訪れたのだから、普段なかなかこれないから、など理由はたくさんあるでしょうが、いずれにしてもたくさんの観光スポットを訪れたいと思うのは当然です。

そこで、大切なのが機動性です。機動性が低ければ、動き回るのが億劫になります。それでも強引に観光すると疲れます。結果、楽しくない海外旅行の思い出として残ってしまうのです。それはあまりに残念です。せっかく、お金をかけていくのですから楽しい海外旅行にしたいものです。スーツケースは必ずキャスター付きを選択しましょう。一度使うとこれ以外は考えられなくなりますよ。

ちなみに、キャスターを選ぶ際の選択肢としては大きく分けて二つです。一つは二輪、もう一つは四輪です。それぞれメリットとデメリットがありますので説明しますと、二輪は若干軽く、滑り止めが付いているので坂道でも止まるので置き易いです。ただ、重量が増えると重たくなるのがデメリットです。逆に四輪は若干重く、坂道で止めにくいですが、重量が増えても二輪の様に重くなることはありません。一長一短ありますので、自身のTPOに合わせて選択すると良いでしょう。なお、二輪の方が少しだけ安く、四輪は少し高いです。

最後に念の為に言っておきますが、これも必ず丈夫な物を選ぶ事です。もし、現地でキャスターが壊れたら、ただの重い箱になってしまうので、注意しましょう。

 

4. 安全性を考慮する

海外で心配なのが安全性です。日本と違い治安の良くない国や地域もあります。スーツケース選びはセキュリティー面も考慮するべきでしょう。必須なのは鍵付きにする事です。これはほとんど常識的な事になっていますので、基本的には大丈夫かと思われます。

他には、ソフトタイプを選択した場合はファスナーを丈夫な物にすることです。南京錠を付けていても簡単に開けられます。ペン先などの先の細いものを強引に押しあてるだけで中身が取れてしまいます。盗難を防ぐためにも、頭に入れておきましょう。

最後にアメリカ旅行者、もしくは行く予定のある方はTSAロックについて知っておきましょう。アメリカの空港では、テロ対策用に空港職員がTSAロックに対応した特殊キーでの解錠が認められています。もし、対応していない場合、空港職員は鍵を壊してでも荷物検査を行いますので、最悪、現地到着後すぐに壊れたスーツケースで旅をする羽目になります。絶対にそれは避けたいですので、アメリカに行く人、若しくは予定のある人はTSAロック対応は忘れずにしておきましょう。ほとんどのハードケースは対応していますが、ソフトケースの場合は必ずしも対応しているわけではないので要チェックです。

 

5. デザイン面も考慮する

最後はデザインです。黒や白などのベーシックな物も良いのですが、できれば個性溢れる物にすると良いです。ご存知の通り、空港では一旦荷物が手元から離れます。この時に黒や白の普通のスーツケースだと、周りのものとなかなか区別が付かずに探すのが大変です。実際、何度も他人のスーツケースに手を掛けては放している人がいます。できればスムースに空港は離れたいですからね。ほかにも盗難、特にひったくりや置き引きに狙われなくくなります。犯罪者は基本的に目立つ事を嫌いますから当然ですね。

なお、分かりやすくする為にと、白や黒のベーシックなものにシールなどをたくさん貼っている人がいますが、あれは絶対に止めましょう。観光客だと一発でばれて、狙われるだけです。現地の犯罪者にとって観光客は絶好のカモだと言うことは忘れてはいけないのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
海外旅行のスーツケースの選び方についてはご理解頂けたでしょうか。上述した、基本さえ頭に入れておけば、選ぶのもそう難しくはありませんし、大きく外す事もないと思います。あとは、気にいった物を選ぶと良いでしょう。気にいったスーツケースで海外旅行、きっと楽しい旅になりますよ。初めての海外旅行、旅行の行程を想像するだけわくわくすることと存じます。今回ご紹介した5つのポイントをしっかり押さえて、あなたに合ったスーツケースを見つける助けになれば幸いです。

 

海外旅行で自分に最適なスーツケースを見つける5つのコツ

1. 丈夫なものを選ぶ
2. 軽いものを選ぶ
3. 機動性が高いモノを選ぶ
4. 安全性を考慮する
5. デザイン面も考慮する



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!