ハワイ生活のために絶対押さえるべき5つの不動産事情

ハワイ生活のために絶対押さえるべき5つの不動産事情

「ハワイで暮らす」ハワイが大好きで毎年行ってる人なら一度は考えることですよね。ハワイは過ごしやすい気候の上、治安も良く、日本語だけでもある程度生活可能で、移住、長期滞在に向いています。留学、仕事、あるいは退職後の生活をハワイで過ごす場合、一番最初に気になる事がハワイの不動産事情です。住む家のイメージがわかなければ具体的な計画も立てづらいものです。ハワイの住居スタイルは大きく分けると5つに分かれていて、オーナーとして不動産を所有する「1.戸建」「2.コンドミニアム」「3.タイムシェア」、そして住居をレンタルするタイプの「4.レンタルアパートメント」「5.バケーションレンタル」があります。それぞれメリット・デメリットを持ち合わせていて、実際にハワイ生活を計画するときには必ず押さえておく必要があります。今回は、ハワイで生活するために、知っておいてほしい不動産事情をご紹介します。



 

ハワイ生活のために絶対押さえるべき5つの不動産事情

 

1.あこがれのハワイ生活、夢の「戸建」を購入!

滞在中も自宅にいるような感覚で、庭でバーベキュー、ホームパーティーを楽しみたいなどセカンドハウス希望者も今では多くなってきました。もちろん購入する術があるならの話です。ハワイは自然や文化の保護の環境から開発地が限られており、建てられる数に限りがあります。そのため不動産価値は極端に下がることは希です。資産の所有性は日本よりも安定し、ある程度人気の物件を購入しておけば売却時もリスクが少なく済みます。オーナーがハワイ不在期間をレンタルへ出すなどで、物件購入の為に投資した額の回収にあてられます。セキュリティー面では日本の戸建事情より厳重を心がけることが大切です。

戸建のメリットは、リフォームなども個人の自由、理想な家での生活を送ることができます。デメリットは、ライフラインも含めて全て自己管理、滞在頻度や管理者がどこまで自分でなせるかです。これさえクリアすれば、あなたもセカンドハウスのオーナーです!

 

2.コンドミニアムを所有して、リゾート中心地で優雅に過ごす!

コンドミニアムは大抵リゾート中心地に立地しており、オアフ島ならワイキキ・アラモアナでしょう。新築高級コンドミニアムから築35年などの古いコンドミニアムまで選ぶに豊富です。キッチンやラナイ(ベランダ)が付いて、ハワイで暮らすように滞在できます。オーナー不在時期は戸建同様レンタルに出すことも可能です。ハワイの不動産の珍しい部分は築5年以内なら新築として扱われるところにあり、築5年と比べると35年物の方も劣らずの人気、管理費が安いというところに人気が集まります。セキュリティーは戸建よりはシステム化されており、建物、公共の場所は管理会社の範囲となり、外出時は玄関の鍵一つで済みます。日本の集合住宅と同じです。

コンドミニアムを所有するメリットは、ホテル泊とは異なり旅の予算でや宿代やチェックイン時間など気にすることはなく心地よく滞在できるでしょう。ただ、建物自体の共有部分の不具合などはオーナーの管理下ではありませんから即解決を言うわけにはいかないのがデメリットかもしれません。

 

3.タイムシェアで一定期間部屋のオーナーとして滞在を楽しもう!

タイムシェアとはリゾート物件(コンドミニアムなど)を1週間単位で所有できる権利のことです。一般的には管理費が年間500ドルほど、オーナーとして利用する場合は、宿泊税のみで宿泊費はかかりません。購入した権利が不動産として正式に登記されるため、資産として相続でき、売却することも可能です。1つの物件の1年の利用権を1週間ずつに区切り、年間51週が売り出され、1物件に対しオーナーは51人までに限られていますのでオーナーがあふれることもありません。ワイキキではこのタイムシェアの紹介と購入を期待し、体験宿泊のサービスを実施したりしております。

タイムシェアのメリットは、戸建やコンドミニアムを買うほど資金がない、車を買うくらいの資金で気軽にリゾート物件の一時的なオーナーになれるというところです。ただ、毎年の管理費は消して少額でなく、タイムシェアを利用してハワイを訪れる頻度がどのくらいなのかをしっかり検討しないとお金ばかりが掛かってしまいます。

 

