親日ポーランドは美人が多い?ポーランド人女性7つの魅力

親日ポーランドは美人が多い?ポーランド人女性7つの魅力1

親日ポーランドは美人が多いとよく言われます。確かにポーランドは親日国ですが、美人が多いというのは本当でしょうか?もしそうならその理由は?今回は、ポーランド人女性に興味をお持ちのあなたに知ってほしい「ポーランド人女性7つの魅力」をご紹介します。筆者の身近な経験も踏まえた内容ですので十分参考にして頂けるでしょう。



 

親日ポーランドは美人が多い?ポーランド人女性7つの魅力

 

1. 親日国であるので日本人男性に対する違和感が少ない

親日ポーランドは美人が多い?ポーランド人女性7つの魅力2

よく言われる通り、ポーランドは親日国でポーランド人は概して親日派です。ということは、日本人男性がポーランド人女性と仲良くなれるチャンスが一つ増える、逆に言えばハードルが一つ下がるという事ですね。ポーランドがなぜ親日なのか、いつ頃から親日国になったのかについてはいろいろな見方がありますが、普通、第一次世界大戦後に独立を回復する少し前辺りからと言われています。ポーランドは、周辺諸国とほぼ軌を一にするようにして10世紀末に建国を果たしたあと、18世紀後半に神聖ローマ帝国内のプロイセンとオーストリーの新旧2帝国、そして新興のロシア帝国によって分割されてしまうまで、現在のリトアニア、ベラルーシ、ウクライナの一部を含む中欧の大国でした(ポーランド第一共和国)。独立を回復してポーランド第二共和国が成立する背景には、1905年のロシア第一次革命とその前後の動きがあります。地理的にはロシアを挟んで地球の裏側に位置する、独立回復目前のポーランドと、長い鎖国を解いて列強の仲間入りをし始めた日本が接触していく背景にはロシアがあったのです。詳しいエピソードは省略しますが、その後もロシアをめぐって共通の利害関係を持つことはあっても対立する歴史的事件などはなく、ポーランドは親日国として定着していきます。ちょっと硬いテーマになりましたが、これで美人が多いポーランドが親日国である理由を納得して頂けたのではないでしょうか。

 

2. 長身の女性もいるが日本人男性にピッタリの小柄な女性も多い

親日ポーランドは美人が多い?ポーランド人女性7つの魅力3

経験上ですが、ポーランドのバルト海沿岸地方の出身者は概して長身の女性が多いようです。内陸に入って現在のウクライナに近づくほど小柄な美人女性が目立つようになります。ポーランドに限りませんが、大陸欧州では異民族間の結婚は当たり前で血が混ざり合っていますから、ポーランド人と言っても体型的にはいろいろな人がいるのですね。今は人の移動が自由になったので体型上の地域的な差異は大分希薄になりました。そのせいか、長身の女性と背の低い女性とのコントラストが一際目につくように思います。これがポーランドの特徴なのかどうかなんとも言えませんが、少なくとも相対的に身長が低い日本人男性が、自分の背丈に見合ったパートナーに出会う確率は高くなります。

 

3. 欧州でも有数のカトリック国で家庭的な人が多い

親日ポーランドは美人が多い?ポーランド人女性7つの魅力4

ポーランドは10世紀末の建国の際にカトリックを受容しました。爾来カトリックはポーランド人、特に第一共和国内のポーランド人貴族のアイデンティティーの一つになっていきます。宗教改革の影響も多少ありましたが、多数派にはなりませんでした。特に、1989年に共産党政権を駆逐してソ連圏を脱する上で、ポーランド人のローマ法王ヨハネパウロ2世がその大きな精神的な支えになったことから、今でもカトリック勢力はポーランドで重要な位置を占めています。カトリックの信者は概して保守的で、美人であるか美人でないかに関わらず女性は家庭的な女性が多いですね。ポーランドではその傾向が顕著です。また今でも妊娠中絶には絶対反対という勢力が力を持っていますので、これも頭に入れておくポイントの一つでしょう。

 

