ギリシャ語で絶対に使ってはいけない超危険な単語10選

ギリシャ語で絶対に使ってはいけない超危険な単語10選

スラングはギリシャ人の日常会話でよく耳にします。特に、若者文化や男性の話し方などと密接に関係しており、気のあった相手同士で親しみの意を込めて使われます。しかしスラングは使う相手や場所を間違えると大変失礼ですし危険な場合すらあります。またギリシャにはタブーな単語や、やってはいけないハンドジェスチャーなど、知られていない物が意外とあります。旅行先でトラブルに遭わない様に、またギリシャ人とうまくつきあうために、今回はギリシャ語の危険な単語やタブー10選をご紹介します。



 

ギリシャ語で絶対に使ってはいけない超危険な単語10選

 

1. Μαλάκας / マラカス

ギリシャの若い男性たちが会話していたら、二言に一回は登場するであろうこの言葉。英語のw*nkerと同じ意味ですが、「バカ野郎」くらいのニュアンスで、ギリシャで一番よく使われるスラングです。お互いのことをρε μαλάκα / レ マラカと呼び合ったり、おいちょっとと呼びかける時にも使われます。気の知れた人との間で老若男女使いますが、他人や目上の人に使うのはもちろんNG。親しい間柄だからこそ使える表現だということを覚えておきましょう。基本的に人をこの言葉で呼ぶのは大変失礼な事です。品が悪く聞こえますし、使わない方がよいでしょう。ちなみに優しく・軽くという意味の副詞μαλακά / マラカは、ラではなくカにアクセントを置きます。気をつけましょう。

 

2. Πούτσο / プッチョ

同名のお菓子が日本にありますが、ギリシャでは男性の性器を指します。粗悪品や、我関せずで役に立たない人の事をΕίναι για το πούτσο / イネ ヤ ト プッチョと言ったり、ものすごく寒い時にπούτσο κρύο / プッチョ クリオと言います。とても親しい友人に例のお菓子をお土産にするとちょっと下ネタで話題作りには面白いかもしれませんが、相手の気持ちを害さないかよく考えた上で決めてくださいね。

 

3. Πούστης / プスティス

ペルシア語で「裏側」を意味するpoštがトルコ語でpuştという同性愛者(主に男性同士)を差別する用語になり、変形したものがギリシャでも使われています。ただ、ギリシャは古代から同性愛に非常に寛容的なため実際は差別用語としては使われるよりも「くそったれ」といった意味合いで幅広く使われます。すごくお腹が空いている時にΠεινάω σαν πούστης / ピナオ サン プスティス「プスティスのようにお腹が空いている」と言ったり、逆に例えば素晴らしいゴールを決めた選手を褒める時などもユーモアを込めて使われます。

 

4. Αντε γαμίσου. / アデ ガミス

英語のf*ck youにあたる表現です。γαμώ / ガモという動詞がf*ckに当たります。Γαμώτο!/ガモトは、「クソ!」と言った具合に多用されますが、Γαμώ το μουνί που σε πέταξε/ガモ ト ムニ プ セ ペタクセ、Γαμώ την Παναγία μου/ガモ ティン パナギア ムなど、相手の母親やキリスト正教を侮辱する表現は危険ですので絶対にやめましょう。ちなみに、モではなくガにアクセントを置いたγάμο/ガモは結婚を意味する単語ですので、発音に気をつけましょう。

 

5. Σε γράφω στα αρχίδια μου. / セ グラフォ スタ アルヒディア ム

αρχίδιαとは睾丸のこと。直訳すると「俺の*ンタマにお前を書く」で、男性が言う事が前提です。どうでもよい人や物事を無視する事を意味し、「知ったこっちゃない」や「そんなの関係ない」という具合に使われます。同時に開いた手で自分の股間を指すハンドジェスチャーが添えられることもあり、またこのハンドジェスチャーだけでも同じ意味になります。

 

 

