ポーランド人と国際結婚して良かったと思う8つの理由

ポーランド人と国際結婚して良かったと思う8つの理由

筆者がポーランド人女性と結婚したのは30年前のこと。当時、国際結婚という言葉には特別な思いが込められていましたし、とりわけポーランド人と国際結婚するといえば「大胆なチャレンジ」と考えられたものでした。この30年間のうち筆者は、ポーランド社会主義時代の最後の10年間にほぼ相当する期間を日本で生活し、体制転換後から移行期を経て2004年にポーランドが欧州連合に加盟した以降の期間を主としてポーランドで生活してきました。体制転換後ポーランド社会は大きく様変わりしましたが、筆者はこの激動期をポーランドで生活してきたことになります。今回は、筆者がポーランド人と国際結婚して良かったと思う理由を8つご紹介します。



 

ポーランド人と国際結婚して良かったと思う8つの理由

 

1. 目立たなかった「落ちこぼれ」が目立つ人になる!

30年前の日本では、連帯労組の話題が新聞紙上を賑わしていたにも拘らず、ポーランドはあまり知られていない欧州の小国でした。国際結婚ということだけでもまだまだ珍しい時期に相手がポーランド人ということで、かなりインパクトがありました。それまでは目立たない一人の青年でしたが、結婚後はあちらこちらから注目の目で見られるようになります。ポーランド人との国際結婚は、どちらかといえば引っ込み思案のあなたにも目立つ人になるきっかけの一つになるかも知れませんね。

 

2. 「お付き合い」についても例外を認めてもらえる!

日本でも若い世代を中心に生活形態が随分変わってきたようですが、日本の社会全体で見ればまだまだ「付き合い」の習慣は残っているでしょう。国際結婚の相手が家庭生活を重視する欧州出身ということで、会社での飲み会など通常のこうした「付き合い」については例外を認めてもらえることが多くなるはずです。国際結婚のメリットの一つです。ただし、例外を前面に出し過ぎては逆効果になりますので、バランス感覚は必要ですね。

 

3. 欧州という別の文化圏を通じて物事を見る!

日本で当たり前と思っている事柄でも、国際結婚の相手が欧州という別の文化圏の出身ということで「どうしてなの?」と疑問を感じることが多々あります。こうした疑問を頭ごなしに否定しては摩擦を引き起こすだけで得るところは少ないでしょう。相手が疑問を感じることで自分も意外な発見ができることが多いですし、なにより自分で考える習慣がつきます。 これもメリットの一つ。

 

4. 言語間の違いに敏感になる!

いうまでもなく、国際結婚の相手は別の言語を話します。異なる言語を話す二人が意思疎通を図るためには相手が言いたいと思っていることを理解しようと努める必要があります。日本人同士の場合、分かって当たり前という思いが無意識に働き、そこから先に進みませんが、国際結婚の場合には有無を言わさずこの努力が必須になります。したがって言葉に敏感になっていかざるを得ません。言語については、国際結婚して良かったと思うことと苦労した経験との両面を備えていますが、ここではポジティブに捉えておきましょう。

 

5. 教養西欧史の外にあるポーランドを知る!

現在は事情が変わっているかも知れませんが、30年前の日本の教養西欧史では、すでに10世紀に建国を果たしていた中東欧の国々、特に現在のウクライナとリトアニアの一部を含むポーランド第一共和国についてあまり記述がありませんでした。プロシア帝国(現在のドイツ)とロシア帝国が中世からずっと存在し続けていたかのような錯覚を起こさせる記述さえ散見されていたようです。いきおい、多少ともポーランドのことを知っている人はその歴史を独自に勉強していることが多く、国際結婚の相手がポーランド出身ということで特別な関心を抱いてくれるケースが多々ありました。そうした友人たちとは共通の話題も多く、これもポーランド人と国際結婚したことのメリットの一つでした。

 

6. 家庭料理を味わう!

ポーランドは文化的な均質性が比較的早くから確立されていて、現在のドイツやチェコといった中欧の国々の料理とは異なるバラエティーに富んだポーランド料理が確固として存在しています。家庭料理を代々伝えるという伝統も長く続いていました。概してデザートを含めて幅広く家庭料理を作るポーランド女性が多いと思います。ただし、これは個人差がある話。家庭料理については、ポーランド人(女性)と国際結婚したメリットの一つですが、個人差チェックも必要との条件付きで、メリットとして挙げることにしましょう(笑)。

 

7. ポーランド女性には美人が多い?を活用する!

ポーランド女性には美人が多いというステレオタイプは今でもあるようです。もちろん、美人の基準は個々人で異なるでしょうが、実はこれもポーランド人と国際結婚したことのメリットの一つになるのです。仕事でもプライベートでもちょっとしたスピーチで自己紹介することが多いと思いますが、このステレオタイプを有効利用することで一味違う自己紹介ができます。

 

8. 「ロシア」を外から見る!

現在のロシアは確かに大国ですが、それ故に一度のめり込んでしまうとその中に埋没してしまう、本当の姿が見えなくなってしまう危険性を常にはらんでいます。ポーランド人と国際結婚したおかげで、またロシア以外のスラブ諸語の国々と関わっていく過程で、ロシア語だけでなくロシアそのものを外から、また違った角度から見られるようになりました。もしかすると、これがポーランド人と国際結婚したことから得られた最大のメリットだったのかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
個人的な経験では、ポーランド人と国際結婚して良かったと思う理由は日本で生活した期間に集中していて、逆にポーランド人と国際結婚して苦労した経験はポーランドに移ってからの期間に集中しているようです。しかし、こうした事柄の多くはメダルの片面で、ポーランド人と国際結婚して良かったと思うことでも実際は同時に苦労した経験を一部含んでいるものです。もちろん、その逆も成り立ちます。また、個人的な経験が普遍化できないことは言うまでもありませんし、30年間の日本、ポーランド両国社会における様々な面での変化にも注意を払わなければなりません。これからポーランド人と国際結婚する計画を持っているあなた、できれば続編の「苦労した8つの経験談」にも目を通して頂き、その上でご自分の参考になる事柄を引き出して頂けると大変嬉しく思います。

 

ポーランド人と国際結婚して良かったと思う8つの理由

1. 目立たなかった「落ちこぼれ」が目立つ人になる!
2. 「お付き合い」についても例外を認めてもらえる!
3. 欧州という別の文化圏を通じて物事を見る!
4. 言語間の違いに敏感になる!
5. 教養西欧史の外にあるポーランドを知る!
6. 家庭料理を味わう!
7. ポーランド女性には美人が多い?を活用する!
8. 「ロシア」を外から見る!

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!