4. 言葉での感情表現がとても豊か

ポーランド人女性は、愛情を言葉で表現することがとても好きです。男女間の愛情表現はもちろんのこと、子供に対して、果てはペットに対しても言葉で自分の愛情を表現しようとします。ただしこれはポーランドのと言うより、ポーランドより更に東の国々についても共通の傾向と言えるかも知れません。これは以下の5.と6.のテーマにも共通です。一つ注意しておかなければならないのは、相手にも同じ応対を求めてくるのが普通だという事です。日本語にはこうした表現はありませんから、勢い相手の言葉で対応することになりますが、あなたは違和感なく対応できるでしょうか?うまく行けばこれが「美人に教わるポーランド語」につながっていくかも知れませんね。でも、言葉の上で相手に主導権を握られる事にもなりかねませんから、微妙なところです。

 

5. 本当に美人が多いのか?

親日ポーランドは美人が多い?ポーランド人女性7つの魅力6

統計を取ったわけではありませんが、平均値が高いという事は言えるのではないでしょうか。かつてはポーランド共和国の版図に入っていた現在のウクライナ、ベラルーシまで含めて、顔立ちの整った美人女性が多いのは確かなような気がします。肌の色が綺麗な白色の女性も多いですし、2.で述べた小柄な女性が多いという事も、日本人男性から見て美人のイメージに貢献しているかも知れません。美人の基準もそれぞれの人で異なります。結局実際にポーランドに出かけて自分の目で確かめるしかないという事になりそうなので、このテーマはこの辺で。

 

6. 若いうちに体型が崩れるというのは本当か?


いわば逆の魅力になりますが、これもポーランドに限らず現在のウクライナ、ベラルーシまで含めての共通の傾向だと思います。ポーランド人女性に限って言えば、食事はいまだに肉とじゃがいもが主体ですし、ケーキなどもよく食べます。時期的には特に出産後に目立って体型が変わるという女性が多いようです。ということは最初の出産が早ければ早いほど、体型が崩れる年齢が早くなるという事でしょうか。ただ見方を変えれば、美人の女性が目立つからその分体型の崩れも目立つと言えば言えないこともないので、相対的な問題なのかも知れません。

 

7. 最近のポーランド女性の魅力

親日ポーランドは美人が多い?ポーランド人女性7つの魅力5

これまでは、抽象的なポーランド女性の魅力、或いはステレオタイプのポーランド女性の魅力についてがテーマでした。ポーランドや或いは日本もそうでしょうが、現代は伝統的な魅力だけでなく新しいタイプの魅力を備えた女性がどんどん出てきています。お料理が得意ではない若いポーランド女性も随分見かけるようになりました。一方で、料理が得意な若い男性が増えてきています。また体型を気にしてダイエットに精を出す女性も多くなって来ました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
相手をステレオタイプで見ている段階を超えて、個性と個性でぶつかるようにならないと男女は本当に仲良くはなれません。ではどうやってこの段階を超えるのでしょうか?こればかりはマニュアルがありませんよね。それでも、そこに至るにはやはりポーランド女性ってこんなタイプなんだろうなと思い込みながら接していくプロセスが必要です。そして、知り合うキッカケも大概はそういうところに転がっているものです。でも忘れていけないのは、ステレオタイプはあくまでステレオタイプ。交際を始めた当事者がこれに合致していなければ次のステップに進めないのかと言えばそうではありません。この「ポーランド人女性7つの魅力」で平均的ポーランド女性の姿をまず知って頂き、その上で自分たちだけのプロセスを探ってください。ポーランド人女性に魅力を感じているあなた、或いは具体的に真剣に交際を考えていらっしゃるあなたの参考になることを心からお祈りしながら。。。

 

親日ポーランドは美人が多い?ポーランド人女性7つの魅力

1. 親日国であるので日本人男性に対する違和感が少ない
2. 長身の女性もいるが日本人男性にピッタリの小柄な女性も多い
3. 欧州でも有数のカトリック国で家庭的な人が多い
4. 言葉での感情表現がとても豊か
5. 本当に美人が多いのか?
6. 若いうちに体型が崩れるというのは本当か?
7. 最近のポーランド女性の魅力



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!