オランダの空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!

オランダの空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!

(Archangel12)

チューリップと風車で有名なオランダには、アムステルダム・スキポール国際空港、アイントホーフェン空港、ロッテルダム・デン・ハーグ国際空港など大小21の空港があります。オランダで最初にたどり着く場所になりますので、旅行前にしっかり情報収集しておきたいですよね。

そこで今回は、オランダで主要なアムステルダム国際空港とロッテルダム国際空港について徹底調査し、旅行前に知るべき7つの特徴をご紹介します。




 

オランダの空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!

 

1. アムステルダム・スキポール国際空港(AMS)

オランダの空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!アムステルダム・スキポール国際空港

(Franklin Heijnen)

日本からは成田と関空からKLMオランダ航空が11時間30分で直行便を運航しています。この空港は「お客様が快適に過ごせる場所」を理念にしています。航空会社の提携関係を考えたターミナル配置は作りが分かりやすくなっており、KLMオランダ航空やその他の飛行機の乗り継ぎがとてもスムーズにできます。セルフサービスの発券機や空港見取り図や発着案内モニターもあちこちに設置されています。空港内サインも大きくて見やすく、搭乗ゲートへの誘導サインも分かりやすいなど旅客にとても優しくなっています。また待ち時間を有効に過ごすことのできる設備も充実していると高い評判を得ています。

 

2. アムステルダム空港での過ごし方

オランダの空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!ギフトショップ

(a_marga)

ギフトショップでは、同じ商品はどこの店でも同価格に設定しているので、プライスマッチを心配して店を駆け回らずに済みます。ロッカーもあちこちにあるので荷物を預けてラウンジでゆっくりしたり、安心して大きな椅子で仮眠することができます。また大画面映像を楽しむことのできるミニシアターもあります。その他免税店、フラワーショップも充実しています。チューリップの球根や花の種などは日本に持ち込み可能ですが、検疫検査を受ける必要があります。面倒な方は、検疫済みのものを空港で購入することもできます。

 

3. アムステルダム空港でのお勧め

オランダの空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!美術館

(Kat Walsh)

(1)出発ロビーEピアとFピアの間にあるミュージアムショップの横の階段を上がるとそこは美術館になっていて、アムステルダム国立美術館の絵画を無料で鑑賞することができます。

(2)18歳以上ならだれでも無料で入れるカジノがあり、スロットマシーンやルーレットで遊ぶことができます。現地通貨を使ってしまいたくて暇のある人にお勧めします。営業時間は6~19:45まで。

(3)フライドポテト・スタンドはB級グルメの店。隣国ベルギーはフライドポテト発祥地であることからオランダでも有名です。マヨネーズやケチャップをたっぷりつけていただきます。

(4)アムステルダム空港は世界で初の無料Wifiサービス導入を始めた空港で、インターネット環境が充実しています。1時間は無料で使用でき、あとは時間制で料金を払います。インターネットゾーンにはPCが設置されており、インターネットセンターではPCの他に、プリントアウト、コピー、スキャンなども可能です。

 

4. アムステルダム空港から市内へのアクセス法

オランダの空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!バス

(Andrew Nash)

市内中心部まで約15Kmという空港から市内までは5 つのアクセス法があります。

(1)電車:到着ロビーの地階に駅があり、チケットは駅構内の券売機か到着階のスキポールプラザのサービスカウンターで買い求めます。料金は4.1ユーロ。市の中心部へはアムステルダム中央駅行(CS)に乗ります。7~60分ごとに24時間営業、中央駅まで13~17分。

(2)バス(アムステルダム・エアポートエクスプレス)#197:市内のマルニクス通りまで主要ホテルの近くで停車します。乗り場は到着ロビーを出てプラットフォームB9 。チケットは乗り場の販売機かスキポールプラザのサービスカウンターで購入します。または直接ドライバーに現金を払うこともできます。料金は5ユーロ。5:11~00:25まで15~30分間隔。所要時間は30~40分。

(3)ホテルシャトル:8人乗り合いのバン。乗り場はタクシー乗り場の近くのプラットフォームA 7から。スキポールプラザのサービスデスクで手続きをします。料金は一人17ユーロ。往復割引やグループ割引があります。6~21:30まで30分毎。所要時間はあちこちのホテル経由なので約1時間。

(4)タクシー:メーター制。乗り場は到着ロビーを出て左側。料金は45~50ユーロ+10~15%のチップ+大型荷物1個につき1ユーロを支払います。所要時間は約20分。

(5)レンタカー:到着ロビーの各社サービスカウンターで手続きをします。

 

5. ロッテルダム・デン・ハーグ国際空港(RTM)

オランダの空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!ロッテルダム・デン・ハーグ国際空港(RTM)

(Jeroen van Luin)

日本からの直行便はありませんが、ヨーロッパ系やアジア系の多数の航空会社が自国経由で到着する便があります。割に小さな空港で飛行機を降りたら徒歩でターミナルへ移動します。1つのターミナル内で到着・出発ができます。また障害者のためにアクセスを考えた優しいデザインになっています。

 

6. ロッテルダム空港での過ごし方

オランダの空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!ロッテルダム空港ラウンジ

(skeddy in NYC)

銀行、ATM、外貨両替所、会議設備、ビジネスラウンジ、おむつ交換室なども充実。出発ロビーには、ラウンジやレストランや各種ショップがあり、免税店も揃っています。空港全域で無料のWifiサービスあり。

 

7. ロッテルダム空港から市内へのアクセス法

オランダの空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!ロッテルダム空港バス

(calflier001)

市内中心部まで6Kmの空港からはバスかタクシーがお勧めです。

(1)RETバス#33:到着ロビーを出るとすぐ外に乗り場があります。空港売店かバス停付近の自動券売機でOVチップカードを購入するか、バスのドライバーから切符を買うこともできます。1時間券が3ユーロ、1日券7.5ユーロ、2日券12.5ユーロ、3日券16.5ユーロなどでバス、トラム、メトロ共通。所要時間25分でロッテルダム中央駅へ。10~15分間隔。平日6~、土曜6:30~、日曜8:30~

(2)空港タクシー:到着ロビーのすぐ外のタクシー乗り場から乗車。タイ風のトゥクトゥクもあり、料金はゾーン制になっています。料金の10~15%のチップと大型荷物1個につき1ユーロが必要です。

(3)レンタカー:到着ロビーエリアにサービスデスクあり。

 

まとめ

いかがでしたか?
市内では移動するのに一番早いといわれるレンタル自転車でサイクリングを楽しむのもいいですよ!フレンドリーなオランダ人にたくさん出会って、見どころいっぱいのオランダを満喫してください。ENJOY!!

 

オランダの空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!

1. アムステルダム・スキポール国際空港(AMS)
2. アムステルダム空港での過ごし方
3. アムステルダム空港でのお勧め
4. アムステルダム空港から市内へのアクセス法
5. ロッテルダム・デン・ハーグ国際空港(RTM)
6. ロッテルダム空港での過ごし方
7. ロッテルダム空港から市内へのアクセス法

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!