ミュンヘン在住者に聞く!ミュンヘンのホテル選び7つのコツ

現地在住者に聞く!ミュンヘンのホテル選び7つのコツ!

南ドイツバイエルン州最大の都市、ミュンヘン。経済的に安定していて、欧州内でも比較的安全なこの都市は観光地として人気が高く、良質なホテルが多数存在します。そこで今回は、現地在住の筆者が、ミュンヘンでのホテル選びのコツをご紹介します。



 

ミュンヘン在住者に聞く!ミュンヘンのホテル選び7つのコツ

 

1. ホテル探しの前に

観光地ミュンヘンではホテルも種類豊富です。目的地に合わせてあなた好みのホテルを探し出すことは難しいことではないでしょう。観光を楽しみたいのなら中央駅やマリエン広場周辺を、静かで安いホテルを選ぶなら郊外が良いでしょう。ドイツのホテル料金は一般的に朝食付きでダブルルームが主流。朝食はパンやチーズ、ハム、果物と飲み物のビュッフェ形式。ホテルの朝食は質素でドイツの伝統料理が出ることは少ないので、朝早くからドイツ料理を堪能したい、という方は朝食なしの料金を尋ねておくとよいでしょう。

 

2. 観光に最適!マリエン広場周辺のホテル

ミュンヘンの観光の中心となるマリエン広場。この周辺は有名なスポットが多く、一日で密度の濃い観光ができます。また、地下鉄の最寄り駅から中央駅まで2分ほどなのでアクセスしやすいのも利点です。マリエン広場周辺にホテルをとっておくことで、時間を有効に活用できます。

◆プラッツルホテル(Platzl Hotel)
マリエンプラッツ(Marienplaz)駅徒歩4分。ホテル全体がバイエルン風のデザインなのでミュンヘンを満喫できること受け合いです。シングル:145ユーロ~ ツイン:215ユーロ~

◆コルティナホテル(Cortina Hotel)
マリエンプラッツ(Marienplaz)駅徒歩5分。バーが併設されており、ミュンヘンの街を見下ろしながら個性派のカクテルを楽しめます。シングル:97ユーロ~ ツイン:146ユーロ~

 

3. 空港も観光地も電車一本!中央駅周辺のホテル

ミュンヘン中央駅は空港から直通電車があり、多くの観光地へのアクセスにも非常に便利です。中央駅には日曜日も営業していて、朝早く、夜遅くまでやっているスーパーや飲食店も多いので、買い忘れの際も役立ちます。

◆ル・メリディアンホテル(Le Mendien Hotel)
中央駅(Hauptbahnhof)徒歩2分。ヨーロピアンスタイルの外観が目を引く、フレンチ調のインテリアでまとめられたおしゃれなホテルです。シングル、ツイン:100ユーロ~

◆マリティムホテル(Maritim Hotel)
中央駅(Hauptbahnhof)徒歩2分。バイエルン料理が楽しめる飲食店の他、プール、サウナなど設備が充実しています。シングル:140ユーロ~ ツイン:144ユーロ~

◆シラー・フュンフ・ホテル&ボーディングハウス(Schiller5 Hotel & Boardinghouse)中央駅(Hauptbahnhof)徒歩5分。朝食のビュッフェと清潔感ある客室が人気のホテルです。シングル:81ユーロ~ ツイン:111ユーロ~

◆ホテルオイロぺイシャー・ホーフ(Hotel Europäischer Hof)
中央駅(Hauptbahnhof)徒歩3分の大型ホテル。ネットの予約で割引もあります。シングル:66ユーロ~ ツイン:72ユーロ~

 

4. 中央駅から3分!主要駅センドリンガー門周辺のホテル

ミュンヘン市内で中央駅の次に主要となる駅のひとつセンドリンガー門駅。マリエン広場も徒歩圏内、各観光スポットへもトラムや地下鉄などでアクセスしやすい駅です。

◆アーカントゥスホテル(Azanthus Hotel)
センドリンガートアー(Sendlinger Tor)駅から徒歩3分。隠れ宿的な雰囲気で、居心地の良さにこだわったホテルです。シングル:93ユーロ ツイン:120ユーロ

◆ホテルブリストル
センドリンガートアー(Sendlinger Tor)駅徒歩3分。明るい空間での朝食ビュッフェに定評があるホテルです。シングル:65ユーロ~ ツイン:77ユーロ~

 

5. 昼は活気あり夜は静か。英国庭園周辺のホテル

英国庭園周辺は夜は静かで、昼は活気のある雰囲気が楽しめます。地下鉄でマリエン広場まで5分ほど、観光地へのアクセスも良いでしょう。

◆ウェスティン・グランド・ミュンヘン・アラベラパーク(The Westin Grand München Arabellapark)
アラベラパーク(Arabellapark)駅徒歩2分。ビアホールが併設されており、ドイツビールとバイエルン料理をホテルで楽しむことができます。シングル、ツイン:159ユーロ~

 

6. 静かな住宅地の中で。郊外のホテル

観光地や中央駅周辺は利便性が良い代わりに値段が高く、夜騒がしい場合も多々あります。比べて、郊外の住宅地にあるホテルは静かな時が過ごせる上、地元の人々だけが通うレストランにも出会えるので、ドイツの生活を肌で感じたいという人におすすめです。特におすすめなのがUバーン6のグロースハーデン(Grosshadern)駅。中央駅から30分ほどのこの駅周辺には、レストランやカフェを併設した可愛らしいホテルが多数あります。その上、近くにビアガーデンが3つあるので、ドイツビールやバイエルン料理を楽しめる絶好の場所と言えるでしょう。また、スーパーや小さなショッピングプレイスが徒歩圏内にあるので便利です。

 

7. 長期滞在なら日本語スタッフのいるホテルへ

長期滞在者におすすめしたいのが、日本語スタッフのいるホテル。長期滞在となると日本食や日本語が恋しくなりますし、何か問題が起こった時にも安心です。日本語を話せるスタッフなら美味しい日本食レストランや日本食料品店の場所も教えてくれるでしょう。

◆ガウティンガー・ホーフホテル(Gautinger Hof Hotel)
ガウティング(Gauteig)駅徒歩3分。1908年建造の建物を利用したホテルで、日本語を話すことができるスタッフがいます。中央駅から20分の閑静な住宅街の中にあり、ゆっくりと過ごせるでしょう。シングル:78ユーロ~ ツイン:99ユーロ~

 

まとめ

いかがでしたか?
ミュンヘンのホテルの選び方と相場がお分かり頂けたのではないでしょうか。ホテル選びはあなたの旅の目的で変わってくるかと思います。今回の記事を、ホテル選びの参考にしてみてください。Entspannnen Sie sich!(ごゆっくり!)

 

ミュンヘン在住者に聞く!ミュンヘンのホテル選び7つのコツ

1. ホテル探しの前に
2. 観光に最適!マリエン広場周辺のホテル
3. 空港も観光地も電車一本!中央駅周辺のホテル
4. 中央駅から3分!主要駅センドリンガー門周辺のホテル
5. 昼は活気あり夜は静か。英国庭園周辺のホテル
6. 静かな住宅地の中で。郊外のホテル
7. 長期滞在なら日本語スタッフのいるホテルへ

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!