オーストラリアのコンセント調査!旅行前に知っておきたい5つの事!

オーストラリアのコンセント調査!旅行前に知っておきたい5つの事!

(Chris Krahe)

スマホやタブレット、デジカメなどを持ち歩くのが当たり前の今、海外旅行の時に気になるのは行き先の国のコンセントの変換プラグ、電圧事情ですよね。せっかくの旅行もデジタル機器が充電できなければ楽しめません。そこで今回は、オーストラリア在住の筆者が現地のコンセント事情について詳しくご紹介します。

Mainichi Eikaiwa mid pc

 

オーストラリアのコンセント調査!旅行前に知っておきたい5つの事!

 

1. オーストラリアの電圧は電圧は220/240V

オーストラリアは電圧が220/240V、周波数が50Hzです。日本の100Vに比べてかなり高圧なため、コンセントにはそれぞれスイッチがついており、スイッチをONにしないと電気が流れないようになっています。高圧な分、高速充電できたり、ヘアドライヤーやアイロンなどはすぐフルパワーになるため、オーストラリアの電化製品に一度慣れると日本のものが遅く感じてイライラするほどです。

もし日本から持ってきた電化製品を使う場合は、まずその製品の電圧範囲をチェックしてみてください。240Vまで対応している場合だけ、変圧器なしで使うことができます。なお、携帯電話やパソコン、タブレット、デジカメなど大抵の電子機器の充電器は全世界対応なので、そのままオーストラリアでも使えます。但しよく間違うのがヘアドライヤー。国内用のものは100Vまでしか対応してない機種がほとんどです。もしヘアドライヤーを日本から持参したい場合は、全世界対応の機種か確認してからにしてくださいね。ドライヤーを変圧器を通して使うのはかなり大変です…。

 

2. オーストラリアのコンセントの形はOタイプ

オーストラリアのコンセントの形は日本と違い、Oタイプと呼ばれる、カタカナのハの字と数字の1が下にくる3穴式の形状です。ですので、もし使いたい電気機器の電圧がオーストラリアの240Vに対応している場合でも、変換用プラグは必要になります。日本の家電量販店等で一つ200円前後で買えるので、来る前にいくつか買っておくとよいでしょう。オーストラリアで買おうとするとかなり巨大なデザインのプラグで、値段も高く、お薦めできません。なお、コンセントは3穴式ですが上の2穴(カタカナのハの形)に差すだけでコンセントは使えるので、3穴式にこだわる必要はありません。ホテルに滞在する場合は通常フロントで変換用プラグの貸し出しサービスがあるので利用するのもよいでしょう。

 

3. オーストラリアの変換用プラグが使える国はここ

オーストラリア用の変換用プラグは、オーストラリアの他、ニュージーランド、フィジー、サモア、キリバスなどの他、中国、また、南米のアルゼンチン、ウルグアイでも使うことができます。いずれもオーストラリアと似た電圧、周波数の国ばかりなので、オーストラリアと同じように使えると覚えておくと便利でしょう。

 

4. 変圧器を使うのは家電がメイン

変圧器が必要になるのは、大抵の場合、炊飯器や電子レンジ、TVやトースター、アイロンなど、いわゆる家電製品が多いため、旅行中の場合は変圧器を使うことはまずないでしょう。但しもし長期滞在等で必要になる場合は、意外とオーストラリアでは入手するのが難しいので、日本から変圧器を買って持参するとよいでしょう。キッチン用に1つ、その他用に1つ、と最低2つ揃えておくと便利です。また、よくある誤解がゲームコンソールです。電子機器のイメージがあるのでつい変換用プラグだけでいいと思ってしまいがちですが、実は日本から持参したものは変圧器を通さないと使えないことが多いのです。必ず電圧範囲をチェックしてから使うようにしましょう。さもないと大切なコンソールがあえなく壊れてしまうことになります。

 

5. モバイル機器の充電はショッピングモールで

インターネット後進国のオーストラリアでも、最近は大抵のショッピングモールや中心地に無料携帯充電ステーションがあるので、出先で必要になったら利用すると便利です。通常、ショッピングモールのフードコートエリアに充電ステーションがあり、またモールによっては携帯会社が提供するロッカー型の充電機があり、買い物中に入れておけばその間充電してくれるという便利なサービスもあります。一部大型ターミナル駅などでも充電サービスがあるので、予め”Free Phone Charging Station”などのキーワードで検索して、場所を把握しておくとよいでしょう。その際、機種対応ケーブル端子が違う場合もあるので、念のためUSB端子ケーブルを持ち歩くようにするとより安心です。

 

まとめ

いかがでしたか?
電圧もコンセントの形も日本と全く違うオーストラリアなので、現地で楽しく過ごすためには事前の準備がポイントです。モバイル機器は今や全世界対応が当たり前になっているのでさほど問題ありませんが、電圧が非対応のものをうっかりつないでしまうと、本当にあっという間に壊れてしまうので、くれぐれも持ち物の電圧をチェックすることを忘れずに。ここでご紹介した5つのポイントを参考にすれば、きっとあなたのオーストラリア旅行が楽しいものになりますよ。

 

オーストラリアのコンセント調査!旅行前に知っておきたい5つの事!

1. オーストラリアの電圧は電圧は220/240V

2. オーストラリアのコンセントの形はOタイプ

3. オーストラリアの変換用プラグが使える国はここ

4. 変圧器を使うのは家電がメイン

5. モバイル機器の充電はショッピングモールで

 

Mainichi Eikaiwa bottom pc

あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!

The following two tabs change content below.
yakko

yakko

オーストラリア在住15年以上のyakkoです。日々のオーストラリア暮らしで経験したことやおすすめ観光情報などを現地からまるごとお届けします。