ブラジルのバレンタインデーはどんな感じ?6つのおもしろ豆知識!

ブラジルのバレンタインデーはどんな感じ?6つのおもしろ豆知識!

(flickr By A C Moraes)

もうすぐバレンタインデーですね!贈る人も、贈られるであろう人もソワソワしているんではないでしょうか?ブラジルは誰もが認める情熱の国です!!そんなアツーいブラジルでバレンタインデーとはどんな日なのでしょうか?今回はブラジルのバレンタインデー事情についてご紹介します。



 

ブラジルのバレンタインデーはどんな感じ?6つのおもしろ豆知識!

 

1. バレンタインデーはない!?

そうなんです!驚くことにブラジルではバレンタインデーはないのです!バレンタインデーの起源はローマの聖人『ヴァレンティーノ』からということですし、カトリックの国ブラジルでもイタリア系移民もたくさんいますし、ありそうなものなんですけどね。日本に住んでいた頃はお店や人々は、クリスマスやお正月のように一大イベントのような盛り上がりをみせていたわけですが、こちらでは普通の日ですので筆者もバレンタインデーということにいつも気づかず過ぎてしまいます。そんなわけでブラジルでは2月14日に何かを贈り合うという習慣は全くありません。

 

2. 恋人の日♡

それに代わってと言ってはなんですが、ブラジルには6月12日に【Dia dos namorados】(ジア ドス ナモラードス)恋人の日というものがあります。この日は恋人の日ですので日本の様に好きな人に思いを伝えるような意味合いはありません。恋人同士や夫婦がパートナーにプレゼントを贈る日となっています。縁を深めるために写真立てを贈るという風習があるため、日本でも1988年に全国額縁連合会がこの日を制定しましたが、認知度はかなり低いですね。

 

3. 恋人の日の由来

1952年、ブラジルのサンパウロ商業協会が縁結びの聖人とされる『アントニオ』の命日の前日を恋人の日と定め、キャンペーンを行いそれが定着したようです。Wikipediaによると、聖アントニオとは、カトリック教会の聖人で教会博士の一人だったそうです。イタリアや南フランスといった地域を巡り、精力的に活動しましたが、パドヴァという街の近郊で病となり命を落としたようです。民衆にも人気の人物だったみたいで、バレンタインデーとは異なる由来であることがわかりますね。

 

4. 恋人の日の過ごし方

近頃の恋人の日には写真立てを贈るよりも相手の好みの物をプレゼントしたり、ロマンチックなレストランにでかけたりというカップルが多いです。ブラジルらしく、LGBTのカップルもたくさんいますので様々なカップルがそれぞれの恋人の日をお祝いします。反対に恋人のいない人のためのイベントも行われていますので、恋人がいない人も盛り上がれる日になっています。

 

5. 人気のプレゼントは?

その日は男性が花を抱えている光景をよく見かけます。一輪のバラを道で売っているので仕事帰りにサッと買えますし、ブラジル人はロマンチストなので花を贈る人は多いと思います。花ももちろんプレゼントですが、メインではありません。バレンタインデーと言えばチョコレートですが、実はブラジルでもプレゼントとして人気なんです!ブラジル人は甘いモノが大好きですからね。他には洋服や靴、香水やコスメなんかも人気です。

 

6. 毎日がバレンタインデー♡

ブラジル人はプレゼントを贈るのが大好きです。恋人の日以外にも様々なシーンでサプライズのプレゼントをしたり、キスやハグをしているところを当たり前に見かけます。日本人は恥ずかしがり屋なのでバレンタインデーの力を借りて、愛の告白をするというイメージですが、ブラジル人は全て情熱ですので思ったらすぐに行動しますからバレンタインデーは必要ないんですね!笑

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
バレンタインがないというのはびっくりされたんじゃないかと思います。しかしブラジルには2月にカーニバルがあるのでそのせいでバレンタインがないという説もあります。そんなブラジルのバレンタインデーとも言える6月12日を恋人の日としてあなたもお祝いしてみてはいかがでしょうか?

 

ブラジルのバレンタインデーはどんな感じ?6つのおもしろ豆知識!

1. バレンタインデーはない!?
2. 恋人の日♡
3. 恋人の日の由来
4. 恋人の日の過ごし方
5. 人気のプレゼントは?
6. 毎日がバレンタインデー♡

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!