パリのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選

パリのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選

パリのお土産と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?自分用や家族にお友達、会社の同僚など目的は様々でしょう。旅行中のお土産選びは楽しいけれど、悩まれる方も多くいます。そして、観光がメインであまりお買い物が出来ない日程な方もいるかも知れません。そこで今回は、あまり時間がなくても必ず行く観光地で手に入るものや、パリの思い出がぎっしり詰まったお土産をご紹介します。


 

パリのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選

 

1. ゲランドの塩&カマルグの塩

パリのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_ゲランド

「ゲランドの塩」は、日本でもフランス料理店などで使われているもので、フランスでも日本でも有名です。フランスのブルタ-ニュ半島のゲランドで、干満を利用して海水を塩田に引き込み、ブルタ-ニュの太陽と風の恵みだけで結晶化した自然海塩です。ミネラルがたっぷり入っていて日本のお塩とは味が全く違います。どんなお料理の下ごしらえにも使えて、ス-プやお吸い物・お漬物などに最高です。色はグレ-で若干湿っていますが、この湿り具合によってカビが生えることなどはありませんのでご安心下さい。

「カマルグの塩」も日本でもフランスでも有名です。こちらも日本のフランス料理店などで使われています。こちらは南フランスの自然海塩です。有名なのはフル-ル・ド・セルと呼ばれている塩の花です。春から夏にかけて、海田の海水が凝縮された時に、最初に水面に浮かぶ小さな白い結晶を手作業で丁寧に収穫された希少なお塩です。ゲランドのお塩と違ってカマルグのお塩は真っ白ですが、これらは一切の精製はしていません。魚料理やお肉料理、サラダを食べる直前に振りかけて下さい。また、このお塩でおにぎりを作ると最高に美味しいです。紙の筒に入っていてコルクの蓋が目印です。一目でわかります。

買える場所は、全てのス-パ-や、パリ市内の至る所にあるモノプリ、パリのデパ-トの食品館には必ず並んでいます。カマルグのお塩の方がゲランドよりも若干安いです。値段も日本より半額で買えますので、邪魔にならず誰にでも喜ばれるお土産です。

 

2. マルセイユ石鹸

パリのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_マルセイユ石けん

南フランスのプロヴァンス地方の良質なオリ-ブオイルとパ-ム油を使って作られている自然素材100%の無添加石鹸です。フランス政府が刻印認定し、旧王室御用達の高級品です。無添加なので、赤ちゃんからお年寄りの方、敏感肌の方、アトピ-の方まで安心してお使いいただけます。この石鹸は、非常に洗浄力が高く、汚れ具合によって濃度を変えれば、この石鹸1つで何にでも使えるのでフランスの家庭には必ずあります。

汚れの激しい物に直接こすりつけて手洗いするか、歯ブラシでこすればキレイに落ちます。ウォ-タ-プル-フでなければ、しっかりメイクでも2度洗えばキレイに落ちます。台所の油汚れでもキレイに落ちますのでお土産に喜ばれると思います。最近では、この石鹸の類似品があちこちで出回っています。普通にス-パ-などでも並んでいるので注意して下さい。本物のマルセイユ石鹸には「SABON DE MARSEILLE」と必ず刻印が入っています。

石鹸は重いので、買い込んでス-ツケ-スの重量オ-バ-にならないようにご注意ください。また、大きいので1個をお友達や家族と半分こ、もしくは小さく切って使うのもおススメです。この場合には、普通に切るとボロボロに崩れてしまいますので電子レンジに入れて600Wで1本ほど温めてから切ると、キレイに切れます。

 

3. ル-ヴル美術館のオリジナルグッズ

パリのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_ルーブル美術館

パリのル-ヴル美術館内、ナポレオンホ-ルのカル-ゼル側の「ル-ヴルミュ-ジアムショップ」にあります。ここは美術館の入場券がなくても買い物するだけでも入れるので、普通にパリのお土産散策が可能です。お店は2階まであり、1回には各種オリジナルグッズとしてカレンダ-・ポストカ-ド・マグネット・パズル・エコバッグ・文房具・傘・小物など様々です。最も多いのはモナリザグッズです。美術館内の気に入った絵画のポストカ-ドを買いたい方で、沢山の絵柄を買おうと思われる方には、同じ売り場内にある画集の方がポストカ-ドの大量購入よりもはるかに安く買えます。言語も、日本語のものもあります。美術館内のレプリカや美術工芸品は2階にあります。大きなものから小さなものまで様々です。

