スペインのクレジットカード事情!使えない場所など7つの注意事項!

スペインのクレジットカード事情!使えない場所など7つの注意事項!

サッカーやフラメンコ、サグラダ・ファミリアなどのほか、世界遺産も多いスペインは一度は行ってみたい国ですね。ただ、旅行前に確認すべきことの1つがクレジットカードが使えるかどうかです。スペインは気をつけていればそんなに危ない国ではありませんが、多額の現金を持ち歩くのは避けたいところ。

そこで今回は、スペインではどれくらいクレジットカードが使えるのか、そして使う際にどんなことに注意すればいいのかを紹介していきます。

Mainichi Eikaiwa mid pc

 

スペインのクレジットカード事情!使えない場所など7つの注意事項!

 

1. クレジットカードはどれくらい使える?

スペインを含めたヨーロッパではクレジットカードが普及しているので、ほとんどの場合、クレジットカードを使って支払いをすることができます。日本人を狙っているスリなどもいるので、お金やカードの扱いには気をつけておきたいですね。

クレジットカードが使えるところでは、クレジットカードを使うようにして、使えない場合のみ現金で払うようにすれば、現金を多く持つ必要がないので安心です。

たいていのホテルやレストラン、バル、ショッピングセンター、スーパーマーケットや電車やバスの切符の購入でクレジットカードが使えます。お店やレストランの入口に使用できるクレジットカードのブランドが表示されていることが多いので、確認するようにしましょう。

 

2. カードが使えない場所もある

ほとんどの場合、クレジットカードが使用できるのですが、タクシーや美術館、劇場などでは使用できないところがあります。タクシーなら、乗る前にクレジットカードが使えるかどうか確認してみるといいでしょう。

基本的にクレジットカードが使えるレストランやカフェでも、少額の場合(5ユーロ以下)は使えないと言われることがあります。小規模なお店の場合もカードが使えないことがあります。使えないときに備えて、ある程度の現金は持っておくようにしましょう。

 

3. スペインで利用できるカードのブランド

国際ブランドのうち、まずおすすめはVISAとMasterです。世界的に加盟店が多いので、使える店舗がスペインでも多く安心です。JCBやAMEXは使えないところが多く、使えると表示があっても使えないこともあります。ですから、VISAかMasterを持っていれば安心です。すでにVISAとMasterを持っているなら、補足的にJCBやAMEXを持つのもありでしょう。

 

4. 使えない場合に備えて複数のカードを持とう!

1つのブランドが使えない場合や、使える場合でも機械が受け入れなくて使えない場合もあります。そんなとき、もう1枚、別のブランドのカードがあれば心強いです。万が一の盗難の場合も、別の場所に予備のカードがあれば安心ですね。盗難の場合の連絡先も確認しておくようにしましょう。

クレジットカードを使用するときは暗証番号が必要になるので、それぞれのカードの暗証番号を確認しておきましょう。暗証番号は慎重に管理しておく必要があります。

カードを2枚以上持つときは、必ず別々の場所に保管するようにしましょう。現金も何か所かに分けて持つのがおすすめです。

 

5. 現金を引き出すのにも使えるクレジットカード

現金を持たなくていいのがクレジットカードを使用する利点ですが、現金が必要になったときにも役立ちます。クレジットカードのキャッシング機能を使えば、ATMで現金を引き出すことができるからです。

この場合は、自分のカードのブランドがATMに対応しているかを確認する必要があります。ATMを使用するときは周りに気をつけて、カードの取り忘れ、荷物の置き忘れなどにも注意しましょう。

 

6. クレジットカードは身分証明書にもなる!海外旅行保険がついているカードも!

クレジットカードは、身分証明書の役目も果たします。ホテルではチェックインのときに、保証としてクレジットカードの提示を求められることがほとんどです。レンタカーを借りるときにも同様にクレジットカードが必要になります。忘れずに持っていくようにしましょう。

また、オンラインで入場券や航空券、電車やバスの予約をするときにも必ずクレジットカードが必要になります。海外旅行保険がついているカードもあります。カバーされる範囲や条件が自分に合っているか確認しておくといいですね。

 

7. 使用するときは金額をきちんと確認しよう

海外に限らず、クレジットカードを使用するときは、まず金額に間違いはないかを確認しましょう。利用していないサービスの料金が含まれていたり、桁が間違えていたりすることもありえます。通貨の種類も念の為に確認しましょう。

また、暗証番号を入力するときは、人から見えないようにしましょう。道路にあるATMや切符売り場などでは特に気をつけるようにしたいですね。控えも捨てないで保管しておきましょう。帰国後にカードの明細書に不明な点があったときに確認するのに役立ちます。

 

まとめ

スペインではクレジットカードが普及しているので、VISA、Masterなどのクレジットカードを2枚以上持ち、少額の現金を持てばいいでしょう。たいてい、クレジットカードで支払いできます。万が一の盗難のときに備えて、カード会社の連絡先も控えておきましょう。

身分証明書や現金引き出し、海外旅行保険にも役立つので、賢くカードを使って、スペイン旅行を楽しみましょう!スペインには、美味しい食べ物やお酒、見どころがたくさんです!スペインの人は親切で話好きなので、気軽に¡Hola!と声をかけてみると、話が弾むかもしれませんね。¡Buen viaje!(良い旅を!)

 

スペインのクレジットカード事情!使えない場所など7つの注意事項!

1. クレジットカードはどれくらい使える?

2. カードが使えない場所もある

3. スペインで利用できるカードのブランド

4. 使えない場合に備えて複数のカードを持とう!

5. 現金を引き出すのにも使えるクレジットカード

6. クレジットカードは身分証明書にもなる!海外旅行保険がついているカードも!

7. 使用するときは金額をきちんと確認しよう

 

Mainichi Eikaiwa bottom pc

あなたにおすすめの記事!