6. Καθίκι / カシキ

シの音は舌を噛む発音です。おまるのことで、狡くて悪意がある人を呼びます。

 

7. Ας στο διάολο. / アスト ディアロ

地獄へ落ちろ、あっちへ行け、此畜生という意で、どうでもいい人や物事に対して使われます。

 

8. Μούντζα・Φασκέλωμα / ムンジャ・ファスケロマ

ファスケロマとは誰かの顔に手のひらをかぶせる、古代ギリシャから使われていた呪いのジェスチャーでした。その後ビザンチン時代に中世ギリシャ語で灰を意味するムンジャと名前を変えます。当時罪人は、罰として顔に灰を塗られロバに乗せられ見せ物にされました。灰を手のひらに取り罪人の顔に塗りつけるのです。その名残から、ジャンケンのパーのように指を広げ、手のひらを人の顔にむけるジェスチャーは、現代のギリシャでも無礼な行為なのです。同時に「これでもくらえ!」というような意味のΝα! / ナ!やΠάρ΄τα / パルタのかけ声がかけられます。ギリシャでタクシーを捕まえようと手を挙げる時、人に手を振る時、そして数字の5を手で示す時は、くれぐれも気をつけましょう!

 

9. Τουρκία /トルコ

四世紀もの間オスマントルコ帝国の支配下に置かれ苦難を強いられたギリシャ人は、トルコに好意を持っているとは決して言えません。例えば、華々しい東ローマ帝国時代の中心地だったコンスタンティノープル(ギリシャ語でコンスタンティノポリ・帝王コンスタンティノスの都の意)は現在のイスタンブールですが、ギリシャ人は現在でも誇りを持ってコンスタンティノポリと呼んでいますし、他のトルコの地名もビザンチン時代から残るギリシャ語名で呼ぶ事が普通です。それは昔の歴史の話、と割り切っている人もいますが、トルコの話が出てくるだけで機嫌が悪くなる人が多いのも事実。特に気の知れない人との政治や歴史の話は控えておいた方が無難でしょう。ギリシャコーヒーをトルココーヒーと呼ぶこともNGですし、トルコの肩を持つような発言も気をつけてください。

 

10. Μακεδονία / マケドニア

マケドニアは古代にアレクサンドロス大王を輩出したマケドニア王国があった地域の事で、そのうちの50%がギリシャの領土です。その中心であった現ギリシャのテッサロニキがある地域がマケドニア地方と呼ばれています。そのためユーゴスラビアが崩壊しマケドニア共和国がつくられた時ギリシャは猛反発しました。マケドニア地方全体の4割以下の領土しか所有していない、マケドニア王国に後から入ってきたスラブ人がほとんどでギリシャ系言語を話していた純粋のマケドニア人とは関係がない、などが理由です。自分たちのアイデンティティにとても誇りを持っているギリシャ人。トルコ問題と同様、政治的な意見は人それぞれですのでこの話題には触れない方が無難です。ちなみにギリシャではマケドニア共和国はスコピエなどの地名で呼びます。

 

まとめ

いかがでしたか?
数多くあるギリシャ語のスラングやタブーの中から厳選しましたが、よく耳にするからといって、言ってもいいという訳ではないことを肝に銘じておきたいですね。罵り言葉であることには変わりません。気持ちよく人付き合いするためにも、勘違いされてトラブルに遭わないためにも、是非覚えておきましょう。

 

ギリシャ語で絶対に使ってはいけない超危険な単語10選

1. Μαλάκας / マラカス
2. Πούτσο / プッチョ
3. Πούστης / プスティス
4. Αντε γαμίσου. / アデ ガミス
5. Σε γράφω στα αρχίδια μου. / セ グラフォ スタ アルヒディア ム
6. Καθίκι / カシキ
7. Ας στο διάολο. / アスト ディアロ
8. Μούντζα・Φασκέλωμα / ムンジャ・ファスケロマ
9. Τουρκία / トルコ
10. Μακεδονία / マケドニア

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!