イタリア語でメールや手紙を書くとき役立つ15フレーズ

イタリア語でメールや手紙を書くとき役立つ15フレーズ

イタリア語ではメールや手紙を書くときにお決まりのフレーズが沢山あります。一度覚えておくと自然に書けるようになるのでとても便利です。かしこまったビジネスや友人への言い回しを駆使出来ればイタリア人との会話も一層楽しくなり、コミュニケーションも広がります。今回はそんなイタリア人とのメールや手紙のやり取りの中でも、日常生活で頻繁に使われるフレーズをご紹介します。



 

イタリア語でメールや手紙を書くとき役立つ15フレーズ

 

1. Come stai? /元気?

イタリア語を学ぶときに必ず覚える基本挨拶のフレーズです。コメスタイ?は「あなたは元気ですか?」と二人称に使用され、複数の人に対してはCome state?とそれぞれ人称によって変化します。Come va?も同様の意味ですが、Come stai?よりも表面的な相手の状況を尋ねる意味が強く、Come stai?では相手の心身の状態など深い意味が含まれています。

 

2. Ci vediamo! /またお会いしましょう!

人と別れの際に使用されるイタリア語の基本フレーズです。「またね!」と気軽に誰にでも使える言葉ですので、機会があれば是非手紙やメールの最後に加えましょう。通常はっきりした日時はその時点に決まっていなくても、必ず会う予定があるときに使います。

 

3. Dove sei? /どこにいるの?

誰かと約束をしたときに現れないときや、単に相手のいる場所を知りたいときに使われる言葉です。主に親しい人とのメールで使用されるカジュアルなイタリア語です。

 

4. Quando vieni? /いつ来ますか?

相手と会う約束をして日時を決めるときに使います。イタリア人は受け答えがはっきりしていますので、イエスまたはノーの返事ははっきりと答えましょう。まだ決まっていない場合は「まだ決まってないから決まり次第伝えます」「明日の15時に来ます」など相手に自分の意思をはっきりと伝えることが大切です。

 

5. A presto! /またね!

気軽に「またね!」というときに使用されます。ビジネスの手紙では使用されませんが、主に簡単なやりとりのメールや手紙の最後に書かれます。ちなみに会話ではCiao!やArrivederci(さようなら)、Ci sentiamo!(またね!)が一般的です。

 

6. Nell’attesa di…/…するのをお待ちしております。

フォーマルなビジネスの手紙に使われ、「お会いするのをお待ちしています」と丁寧な表現をすることができます。提案した物事に対する返事を待っているときなどに使われる決まり文句です。知人同士ではTi aspetto!(あなたを待っるよ!)で十分です。

 

7. Che stai facendo? / 何をしていますか?

親しい人との間でメールや手紙のほか、日常会話でも頻繁に交わされます。特に知る必要がなくても会話をつなげるために何気なく使雨ことができるフレーズです。個人的なことに触れるフレーズですので、ある程度仲の良い友人や知人間で交わすようにしましょう。

 

 

8. Che ne dici di…/…するのをどう思いますか?

相手にある物事を提案して意見を聞くときに使います。友人間のメールや手紙で使用され肯定的な返事を期待する時に使います。英語で言うLet’s 〜にあたり、気軽に「〜しましょう!」という感じです。

 

9. Salutami…!/…によろしく!

その場にいない人に挨拶を頼みたいときに使われる基本イタリア語です。Salutami la tua mamma!「お母さんによろしくね!」と親しい人との間で気軽に使うことができます。

 

10. Non vedo l’ora di… /…を楽しみにしています。

このフレーズもイタリア語では頻繁にメールでも手紙でも使用されます。Non vedo l‘ora di vederti!「あなたに会うのを楽しみに待っている」など近い将来や、Non vedo l’ora di vedere dell’opere di Botticelli a Firenze!「フィレンツェに行ったらボッティチェッリの作品を見たい!」など強い願望を期待するときの表現として使用される便利な言葉です。

 

11. Ci sentiamo./ではまた。

相手との別れ際に交わし合う基本イタリア語です。Ciは私たちの再帰代名詞、sentiamoは私たちが会うというsentireの1人称複数形です。手紙でもメールでも次回また会うことを期待して交わされます。

 

12. Distinti saluti./敬具

ビジネス手紙の最後の締めくくりとして必ず使用されるフレーズです。日本語で言う敬具にあたり、最もフォーマルな手紙などに使用されます。

 

13. Cordiali saluti./かしこ

ビジネスの手紙に使用される、Distinti salutiよりもやや軽い意味の挨拶言葉として使われます。それほど重要でないやりとりやビジネス上でもあまり壁のない状況で頻繁に使用されます。

 

14. Spettabile…/…御中

イタリア語では〜氏、〜様を表すときと同様、ビジネスの手紙やメールでは御中を先頭に付けます。Spett.leと略して書くのが一般的で、その後に会社名を直接書けばOKです。株式会社、有限会社などの付け加えはありませんので気軽に使用することができます。

 

15. Alla prossima!/またね!

親しい間柄で別れ際に言われます。Ciao!のようにカジュアルな感覚で使われ、特に次回に会うはっきりした日時を決めずに気楽に言い伝えることができます。日本語の「またね!」と同じ意味合いです。

 

まとめ

いかがでしたか?
イタリア語でメールや手紙を書くときには相手によって言葉使いが異なります。ビジネス上ではフォーマルな言い回し、そして親しい間柄ではフランクなフレーズが頻繁に使用されます。メールなどでは短く書くのが一般的ですので、幾つかのフレーズは決まり文句のように特に意味がなくても使われます。また手紙やメールは送る相手の手元に残りますので、送る前には誤字脱字、適切なフレーズになっているか適切な返答をしているか確認してから送りましょう!

 

イタリア語でメールや手紙を書くとき役立つ15フレーズ

1. Come stai? /元気?

2. Ci vediamo! /またお会いしましょう!

3. Dove sei? /どこにいるの?

4. Quando vieni? /いつ来ますか?

5. A presto! /またね!

6. Nell’attesa di…/…するのをお待ちしております。

7. Che stai facendo? / 何をしていますか?

8. Che ne dici di…/…するのをどう思いますか?

9. Salutami…!/…によろしく!

10. Non vedo l’ora di… /…を楽しみにしています。

11. Ci sentiamo./ではまた。

12. Distinti saluti./敬具

13. Cordiali saluti./かしこ

14. Spettabile…/…御中

15. Alla prossima!/またね!

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!