スリランカのコンセント調査!旅行前に知っておきたい5つの事!

スリランカのコンセント調査!旅行前に知っておきたい5つの事!

(Dunnock_D)

旅行中の滞在先ではケータイやパソコン、カメラの充電器と充電しなくてはいけないものがたくさんあります。日本のコンセントがスリランカでそのまま使えるのかは、旅行前に確認したいところですよね。変換プラグや変圧器はどんなものが必要なのでしょうか。そこで今回は、スリランカのコンセント事情についてご紹介します。

 

スリランカのコンセント調査!旅行前に知っておきたい5つの事!

 

1. スリランカのコンセント形状について

スリランカにのコンセントの形状ですが、Bタイプ・B3タイプ・Cタイプ・BFタイプの4つが存在します。4つもプラグの形状があるので現地のスリランカ人も変換プラグを購入して電化製品を使用しています。

 

2. スリランカの電圧について

スリランカの電圧は230Vで周波数は50Hz、日本の電圧は100Vで50/60Hzです。日本の製品をスリランカで使う場合、製品のラベルや説明書に100-240Vと記載されていればスリランカでも使用可能です。日本のドライヤーをスリランカでそのまま使うことができません。そのまま使った場合、ドライヤーが爆発したり火を噴きだすことがありますので使用しないでください。

そもそもスリランカのプラグに日本のコンセントが入らない場合が多いので大丈夫だと思いますが。ドライヤーを日本から持参する場合、海外対応の製品が売られているのでそちらが便利でしょう。

 

3. 宿泊先での変換プラグの貸出について

変換プラグの貸出ですが、一部の外国人旅行客向けの高級ホテルではあるかもしれませんが、保有している数は多くないと思うので期待しない方がよいでしょう。日本から持参されることをおすすめします。

変圧器が必要なドライヤーですが、中級クラス以上のホテルでしたらドライヤーは部屋についているか貸出できると思います。安いゲストハウスに泊まったときはドライヤーはありませんでした。宿泊先によってはドライヤーも日本から持っていったほうがよいでしょう。

 

4. スリランカで変換プラグは購入できるのか

このようにスリランカではコンセントの形状が様々なので、現地のスリランカ人も変換プラグを使って家電品を使用しています。変換プラグはスーパーやショッピングモールにて購入することができます。

スリランカの首都にある空港、コロンボ・バンダラナイケ空港の免税品エリアには家電がたくさん売られています。家電品のお店の数は20店舗ほどあり、冷蔵庫や洗濯機が店先に並んでいます。この光景だけ見るとまるで秋葉原の電気街にいるかのようです。

ただ、一部の家電はスリランカ人以外の購入は認められていないので、現地についてすぐ充電したいのであればやはり日本から持参するのが無難です。変換プラグはできれば日本で用意していきましょう。

また、スリランカで変換プラグを買った場合、説明書が現地の言葉で書いてあるので少々不便が生じますし、日本の製品の方が壊れにくいのは明らかです。

なお、変換プラグは日本の家電量販店やショッピングモールの海外旅行コーナー、インターネットなどで簡単に入ります。毎月海外へ渡航している筆者がおすすめしたいのが複数のタイプに可変するマルチタイプです。中でもUSB電源アダプターがついているものがおすすめです。

毎回渡航先のプラグの形状を確認せずに済むし、軽くてこれ1つでどこの国のプラグにも対応可能なので重宝しています。滞在先ではコンセントの数が限られています。3口以上のタップを持ったものであれば一度に様々な電化製品をコンセントに繋げることができ便利です。筆者が持っているものはUSBケーブルは2つ口があり、ここには携帯電話と携帯のモバイルバッテリー、日本のコンセントの差込口にはカメラのバッテリーの充電、といった風に一度にまとめて充電できる優れものです。

 

5. 変換プラグのみでは対応できない電化製品もある

日本の電化製品すべてが変換プラグのみで対応できるわけではないので注意が必要です。先ほども述べたように日本製のドライヤーは電圧が違うので変換プラグに差し込んでそのまま使うことはできず変圧器が必要です。ドライヤーも海外対応のものが日本で売られているので持っていった方が安心です。量販店やネットで小型の軽量タイプが簡単に手に入ります。もちろん海外だけでなく日本国内でも使えるので、国内旅行の際にも使えます。旅行の回数が多い方は買っておいた方が便利だと思います。

他にもそのまま使えない電化製品ではヘアアイロンがあります。「AC100V」と記載されているものはそのまま使えず変圧器は必要ということですので製品ラベルの使用可能電圧の部分や説明書きをちゃんと読んで確認してください。

 

まとめ

いかがでしたか?
変換プラグは日本で購入してから旅行へ行くのがベストな方法だと言えます。マルチタイプの変換プラグを一度購入しておけばスリランカ以外の他の国でも使うことができるので、買って損はないと思います。上記で述べたことを参考に日本できちんと準備していけば、きっと快適な旅になると思います。ぜひ楽しいスリランカ旅行を!

 

スリランカのコンセント調査!旅行前に知っておきたい5つの事!

1. スリランカのコンセント形状について

2. スリランカの電圧について

3. 宿泊先での変換プラグの貸出について

4. スリランカで変換プラグは購入できるのか

5. 変換プラグのみでは対応できない電化製品もある

 


あなたにおすすめの記事!