台湾の治安を徹底調査!気をつけるべき7つのポイント

台湾の治安を徹底調査!気をつけるべき7つのポイント

海外旅行に行く際、一番心配なのは現地の治安だと思います、比較的日本と文化が近く、治安も良いとされる台湾であっても、やはり日本と比較すると気をつけないといけない点が多々あります、今回は、台湾の治安について気をつけるべき7つのポイントを紹介したいと思います。



 

台湾の治安を徹底調査!気をつけるべき7つのポイント

 

1. タクシートラブル

台湾のタクシーは日本に比べて遥かに安く、とても便利なことから観光の際や終電がなくなった時間などとても重宝する交通手段の一つですが、海外だとよくあるタクシートラブルが台湾でも例外ではなく気をつけなければいけないポイントです。まず、台湾のタクシーは全て黄色ですので、とてもわかりやすいんですが、タクシー運転手から直接交渉されたりタクシー自体が黄色じゃない、もしくは異常にボロい場合は要注意です。また離島や観光地のピックアップなどを除きかならず【メーター】を利用しますので、メーターが動いていなかったりすると要注意です。すぐにどうして動いていないのか確認するようにしましょう。ただ台湾のタクシーは英語も日本語も全く通じないなと思っておいたほうが良いですので、紙にかいてアピールしましょう。そして料金の支払いなども殆どのタクシーでクレジットカードが使えないため、小銭の用意も忘れないようにしておくのが健全です。そして去年タクシー料金が値上がりしたのですが、メーターがまだ対応していないタクシーが殆どなので、メーターと料金が違うからといってぼったくられている訳ではないという所も注意しないといけない点です。

 

2. 夜市のぼったくり被害

台湾の楽しみといえば毎晩夜遅くまで賑やかな夜市ですが、一時期台湾のニュースでも話題になったのが外国人観光客を狙ったぼったくり被害です。台湾は南国ということもあり、甘くて美味しいマンゴーなどの種類豊富な果物がたくさん売られているのですが、通常の倍以上の値段で売りつけられることが頻繁にあります。外国人にしてみるとそれでも安く感じるので、ぼったくられているという意識もあまりないのですが、通常マンゴー1個30元程度で買えますので、100元200元と要求されたら明らかなぼったくりですので注意が必要です。もし店員がフルーツをカットしてしまったとしても高すぎたりそんなにも必要なければしっかりと断るようにしましょう。

 

3. スリや置き引きに注意

他の国に比べても比較的治安の良い台湾ですが、海外旅行に行った際どうしても気持ちがゆるんでしまう方がとても多いです。あなたもそうではありませんか?そんな時に気をつけて欲しいのはスリや置き引きです。当たり前のことですが、人ごみではカバンを前で抱えるように持つ。荷物から目を離さない。そんな当たり前の注意が必要です。夜市や繁華街ではスリが潜んでいたり、ホテルや空港で目を離した隙に盗難にあったという人もいます。楽しい旅行にするためにも荷物から目を離さないように徹底しましょう。

 

4. 偽札などのお金のトラブル

台湾のコンビニやレストランどお金を払う時に必ず偽札かどうかのチェックがされます。偽札に出会うこと自体はかなり少ないのですが、気をつけるにこしたことはありません。またお釣りを少なく渡されたり、硬貨の中に香港ドルなどを混ぜてお釣りを渡すといった詐欺も度々起こっているので、どれだけ急かされてもお金はしっかりと確認するのが得策です。

 

5. 食べ物の安全に気をつけよう

美味しいものがたくさんありすぎる台湾ですが、近年食べ物に関するニュースが話題になっています。日本でも報道された例ですと大手のメーカーが工業用ラードや廃油からつくられた油を流通して台北の学校やファストフード店や多くのレストランで使われてしまっていたことが問題になりました。また台湾といえばタピオカミルクティーが有名ですが、そのタピオカも問題があると話題になり多くの食べ物でそういったニュースが続々と出てきています。その殆どは改善されているので安全になってはきているのですが、それでもまだまだ気をつけなければいけないのと、もし万が一のときに備えて日本語対応の病院などを調べておくのが安心かと思います。

 

6. 日本語できるんですか?という質問は気をつけよう

台湾には日本統治時代だった歴史があります。その背景から日本語が話せるお年寄りも多く、台湾自体とても親日で多くの台湾人が日本語を勉強したり日本旅行に出かけたりとても友好的なのですが、全ての人がそうとは限りません。台湾が日本だった時代やそういった歴史を知らない日本人の方が無知な質問をしてしまうと気分を悪くされてしまう人も少なくはありません。特にお年寄りの方などですと日本語は話せるけど話したくないという方もいらっしゃいます。そういった方の気に触るような発言などは控えるのがトラブルを避けるためにも必要なのかなと思います。

 

7. 中国人と台湾人は別

中国と台湾の関係はとても複雑で、日本は台湾を中国の一部だとしていますが。多くの台湾人は台湾は独立国としての意識です。それにパスポートも台湾と中国は別ですし法律や政府など全てが異なり、台湾と中国は実質的には全く別の国として機能しています。だからこそ台湾人の方は中国人と間違われることや一緒にされる事に激しい嫌悪感を抱きます。もしその事について勉強したい、しっかりと話を聞きたいという事でないのであれば、日本語の件と合わせて発言には気をつけるのが良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
海外では当たり前に気をつけないといけないことから、台湾ならではの注意点なども紹介させていただきましたが、台湾は日本人にとても優しく困ったことがあればなんでも力になってくれる、あなたがあたかも昔からの親友かのように迎え入れてくれるとても暖かい国です。あなたの台湾旅行が安全で楽しい旅行になるように7つのポイントを注意して台湾を楽しんでもらえたらと思います。

 

台湾の治安を徹底調査!気をつけるべき7つのポイント

1. タクシートラブル
2. 夜市のぼったくり被害
3. スリや置き引きに注意
4. 偽札などのお金のトラブル
5. 食べ物の安全に気をつけよう
6. 日本語できるんですか?という質問は気をつけよう
7. 中国人と台湾人は別

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!