クアラルンプール空港をもっと快適に過ごす8つのコツ

クアラルンプール空港をもっと快適に過ごす8つのコツ

クアラルンプールを訪れる際に必ず利用する空港。マレーシアにはJAL, Malaysia Airline, ANAなどが乗り入れる空港KLIA(2015年9月以降)と、エアアジアを代表とする格安航空が乗り入れるKLIA2の2つの国際空港があり、市内との間にはKLエクスプレスと呼ばれる東南アジアで最速の電車が乗り入れています。その他にも日本よりずっと安価で利用できるTAXIやバスなど、様々な移動手段があります。そこで今回は、クアラルンプール在住の筆者が、空港内の便利なサービスや、空港からホテルまでの移動手段など、空港をもっと快適に過ごすための7つの方法をご紹介します。



 

クアラルンプール空港をもっと快適に過ごす8つのコツ

 

1. 高速鉄道KLエクスプレス

JAL,マレーシア航空、今年からANAの乗り入れも開始したKLIAと、Air Asiaを代表とするLCC専用ターミナルKLIA2は約1.5km離れています。それぞれの空港とKLセントラル駅の間はKLエクスプレスでつながっています。チケットはKLセントラル~KLIA間RM35(片道)で全て自由席、乗る電車の時刻も自由ですので空港の電車とはいえ通常の電車のように切符さえ購入すればあとは好きな時間の電車に乗ることができます。運行間隔は15~20分となっておりKLセントラルまでの乗車時間はおよそ30分です。メリディン、ヒルトンホテルなどに滞在予定の方は乗り換えなしでホテルまで行けますので便利です。

 

2. チケット制タクシー

マレーシアは日本に比べてTAXI料金がとても安いです。またホテルの集まるBukitBingtangへは、バス、電車ともに乗り換えが必要になる為空港からホテルまでの経路として一番利用されているのがTAXIです。TAXIはTAXI Counterと呼ばれているチケットカウンターで購入します。定額制の前払いTAXIカウンターとメーター制のTAXIカウンターがありますが遠距離でしたら前払いの定額制TAXIのほうがお得でしょう。カウンターで行先を告げ、料金を払ったらクーポン券を受け取ります。カウンタースタッフから○番と指示がありますので言われた番号に駐車しているタクシーに乗ります。TAXIカウンターに行くに途中には流しのTAXIをすすめてくる人がいますが後で法外な値段を要求してくる可能性があります。決して流しのTAXIには乗らないように注意してください。

 

3. 節約旅行にピッタリ!高速バス

空港からホテルまで安価にすませたいなら断然Busがお勧めです。KLセントラルまでおよそRM10とタクシーや電車に比べると格段に安価で市内に行けます。ほとんどのバスがKLセントラル行きですが中華街やBukitbingtang近くのプドラヤバスターミナル行きのバスもあります。またクアラルンプール以外の場所(マラッカ、ゲンティンハイランド、イポー等)行きなど長距離BUSも運行しています。こちらもTAXI同様にBUSカウンターがありますのでどこ行のBUSに乗りたいのか伝えるとスタッフが何番のターミナルへ行くよう指示があるのでそこに止まっているバスに乗ってください。出発スケジュールなどは特になく、Busに乗る人がある程度集まったら発車しますので、利用する際には余裕をもって乗車しましょう。

 

4. KLIA2でスポーツバックを預ける際の注意点

KLIA2でゴルフバックや、サーフボードなどのスポーツバックを預ける際は通常の荷物とは別の場所に預ける必要があります。通常のチェックインを済ませた後にCheckin/BaggageDrop カウンターにて預けてください。またKLIA2でスポーツバックを受け取る際も通常の荷物レーンから出て来ずにスポーツバック専用カウンター(荷物レーンの一番奥)まで取りに行く必要がありますので注意してください。

 

5. スーツケースやスポーツバッグなどの荷物に傷を付けたくない方必見!ラッピングサービス

荷物に傷がつくのを守るラッピングサービスはKLIA,KLIA2またKlセントラル駅で利用可能です。食品包装に使うサランラップのような無色透明の素材で、荷物をぐるぐる巻きにし、傷や衝撃から守ります。 ダンボールやバックに入り切らないような大型のオモチャなど、なんでもラッピングできちゃいます。ラッピングサービス/KLIA は5F 出発ロビーに、KLIA2はPublic concource,Level3,にあります。

 

6. 手荷物預かり所 

KLIAとKLセントラル駅構内には一時手荷物預かり所があります。KLIAは到着ホールのメインターミナルに、KLIA2は到着ホールのLevel2にそれぞれあり、料金は大きさ、預ける機関によって異なりますが一番小さなサイズでRM18から。KLセントラル駅にはLevel2にあります。KLエクスプレスはLevel1に到着しますので一つ上の階、KFCの近くにあります。KLセントラル駅近くにはインド人街や国立博物館がありますのでホテルのチェックイン前や空港に行く前に観光をしたいという時に便利です。

 

7. KLIA内で無料トレッキング体験

帰国の際空港に早く到着してしまい時間を持て余してしまうなんてことありますよね。そんな時は無料で体験できる森林トレッキングに参加してみてはいかがでしょうか?クアラルンプール国際空港KLIAは森の中の空港がテーマになっており、故黒川紀章氏が設計に携わり、建物と森林との調和が随所に見られる造りになっています。このテーマの元 サテライトの中央部分にはKLIA JUNGLE BOARDWALKと言われる無料で森林トレッキングを体験できる場所があります。空港にいながらまるで森林にいるような体験ができ、滞在の最後まで南国マレーシアを満喫出来ちゃいます。

 

8. トランジットホテルSAMASAMA

KLIA KLIA2の空港内にはトランジットホテルのHotel SamaSamaがあります。(KLIA2サテライトターミナル出発ホールLevel3)こちらのホテルは宿泊に加え、6時間までデイユースでの利用も可能(6時間以上は追加料金が発生)ですので、深夜便などのフライト前に使えそうですね。また、2,3時間の滞在であれば同ホテルの有料ラウンジの利用をお薦めします。有料ラウンジは午前6時30分から午後10時30分まで利用可能で軽食、シャワー、インターネットアクセスが提供されています。※Hotel SamaSama系列のホテルはKLIA,KLIA2に合わせて3つあります。名前もとても似ているので予約の際にはロケーションをきちんと確認しましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
トランジットホテルや手荷物預かり所などクアラルンプール国際空港には様々な施設があります。無料トレッキング体験ができるKLIA JUNGLE BOARDWALKはぜひともトライしてみたいですね。様々なサービスを賢く利用して快適な旅行にしてください。

 

クアラルンプール空港をもっと快適に過ごす8つのコツ

1. 高速鉄道KLエクスプレス
2. チケット制タクシー
3. 節約旅行にピッタリ!高速バス
4. KLIA2でスポーツバックを預ける際の注意点
5. スーツケースやスポーツバッグなどの荷物に傷を付けたくない方必見!ラッピングサービス
6. 手荷物預かり所
7. KLIA内で無料トレッキング体験
8. トランジットホテルSAMASAMA

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!