中国語の挨拶センスがぐっと上がる超便利20フレーズ

中国語の挨拶センスがぐっと上がる超便利20フレーズ

中国語を始めてまず知りたいのが「挨拶」ですよね。挨拶はコミュニケーションのための最初の一歩で、相手との距離がぐっと縮まる魔法の言葉です。そこで今回は、中国語の挨拶のセンスがぐっと上がる便利な20フレーズをご紹介します。



 

中国語の挨拶センスがぐっと上がる超便利20フレーズ

 

1. 你好!(にーはお)

「こんにちは!」もう誰もが知っているフレーズですね。昼でも夜でもどんな時にも使える便利な挨拶言葉です。ただ中国語には四声がありますので、しっかりメリハリをつけて発音することを心掛けて下さい。

 

2. 晚上好!(わんしゃんはお)

「こんばんは」ですね。後にも出てきますが、基本的に時間帯やシチュエーションに合わせてふさわしい言い回しを使うと、とても中国語通に見られます。夜の場合は「你好」よりこちらを使うと良いと思います。

 

3. 大家好!(ダージャーハオ)

「皆さんこんにちは!」です。大勢の前で挨拶をする時に使います。笑顔で元気よく、思い切って挨拶するととても喜ばれますよ。やはり「つかみ」は大切ですよね。

 

4. 欢迎你(ファンインニィ)

「ようこそ」という意味です。こちらがお客様を招いた時に使う言葉ですね。例えば日本に来ている中国人に「欢迎你来日本」(ファンインニィ ライリーベン)「日本へようこそ」という風にも使えます。

 

5. 初次见面(チューツゥジェンミエン)

「はじめまして」です。中国ではこういった挨拶をする習慣はあまりありませんが、確かに初めて会うわけですから使っても問題ありません。

 

6. 你辛苦(ニィシンクゥ)

「お疲れさま」という意味です。これももともと中国ではなじみのない挨拶なのですが、最近は日本人の影響かよく使われるようになりました。

 

7. 请多关照(チンドゥオグアンジャオ)

「よろしくお願いします」。実はこれ和製中国語というか、日本人のために作られた言葉です。この挨拶、もともと中国には全くない習慣で他の言葉で十分用を果たせるのですが、日本人としては挨拶にこれを言わないとどうしても落ち着かない、ということでそれに近い言葉を作り、日本で紹介されるようになったものです。同じパターンで「请多指教」(チンドゥオジージャオ)「よろしくご教示ください」という言い方もあります。

 

8. 怎么称呼你呢?(ゼンマ チェンフニィナ)

「何とお呼びしたらいいですか」「お名前は何と言いますか」という意味です。中国式ではまず自分の名前を紹介した後に相手の名前を尋ねます。挨拶の基本ですね。

 

9. 认识你很高兴(レンシニィ ヘンガオシン)

「知り合えてうれしいです」これはもう鉄板ですね。挨拶して互いに自己紹介した後、この言葉を言って握手を交わせば一通りの挨拶が終了します。

 

10. 好久不见!(ハオジュウブジェン)

読んで字のごとく「お久しぶりです」という意味です。日本と同じ感覚で使えます。

 

11. 您老家在哪里?(ニンラオジャア ザイナァリ)

「ご実家はどちらですか?」という意味です。日本でもそうですが、やはり相手を知るためには故郷を尋ねるのが基本なようです。相手の故郷について知識があれば喜んでもらえますし、話が弾むこと請け合いです。中国に行く前知識として中国の省や大きな都市は知っていて損はないと思います。

 

12. 我先走(ウォシェンゾウ)

「先に行きますね」という意味になるでしょうか。日本ではあまりなじみのない挨拶ですが、中国ではどんなシチュエーションであれ、先に帰る人が必ず口にします。それに対して送る側の人は「慢走!」(マンゾウ)「ゆっくりね!」と言ってお見送りが完了します。セットで覚えておいてください。

 

13. 再见!(ザイジェン!)

