中国の時差を利用して最高の旅行にする6つのコツ

中国の時差を利用して最高の旅行にする6つのコツ

中国旅行、あなたはどんな旅にしたいですか?五千年の歴史を色濃く残す町並み、地方ごとに特色を持った中華料理など様々な期待があることでしょう。日本の隣国である中国は一般に距離が近くフライト時間も短いと思われがちですが、その国土の広さゆえ都市ごとに日本からの距離に大きな違いがあります。ぜひ旅行前に時差やフライト時刻をしっかり把握しておきたいですよね。今回は中国の時差・フライト時間等を詳しく調査し、旅行に際して考慮したい6つのポイントをまとめてご紹介します。



 

中国の時差を利用して最高の旅行にする6つのコツ

 

1. 日本との時差は1時間

日本と中国の時差は1時間、日本が朝9時のとき中国での時刻は1時間遅い朝8時となります。これだけ聞くと中国旅行に際して時差の問題はほとんどないように思えるかもしれません。しかしここで注意したいのが、中国の国土の広さ(日本の約25倍!)からくる“実質的な”時差の存在です。中国は東端の黒龍江省(東経約135度)から西端の新疆ウイグル自治区(東経約75度)まで60度の経度差があります。それにも関わらず、単一のタイムゾーンを採用(北京(東経約120度)時間)しているため、朝6時に北京では日の出の時刻であっても、経度30度西方に位置するウルムチ(東経約88度)では実質的には午前4時の真夜中ということになるのです。そのため新疆ウイグル自治区では、商店の営業時間などに関して、北京標準時より2時間遅いウルムチ時間が採用されることが多いのです。もしあなたが中国の西方に旅行されるのであれば、商店や観光地の営業時間などをしっかりチェックしておくことをお勧めします。

 

2. フライト時間は都市により大きく異なる

上述のとおり中国の国土は広大なため、都市ごとにフライト時間が大きく異なることには注意が必要です。上海、大連など沿岸部に位置する都市へのフライト時間は2-3時間である一方、三国時代の蜀の都として知られる成都など西方の都市へのフライトには6時間以上かかります。そのため、「中国は近いからフライト時間も短いんでしょ」と安易にかんがえず、しっかりとフライト時間を確認し、機内での時間の使い方等に関して十分に準備し、快適なフライトにしましょう。

 

3. 目的地が大都市で時間優先なら直行便

中国は日本との観光客の行き来が多いこともあり、上海、北京等主要大都市に対しては、成田・関空などから多く直行便が飛んでいます。あなたがもし、時間を優先し、効率よく旅行を楽しみたいのであれば、直行便の利用がおススメです。航空会社は全日空、日本航空など複数あり、ほぼ毎日運航しています。運賃は成田-大連の場合、閑散期で片道40,000~50,000円(燃油チャージ込)となります。

 

4. 価格重視なら乗継便やLCCを有効活用

あなたがコストを重視するのであれば乗継便も検討する必要があるでしょう。乗継便を利用する方法には乗継便としてセットになった航空券を購入する方法と、目的地までの乗継に必要な航空券を自分で購入する方法があります。前者としては大韓航空が運航する成田発ソウル経由北京便などがあり、直行便に比べて割安な運賃となっています。後者は目的地までの複数のLCCの航空券を乗継の時間を考慮して購入する方法で、日本から中国への移動に関してはピーチ・アビエーションや春秋航空が利用できます。例えばピーチ・アビエーションでは関空から香港への直行便を毎日2便、春秋航空では、茨城・佐賀・高松など主要都市以外から上海・深圳便が週数便運航しています。価格も片道10,000円程度(燃油チャージ込)からと割安な料金体系となっています。そして香港・上海から中国国内便で他都市へ移動すれば比較的低コストでの移動が可能な場合が多いのです。到着地から他の都市へチケット自分で手配する必要があるので若干手間はかかりますが、時間にこだわりがなければ利用を検討してみるのもいいかもしれません。ただし、LCCの利用にあたっては、本数が少ないため乗継の時間間隔が空いてしまうこと、受託手荷物について重量・サイズ制限があり、超過時に別途料金が必要になること、予約キャンセルの場合、払い戻しがない場合が多いことなどに注意する必要があります。

 

5. 祝祭日以外の期間がおススメ

中国で重要視される祝祭日は、何といっても春節です。この春節(旧暦1月1日)前後の数週間は、各国から中国への帰国者が一番増える時期です。また夏休み、冬休みなども旅行者に加え、数万人といわれる中国人留学生をはじめとする在日中国人の帰省時期と重なり航空券が値上がりする傾向があります。

 

6. 中国の国内交通をうまく使おう

中国の空港についたら次はホテルや目的地へ移動する必要があります。空港からの移動のための国内交通についても注意が必要です。交通手段としてはバス、電車、タクシーなどがあります。このうち最も簡単なのはタクシーでの移動ですが、中国では料金の基準を知らない観光客に、高額な料金を請求するドライバーが多いため、もしタクシーを利用するのであればあらかじめ目的地までの値段の基準を空港の係員などに確認し、タクシーに乗る際に料金をしっかり念押しすることが重要です。また地下鉄、電車などについては、大都市では英語が併記されていることも多くなっているので、あなたが旅行のコストを押さえたい場合は有効利用を検討しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
中国は日本との人的交流が盛んで、旅行者も多い分、旅行の仕方にも様々な選択肢があります。短時間で快適に旅行した方は、直行便で移動し観光を満喫するのもいいですし、時間に余裕がある方は、LCCの乗継便を利用し、様々な都市を周遊しながら目的地に向かうのもよいでしょう。中国は都市ごとに様々な特徴や文化があります。ここで紹介した情報を参考に、あなたにとって忘れられない旅にしてくださいね。

 

中国の時差を利用して最高の旅行にする6つのコツ

1. 日本との時差は1時間
2. フライト時間は都市により大きく異なる
3. 目的地が大都市で時間優先なら直行便
4. 価格重視なら乗継便やLCCを有効活用
5. e. 祝祭日以外の期間がおススメ
6. 中国の国内交通をうまく使おう



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!