タイ

タイ

タイ人の名前やニックネームについて7つのポイントでまとめてみた!

タイ人の名前と聞いて、あなたは1つでも思い浮かびますか?人気海外旅行先のタイですがまだまだ未知の部分が沢山です。そこで今回は、日本と全く違うタイ人の名前やニックネーム事情についてご紹介します。これを知れば益々タイの魅力の虜になるはずです!
2019.03.22
タイ

心に響くタイ語の名言・格言!人生に役立つ15フレーズ!

タイでは日常的に名言や格言を会話の中に交えて使う機会が多いです。今回は、タイ語を勉強している皆さんやタイのお友達がいる方のために、ぜひとも知って欲しいタイの名言や格言をご紹介します。定番のフレーズからお坊さんの言葉や有名人の名言など、数々の名言・格言をお届けします!
2019.03.16
タイ

タイのイースター特集!在住者に聞く7つのおもしろ特徴!

欧米諸国ではクリスマスに次ぐ大イベントのイースターですが、仏教国タイでイースターは浸透しているのでしょうか?今回はバンコク在住の筆者が、現地からタイのイースター事情についてお伝えします。
2019.03.08
タイ

タイ語のことわざ特集!会話中さりげなく使える15フレーズ!

タイ語にも日本語のようにたくさんのことわざがあります。タイ語表現を豊かにするために欠かせないのがタイ語のことわざです。今回は、日常の会話中さりげなく使えるフレーズを紹介します。現地の方々との話が盛り上がること間違いなしです!
2019.02.26
おすすめお土産

タイで絶対食べたい現地おすすめ人気お菓子15選!

限られた日程のタイ旅行。あれもこれも食べたい!と思っても胃袋は一つです。そこで今回は、タイ在住歴5年の筆者がおすすめ人気お菓子を厳選してご紹介します!限られた胃袋の期待を裏切らないおすすめのお菓子たち。人気の定番モノから、ハードル高めのキワモノまで一挙ご紹介です。
2019.02.24
タイ

タイにも花粉症はある?在住者に聞く6つの現地事情!

筆者はタイに来てから花粉症の存在を忘れるほど無縁になってることに気が付きました。花粉症が来るたびに悩まされているそこのあなた。タイに来て花粉症なんて忘れちゃいませんか?そこで今回はタイの花粉症、アレルギーについて自身の体験を元に解説いたします。
2019.02.14
タイ

タイのバレンタインデー!在住経験者に聞く7つのおもしろ知識!

タイと日本のバレンタインデーには大きな違いがあります。そもそも女性がチョコを送るのでしょうか?今回はタイと日本のバレンタインデーを比較しながら、両国の違いやおもしろ豆知識を紹介していきます!タイのバレンタインデーはどんな感じでしょうか?
2019.01.28
「国際恋愛・国際結婚」

現地在住者に聞くタイ人男性の日本人女性に対する7つのイメージ!

日本人女性とタイ人男性のカップルはまだまだ珍しいマイナーカップル。でもここ数年の訪日タイ人は年間100万人に届く勢いで、今後は日本で出会うタイ人男性と日本人女性のカップルも増えています。今回はタイ在住の筆者がタイ人男性に日本人女性に対するイメージを質問して来ました!
タイ

タイもハロウィンでコスプレする?現地のおもしろ6つの特徴!

秋の風物詩ハロウィンと常夏のタイではなんだかイメージがピンと来ませんよね。タイでもハロウィンパーティーやコスプレイベントが行われているのでしょうか。そこで今回は、現地在住の筆者がタイのハロウィン事情について詳しくレポートします!
2018.11.03
タイ

タイの人気大学を現地調査!7つのおすすめ役立ち情報!

タイが大好きなあなた、「タイの大学ってどんなだろう?」「タイの大学で学んでみたい!」と考える人も多くなってきました。筆者はタイに住んでもう10年以上になりますが、自分の子供のために周囲から色々な話を聞いて、タイの大学情報を集めています。そこで今回は、タイの大学の年間費用や人気大学の特徴などをご紹介します。
2018.04.04
タイ

痛い痛いの飛んでけ!お大事に!など相手を気遣うタイ語10選!

その場にいた子供が「痛い!」となった時、日本では「痛いの痛いの飛んでけ!」と声をかけたりしますが、タイ語では何と言うのでしょうか。「お大事に!」「大丈夫?」など、緊急事態でもタイ語でさりげなく言えたら素敵ですよね。タイ在住10年を超えた筆者ですが、相手を気遣うフレーズをタイ語で言うことで、
2017.10.18
「あいさつ」

お疲れ様です等ビジネスで使える超便利タイ語10フレーズ!

仕事で日常的に使用する「お疲れ様です」「お世話になっております」「承知しました」は、タイ語では何と言うのでしょうか。タイへ出張する方やタイの会社と取引きする方も最近ますます増えてきましたよね。そんな時、1フレーズでもタイ語で言えたなら、ビジネスを円滑に進められると思います。そこで今回は、タイで10年以上働いている筆者が
2017.10.13