旅行前に知っておきたい中国のマナー7つの特徴

旅行前に知っておきたい中国のマナー7つの特徴

中国は近くて遠い国と言われるように、隣国で日本との関係も深い国でありながらも文化や風習には大きな差異があります。そのため中国でのマナーを正しく理解していないと思わぬトラブルになる可能性があります。そこで今回は、日本人が中国へ旅行する際知っておきたい7つのマナーをご紹介します。

Mainichi Eikaiwa mid pc

 

旅行前に知っておきたい中国のマナー7つの特徴

 

1. 食事のマナーにご注意

中国へ旅行や仕事で滞在した時の、楽しみの一つはやはり食事でしょう。訪問先の中国人の知人、あるいは中国人の同僚と食事に行くこともあることと思います。その際、日本とは異なる食事のマナーについて覚えておく必要があります。まず中国の食事のマナーには、日本では行儀が悪いと言われそうなものがいくつもあります。例えば、中国人は貝の殻や魚の骨など食べられない部分を皿の上に戻さず、テーブルに吐き出すことがよくあります。これは日本人からすれば汚く見えるかもしれませんが、中国人からすれば、“ごみ”を皿の上に戻す方が汚いし、どうせ食後はテーブルを拭くのだから汚れても問題ないという合理的な考えの結果なのです。また中国では料理を食べきれないほど出すというのが礼儀と言われており、無理に食べきろうとしなくてもよいことは覚えておきましょう。

 

2. 割勘はやらない

さて、食事も無事終わりお会計となりました。その際日本では一般的に、割勘で参加者が大体同額ずつ払うという場合が多いのではないかと思います。しかし中国では割勘は「AA式」と言われ、学生同士以外ではあまり行われることはありません。中国ではお客は心をこめてもてなすのが礼儀という感覚が強いため、食事代は誘った相手が負担する場合が一般的なのを覚えておきましょう。ただし相手に払ってもらった場合は必ず感謝の気持ちを忘れずに。

 

3. プレゼント等で感謝を伝える

このように、中国人はお客に対するもてなしを重視します。そのため食事のごちそうや、空港への送迎等色々と世話を焼いてくれることが多いでしょう。しかしその一方訪問する側も、お土産を十分用意する等、そのようなもてなしに対する感謝の気持ちを伝えるのが礼儀だと考えられています。

 

4. 髪型や服装に注意

あなたは中国に旅行や仕事で訪問するにあたり、どのような服装を準備していますか?中国では、日本に比べて髪型や服装に関して保守的な面が見られます。それは中国を観光して、長髪の男性や無精ひげを生やした男性をほとんど見かけないことからも分かるでしょう。また女性のミニスカートは日本では特に珍しい服装ではありませんが、中国の特に年代が上の世代にとっては「肌を出しすぎる」として敬遠される傾向が強いといわれます。そのため、仕事で中国に滞在する際や、中国の知人を訪問する際にはカジュアルすぎる服装や髪形は避け、Tシャツより襟付きのシャツ、ミニスカートよりパンツスタイルなど、服装は保守的にまとめた方が無難でしょう。

 

5. 政治、歴史の話はタブー

中国に旅行や仕事で、中国人の友達をつくり色々な話をするのも中国を訪問する際の楽しみの一つかもしれません。しかし、中国人と親しくなったとしても政治や歴史の話題は避けたほうが無難でしょう。まず政治ですが、最近は以前ほど政府の統制は厳しくないとはいえ、体制批判は問題視される傾向があります。また反体制発言の密告に基づく刑罰が数多く実施された文化大革命を経験した50-60歳以上の世代では特に、公に政府批判を行うことへの拒否反応が強いため、そのような話題を自分から持ち出すことはやめておいたほうがいいでしょう。

また日本と中国との間で歴史認識について未だに論争されていることはご存知のとおりですが、日本に比べて情報源の選択肢が少ない中国では、中国政府の見解を色濃く反映した対日観を持った人が多くを占めます。よくメディアでは、「中国の若い世代や富裕層は親日だ」という意見が聞かれますが、親日である事と過去の日本に対する歴史認識は別だと考えるべきでしょう。そのため安易に過去の歴史に関する話題を取り上げることはお勧めできません。

ただし、中国人と深く付き合う上では政治や過去の歴史について無知だから話題にできないというのではなく、しっかり勉強し、自分なりに理解した上で、時と場面に応じて、話せる範囲で自分の考えを伝えるということが重要になってきます。

 

6. 人前で叱らない

中国人は非常に“面子(めんつ)”を重視します。そのため、人前で叱られたり、怒られたりすると自分の面子を傷つけられたと感じる傾向が強いのです。そのため特に仕事上で、何か中国人の同僚や部下を注意したり叱ったりしなくてはいけない場合には、別室に呼んで叱る。ほめる時は皆の前でほめるなど相手の面子に配慮した行動が必要です。

 

7. ほめるポイントに気を付ける

中国人との人間関係を良くしたい場合に、相手をほめることは非常に重要です。しかしほめるポイントには注意が必要です。旅行先や職場で中国人の知人や同僚の奥さん(彼女)と会う機会があったとします。その時、日本では「あなたの奥さん(彼女)はきれいですね」などとほめることがよくあるでしょう。しかし中国ではそのような場合、相手の奥さん(彼女)の容姿を褒めることは、異性として好意を持っているという意味にとられ、誤解されることが多いので注意が必要です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
紹介したマナーの中には日本人にとって馴染みにくいものもあるかもしれません。しかし、これらのマナーは、長い伝統と歴史により育まれ中国の人々の生活や考えに深く結びついたものばかりです。あなたが中国に滞在される際には、今回紹介したポイントを参考に、楽しく有意義な時間を過ごしてください。

 

旅行前に知っておきたい中国のマナー7つの特徴

1. 食事のマナーにご注意
2. 割勘はやらない
3. プレゼント等で感謝を伝える
4. 髪型や服装に注意
5. 政治、歴史の話はタブー
6. 人前で叱らない
7. ほめるポイントに気を付ける

Mainichi Eikaiwa bottom pc

あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!

The following two tabs change content below.
扇ガ谷道房

扇ガ谷道房

家族で中国に駐在しておりました鎌倉在住のコンサルタントです。サッカー観戦、楽器演奏、腕時計収集、帽子、海外旅行、街歩きが趣味のおじさんです。中国に関するコンサル、講演、執筆、ガイド等も承ります。生身の中国を是非多くの皆さんに知って頂きたい想いでお仕事させて頂いております。どうぞ宜しくお願い致します。