ハワイ旅行で絶対に時差ボケにならない6つの方法

ハワイ旅行で絶対に時差ボケにならない6つの方法

ALOHA!
澄み渡る青空とまぶしい太陽、光を受けてキラキラ輝く美しい海、そして至る ところで咲き誇る鮮やかな花々。南国ハワイでの楽しみ方は無限大です。エステにショ ッピング、ローカルグルメ探訪にスポーツアクティビティ。行きたいスポット、食べたいものリスト作りにと、きっと皆さん余念がないはずですよね?でもちょっと待って!ハワイでの滞在を万全の体制で楽しむためには「ハワイプレ初日」すなわち飛行機搭乗日の準備と「ハワイ初日」の行動がポイントなのです。では、快適なハワイ旅行へのコツをご紹介しましょう。



 

ハワイ旅行で絶対に時差ボケにならない6つの方法

 

その1:時差とハワイまでの所要時間を把握しよう

日本とハワイの時差は19時間です。と言っても「いち、に…」と19回指折り数える のは面倒ですよね。日本時間から5時間時計の針を進めた前日、と考える方が簡単かもしれません。日本発ハワイ行きの飛行機は大抵の場合約7時間の夜間飛行、日付変更線を越え、出発日同日の朝ハワイへ到着となります。

 

その2:空港では快適フライトに向けての最終チェックをしよう

心が躍る洗練された非日常空間、空港。食事や免税店でのショッピングなど楽しみ方は 様々です。さてここ空港は、快適な空の旅に向けての最終チェックポイント。「機内の 冷房と極度の乾燥の為に睡眠がとれなかった、体調を崩した」なんてことになると、時差ボケまっしぐら、せっかくのバカンスが台無しです。冷房、乾燥対策アイテムはお持 ちですか?預け入れのスーツケースとは別に、手荷物として携帯するようにしましょう。 また GW やお盆休み、お正月等、同時期に多くの人が空港を利用する時期は予想以上の混雑に気持ちが焦り、トラブルが発生しがちです。時間の余裕を心掛けて行動したいも のです。

 

その3:飛行機では睡眠と休養をしっかり取ろう

気持ちはすでにハワイ!わくわくドキドキのはやる気持ちを抑え、機内ではしっかり睡 眠と休養を取り、リラックスを心がけハワイ初日に備えましょう。ここでしっかり睡眠が取れると時差ボケにかかる確率をかなり減らすことができ、ハワイ到着後から元気に 行動することができます。冷房対策アイテムはストールや着脱簡単な羽織もの、乾燥対策アイテムとしてマスクや保湿クリームがお勧め、また耳栓や簡易スリッパもお役立ちアイテムです。

 

その4:初日のカギは「欲張らない」

夜間飛行を終え目が覚めれば朝のハワイに到着!さあ、いよいよ街へ海へ繰り出しまし ょう。ハワイ初日は気持ちが高揚しているため何かと欲張って予定を詰め込みがちですが、ここで無理は禁物です。体内時計を徐々にハワイ時間に慣らして2日目の朝から元 気に旅を楽しむためにも、到着日の行動はゆとりを持ちゆったりと楽しみたいものです。 また初日は十分な就寝を取るためにも、早い時間の夕食を心がけましょう。

 

その5:時差ボケ対策にはハワイの太陽を味方につけよう

時差ボケとは体内時計の不具合が身体の不調となって現れるものです。この不具合の修 正に効果があるのが、キラキラとまぶしく輝くハワイの陽ざしなのです。ビーチでのんびりとくつろぎながら、そして街の散歩を楽しみながら、太陽の光を浴びて体内時計を調整し時差ボケを解消しましょう。ただし、紫外線対策はしっかりと!ハワイでは気温が高くても湿度が日本ほど高くなく、そして涼しい貿易風のおかげでサラッとした空気が心地よいため油断しがちですが、紫外線の量は日本と比べものにならないくらいに強力です。使い慣れた日焼け止めとサングラスをお忘れなく。

 

その6:時差ボケ対策を旅のプランに組み込もう

ハワイの太陽の光を全身に浴びて体内時計の調整をするのと同様に、ハワイならではの 時差ボケ対策をご紹介します。初日の予定として旅程に組み込み、リフレッシュしながら時差ボケ対策を楽しみましょう。まず最初にハワイ伝統のマッサージ「ロミロミ」を 体験してみるのはいかがですか?古代ハワイアンが医療として行っていたマッサージ でフライトの疲れやコリ、むくみを解消し、気分すっきりハワイ滞在のスタートをきりましょう。特にワイキキ内には日本人スタッフによるロミロミサロンが多数点在していますので、言葉の問題もなくリラックスして施術を受けることができます。また、施術中にフライトの疲れからうっかり眠りに落ちてしまったとしても寝過ごす不安がないため、夜の睡眠の妨げになることはありません。 さてすっきりリフレッシュした後は、美しい景色を楽しみながらのランチはいかがでし ょうか?食事をしっかり取り体内時計を調整することも、時差ボケ対策のひとつです。 ハワイにはオープンエアのレストランがたくさんありますので、南国の雰囲気を全身で楽しみながらの食事が可能です。またワイキキの至るところで見かけるABC ストアやプ レートランチ店で食事を調達し、公園やビーチでピクニックランチを楽しむのも良いで すね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ハワイでのバカンスは目前です!ハワイ旅行満喫のカギは「出発日と初日 の行動が肝心」ということがおわかりいただけましたか?これらのコツの数々は、時差ボケ対策だけにお役立ちというわけではありません。例えばその3でご紹介した飛行機内で使用するストールや羽織もの、これは滞在中にも大活躍間違いなしのアイテムです。 ハワイではバス、レストランやショッピングモール内は時に震え上がるほどの冷房が効 いています。また真夏でない限り、ハワイの朝夕は思いのほか肌寒く冷え込みますので、 お手持ちのアイテムでしっかり対策してくださいね。さらにその5でご紹介した街歩き、 これはホテル周辺やショッピングモール等の位置を把握するのに役立ちます。土地勘があると、翌日以降の行動もスムーズになりますね。もしあなたが旅行会社のトロリーバ スを利用できるのであれば、地図を片手にグルッと街をまわり、車窓から景色を確認してみるのもおすすめです。

それでは、万全の体制でステキなハワイの旅へお出かけください。行ってらしゃい!

 

ハワイ旅行で絶対に時差ボケにならない6つの方法

その1:時差とハワイまでの所要時間を把握しよう
その2:空港では快適フライトに向けての最終チェックをしよう
その3:飛行機では睡眠と休養をしっかり取ろう
その4:初日のカギは「欲張らない」
その5:時差ボケ対策にはハワイの太陽を味方につけよう
その6:時差ボケ対策を旅のプランに組み込もう



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!