タガログ語の月・曜日を簡単にマスターする9つの法則!

タガログ語の月・曜日を簡単にマスターする9つの法則!

(romana klee)

フィリピンへ旅行したり向こうで生活するときに、月や曜日をタガログ語で言えると便利ですよね。筆者は長年フィリピンに住んでおりますが、「◯曜日に会いましょう」とか「◯月が友達の誕生日だ」とか、毎日と言っていいほど使っています。そこで今回は、タガログ語を勉強中のあなたに、タガログ語の月と曜日をマスターする法則をご紹介します。




 

タガログ語の月・曜日を簡単にマスターする9つの法則!

 

1. 月と曜日のタガログ語リスト

まず、各月の名称です。
Enero / エネロ / 1月
Pebrero / ペブレロ / 2月
Marso /マルソ / 3月
Abril / アブリル / 4月
Mayo / マヨ / 5月
Hunyo / フニョ / 6月
Hulyo / フリョ / 7月
Agosto / アゴスト / 8月
Setyembre / セティエンブレ / 9 月
Oktubre / オクトゥブレ / 10月
Nobyembre / ノビイェンブレ / 11月
Disyembre / ディシイェンブレ / 12月

次に曜日です。
Lunes / ルネス / 月曜日
Martes / マルテス / 火曜日
Miyerkules / ミエルクレス / 水曜日
Huwebes / フエベス / 木曜日
Biyernes / ビィエルネス / 金曜日
Sabado / サバド / 土曜日
Linggo / リンゴ / 日曜日

いかがですか?簡単にマスターできそうですか?それとも難しそうですか?どのようにこのタガログ語を覚えるか、次はそのヒントとなるポイントを見てみましょう!

 

2. タガログ語の月は英語と似ている!

タガログ語で月を何と言うか、カタカナで読んでみて下さい。英語の月と似ていると思いませんか?これを頭の隅に置きながら、どんなふうにタガログ語で月を覚えられるか考えてみましょう。例えば、英語で2月はFebruary / フェブラリーですよね。最初のフェをぺにして、ラリーのところをレロにするとタガログ語になります。4月は英語ではAprilですが、このpの部分をbにして、ローマ字読みにするとタガログ語になります。5月は、Mayの後にoを付けてローマ字読みします。こんな風に、英語で言う月をちょっと変えて、硬めの発音(一つひとつの音をはっきり言う)で言ってみると、タガログ語になります。まったく違うのは1月だけです。これは覚えるしかありません。6月、7月は英語の最初JがHに変わっていると考えると分かりやすいです。

 

3. タガログ語の月や曜日はスペイン語やポルトガル語と似ている!

スペイン語やポルトガル語を話せる方なら、タガログ語の月や曜日を覚えるのは簡単でしょう。ちょっとした発音やつづりの違いはありますが、言い方はほとんど一緒です。ただ、スペイン語やポルトガル語が出来ないとこの法則は通用しないのですが…

 

4. とにかく言ってみる!書いて覚える!

まずは月や曜日をタガログ語で紙に書いてみましょう。そして、ぶつぶつと言ってみましょう。何度も書いて覚えましょう。机に向かっていない時でも、歩きながら、ちょっと手が空いたら気が付いた時にはぶつぶつと言ってみましょう。言ってみて忘れて言えなかったところを確認して覚えましょう。繰り返しは記憶の母です。書いたり言ったりすることで脳にインプットしやすくなります。

 

5. 関連づけて覚える!

とりあえず今日の曜日を覚えてみましょう。今月をタガログ語で覚えてみましょう。カレンダーを見ながら、自分の誕生日、何かの記念日など、タガログ語の月や曜日で覚えてみましょう。自分の身近な事柄と関連づけるなら、印象に残って記憶しやすくなります。

 

6. パターンを利用する

まずは曜日からです。月曜日から金曜日までは、全て最後はesで終わっています。ということは、最後の発音はスで終わります。とりあえず最後は「ス」で終わると頭の中にインプットしておくと記憶しやすくなります。

次は月ですが、1月から8月までは4月を除いて最後はoの発音(例えばオ、ロ、ヨなど)で終わります。また、9月から12月の最後はbre(ブレ)で終わります。覚えやすいちょっとしたコツを使うと、比較的簡単に覚えられるようになります。自分なりの方法を編み出してみましょう!

 

7. 語呂合わせで覚える 〜曜日編〜

ルネッサンス ルネス 月曜日
マルい マルテス 火曜日
みえに行こう ミエルクレス 水曜日
フエを吹いて フエベス 木曜日
ビール飲みたい ビエルネス 金曜日
サバを読まないで サバド 土曜日
リンゴを食べよう リンゴ 日曜日

こんなふうにすると楽しく覚えられます。柔軟な発想で楽しく覚えてみましょう!

 

8. これを知っていると便利!

月を書く時に省略して書くことができます。発音することはありませんので、どんなふうに表記するのかだけお伝えします。

1月 Ene.
2月 Peb.
3月 Mar.
4月 Abr.
5月 May.
6月 Hun.
7月 Hul.
8月 Ago.
9月 Sep.
10月 Okt.
11月 Nob.
12月 Dis.

こんなふうに、最後にピリオドを付けて省略していることを示せます。ちなみに、月も曜日も最初の文字は大文字にしてください。

 

9. 日付を書くとき・読むときの注意点

フィリピンで日付を書く時は、日本と逆に記載します。例えば、2017年9月1日なら、日本では2017/9/1となりますよね。それがフィリピンだと、01/09/2017となります。フィリピンで食品などを買うと、賞味期限のところに010917という感じで記載されています。日本と書く順序が逆なので最初は戸惑うかも知れませんが、この情報を知っていると便利です。ただ、人によって伝わりにくいときもあるので、短縮形の月を使って1,Sep.,2017と書くと、日付がはっきりわかっていいかもしれません。

 



まとめ

いかがでしたか?
最初は難しそうと思ったタガログ語の月や曜日でも、案外簡単に楽しく覚えられると思っていただけたら嬉しいです。タガログ語の月や曜日をマスターして、フィリピン人を驚かせてみて下さい。きっと喜んでもらえますよ!

 

タガログ語の月・曜日を簡単にマスターする9つの法則!

1. 月と曜日のタガログ語リスト
2. タガログ語の月は英語と似ている!
3. タガログ語の月や曜日はスペイン語やポルトガル語と似ている!
4. とにかく言ってみる!書いて覚える!
5. 関連づけて覚える!
6. パターンを利用する
7. 語呂合わせで覚える 〜曜日編〜
8. これを知っていると便利!
9. 日付を書くとき・読むときの注意点

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!