これは誰もが知っている中国語ですね。「また会いましょう」という意味になります。中国語にはシチュエーションによってバリエーションが異なり、明日会うなら「明天见」(ミンティエンジェン)、午後にまた会うなら「下午见」(シアウゥジェン)、もう少ししてから会うなら「回头见」(ホイトウジェン)などいつ会うかをより具体的に表現します。

 

14. 一路平安!(イールゥピンアン)

「道中ご無事で」という意味合いです。少し古い言い方になりますが、相手の道中の安全を願う中国らしい表現です。日本人が使うととても喜ばれると思います。

 

15. 请问(チンウェン)

「ちょっとお尋ねします。」人にものを尋ねる時の言い方です。旅行に行くと、道やトイレ、ホテルなど場所を尋ねる場面が多いですよね。よく使うフレーズですので覚えておいてください。

 

16. 不好意思(ブゥハオイース)

ここから「すみません」の言い方を3つご紹介します。日本語は「すみません」で「ありがとう」から「ごめんなさい」まで幅広くカバーできますが、中国語ではシチュエーションによって使い分けます。この「不好意思」は「お恥ずかしい、面目ない、申し訳ない」というニュアンスで使います。

 

17. 麻烦你(マーファンニィ)

「麻烦」は「煩わしい、面倒」という意味で、特に相手に「お手数をおかけして申し訳ない」というシチュエーションでの「すみません」に使われます。当然「ありがとう」の後に言うこともできます。

 

18. 对不起(ドゥイブチィ)

これはいわゆる「ごめんなさい」です。人にぶつかった場合や自分に全く非がある時の謝罪に使います。ただ中国では基本的に自分から非を認めることはしませんので、あまり日本ほど多用されることはありません。

 

19. 哈喽!(ハロウ!)

ここからは番外編です。これは英語「hello」を表す表現で、最近若者を中心に増えてきています。携帯やパソコンの中国語入力で「halou」と入力して変換すると上位に表示されます。もちろんフォーマルな場や年上の方には使いません。外来語のない中国語では、このように音に合わせて漢字を当て、新しい言葉を作りだします。

 

20. 吃饭了吗?(チーファンラマ)

「ご飯食べたか?」です。面白いことに筆者が住む福建ではこれが挨拶です。地元の人は「你好」なんて使いません。しかも朝なら「朝ごはん食べたか?」昼は「昼ごはん食べたか?」夜は「夜ご飯食べたか?」といちいち表現を変えて挨拶しています。ちなみに広東省辺りでは「洗澡了吗?」(シャワー浴びたか?)が挨拶になります。地方ごとに特色があってとても面白いですね。

 

まとめ

いかがでしたか?
挨拶はコミュニケーションの第一歩、挨拶をすることで相手との距離がぐっと縮まり、より友好を深めることができます。中国語は話せなくても、挨拶だけでも練習して旅先で実際に使ってみると、とても喜ばれますよ。色々な挨拶を使いこなして、中国旅行を楽しく、思い出深いものにして下さい。この20フレーズがあなたのお役に立てば幸いです。

 

中国語の挨拶センスがぐっと上がる超便利20フレーズ

1. 你好!(にーはお)
2. 晚上好!(わんしゃんはお)
3. 大家好!(ダージャーハオ)
4. 欢迎你(ファンインニィ)
5. 初次见面(チューツゥジェンミエン)
6. 辛苦你(シンクゥニィ)
7. 请多关照(チンドゥオグアンジャオ)
8. 怎么称呼你呢?(ゼンマ チェンフニィナ)
9. 认识你很高兴(レンシニィ ヘンガオシン)
10. 好久不见!(ハオジュウブジェン)
11. 您老家在哪里?(ニンラオジャア ザイナァリ)
12. 我先走(ウォシェンゾウ)
13. 再见!(ザイジェン!)
14. 一路平安!(イールゥピンアン)
15. 请问(チンウェン)
16. 不好意思(ブゥハオイース)
17. 麻烦你(マーファンニィ)
18. 对不起(ドゥイブチィ)
19. 哈喽!(ハロウ!)
20. 吃饭了吗?(チーファンラマ)



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!