4.資産的損得がないレンタル派。バケーションレンタル、コンドミニアムのレンタル

ハワイで生活をおくる住居は、戸建やコンドミニアムを賃貸で利用する手段もあります。貸別荘を借りるという方法です。ハワイにもたくさんのバケーションレンタル物件があり、中期滞在者、団体での滞在者に人気です。大きい庭とプール付き、ラナイからの絶景などなど、日本の日常では味わえない家に旅中体験でき、ホテルとは違った滞在経験が出来るでしょう。バケーションレンタルの立地は閑静な住宅街にあり、リゾート中心の街中とはちがい静かにのんびり滞在するに向いてます。生活必需品はすべて揃っており、必要なものは食材などの消耗品のみです。コンドミニアムのレンタルについてもは滞在のスタイルは同様です。コンドミニアムはマンションの一室を借りることと同じ。戸建かマンションかの違いです。どちらも借りる際は物件のオーナーへの直接交渉となります。ネットなどで直接やり取りして交渉を成立させる方、エージェントを介してオーナーへ交渉、契約させてもらう方法もあります。エージェントからのレンタルはトラブルなどのサポート体制があるため安心です。エージェント別にレンタル条件は異る事もあります。自分の滞在スタイルと予算など、ホテルとレンタルの違いを考えてから予約を入れる事をおすすめします。

上記に述べたようにバケーションレンタルは街の中心からはずれた住宅街にあり、交通の便はよろしいとはいえません。車を足に買い物や観光に出かけることとなりデメリットと言われても仕方ありませんが、広い敷地の高級感あふれる家で一軒まるごとレンタルなわけですから、十分プライベートに配慮した優雅でおちついた時間を過ごせることがメリットです。レンタルコンドミニアムはホテル同様、街の中心でリゾートを満喫できますが、ホテルと違ってクリーニングなど頻繁に入りませんので、そのへん不便を感じる方は多いかもしれません。

 

5.新聞広告から賃貸情報を仕入れて、賃貸アパートを借りる

留学や仕事で長期ハワイに滞在する。アパートで普通に暮らしたいという方に、賃貸アパートをオススメします。賃貸アパートの入居者募集は日本と少し違います。まず、直接建物に「FOR RENT」と看板がある場合があります。建物の所有者に直接賃貸の交渉をしても構いません。そして、日本と同様不動産屋のお世話になる方法、いわゆるお部屋のオーナーとの交渉をお願いする方法ですね。その他新聞広告の不動産物情報欄を活用しよう。日本では賃貸関係の雑誌があったりしますが、ハワイでは新聞にそれらの情報が内容濃く載っています。それらを活用するために、最低限この2つの言葉は知っておきましょう。

◆Apartment Furnished(家具付きアパート)
家具なし物件よりも家賃は高め。生活に必要なものは揃っており、身一つで生活が始められる。1年未満の短期滞在の場合に適しています。

◆Apartment Partly Furnished(部分的に家具付きアパート)
冷蔵庫と電気コンロ台、オーブンなどのキッチン設備が付いた部屋のことをいいます。ワイキキやホノルル中心部はほとんどこのタイプのお部屋です。

家具付きアパートが主流のハワイ、入居後は不自由なく生活がスタートできることがメリットで、デメリットはせっかく賃貸を申し込んでも、ビザの取得がなかったり、3ヶ月以内の契約の場合は契約を断られます。あくまでも6ヶ月から1年の滞在以上でなければ賃貸の契約は無理です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ハワイで生活したい、別荘が欲しい、部屋を借りて暮らすような滞在を目指しているなど滞在の形はいろいろです。建物や一室を購入することは資産として残される分、リスクもあります。ハワイの物件、価値あるものはロケーションとビューで決まります。オーシャンフロント、オーシャンビュー、コンドミニアムであれば高層階が価値ある物件となり、価値の高い物件を選ぶことは貸出や売却時にも評価は大きく関わります。そしてハワイで賃貸物件を借りる場合、最低でも6ヶ月以下の契約はバケーシションレンタルとなりますので家賃は割高になります。賃貸はデポジットと呼ばれる保証金と最初の月の家賃を支払うシストムが大半です。英文契約書をよく読む、可能なら日本語に訳された契約書をいただく事です。トラブルの際、契約書に従ったフォローとなりますからその点は非常に大事です。生活スタイル、家族構成の変化により住居を転々と変える事は欧米ではよくあること。購入・賃貸の物件も手放して次に移る決断も早く、その点は日本人とは異なります。ハワイでの住居も欧米的感覚で探すことはよい不動産を手に入れる成功の鍵であるでしょう。

 

ハワイ生活のために絶対押さえるべき5つの不動産事情

1.あこがれのハワイ生活、夢の「戸建」を購入!
2.コンドミニアムを所有して、リゾート中心地で優雅に過ごす!
3.タイムシェアで一定期間部屋のオーナーとして滞在を楽しもう!
4.資産的損得がないレンタル派。バケーションレンタル・コンドミニアムのレンタル
5.新聞広告から賃貸情報を仕入れて、賃貸アパートを借りる



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!