また、地下のショッピング街にはパリで人気のお店がたくさん入っています。フ-ドコ-トもあり、お天気の悪い日や寒い日でも濡れる事など気にせずに、ゆっくりお買い物が出来ますので、パリのお土産選びにおススメの場所です。

 

4. エッフェル塔グッズ

パリのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_エッフェル塔

パリのお土産には欠かせない一品です。日本でも色々と雑貨屋さんなどで出回っていますが、本場のパリの方が色んな色があったり、グッズも豊富です。パリ市内の至る所で売られています。お店によっても多少値段が違ったりするので時間がある方はよく見て回るのも楽しいと思います。筆者のおススメのエッフェル塔グッズ①は、エッフェル塔の中にあるお土産屋さんで売っているワイングラスです。グラスの持ち手がエッフェル塔になっていて2個セットで、お値段も非常にリ-ズナブルです。自分用に買っても素敵なパリの記念になりますし、お友達にあげても喜ばれます。おススメ②は、エッフェル塔の形をした色とりどりのパスタです。塔内のブティックにもありますし、パリ市内のお店でも手に入ります。お子様の居るご家庭や、甘いもの好きな方にはエッフェル塔型のキャンディ-もおすすめです。

また、エッフェル塔の真下の広場では、エッフェル塔のキ-ホルダ-やオブジェを売っている人達が居ますが、これは正規のお土産屋さんではなく、パトロ-ル中の警官に捕まる為に常に逃げられる様な体制で商売をしています。ここでも普通に買えるのですが、逃げる時にお釣りをもらい損ねたりしない様に十分注意して下さい。出来る限り、つり銭の無い様に支払うのがベストです。普通のお土産屋さんのものよりも安く売られています。しかも普通に可愛いので、筆者はわざとここで大量購入します。相手を見て値段を吹っかけて来ますので、いかに安くまけさせるかが勝負です。ばら撒き用のお土産におススメです。

 

5. キッチン雑貨&インテリア雑貨

パリのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_香水

女性に人気のキッチン雑貨ですが、フランスではカラフルで個性的なものが多くデザインも可愛らしくて値段もリ-ズナブルなものが沢山あります。キャンドルスタンドや写真立て、ぺ-パ-ナプキンに紙皿やお菓子作り用のグッズなど種類も沢山です。ケ-キ型やクッキ-型などは日本よりも少し大きめですが珍しい形も多いです。お料理好きな方やインテリアグッズがお好きな方には絶対に喜ばれます。日本で買うよりも値段も安いですし、ぺ-パ-ナプキンなどはかさばらないし軽いので持ち帰るのにも便利です。

オペラ座の裏手の一角に「fragonard」フラゴナ-ルと言う香水のミュ-ジアムがあります。ここは無料で入場可能です。日本人スタッフもおり色々と案内してくれます。売店があり、香水や日本人観光客に人気の練り香水などもあります。小さくて可愛いパッケ-ジに入っていますので会社の同僚に配ったり、ご近所さんやママ友さんへのばら撒き用のお土産におすすめです。他にもインテリア雑貨やキッチン雑貨で可愛いものが手ごろな値段で沢山あります。このお店は、他にもパリ市内にいくつかお店があります。ル-ブル美術館の地下にも店舗があります

 

6. エコバッグ

パリのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_エコバッグ

フランス国内のどこのス-パ-でも手軽に購入出来ます。売り場は特になく、レジの前に並んでいるか、レジ台の下に下がっている事が多いです。各ス-パ-や季節などにより、色や柄が変わる事もあります。エコバッグにはナイロン製の折りたたみ式のものと折りたたみではなく防水加工素材のものと2種類あります。通常のフランス人が日常の買い物に使用しているのはビニ-ル素材の大きいタイプのものです。これにもミニサイズがあります。筆者も普段の買い物に使いますが、ナイロン素材よりも使い勝手は最高です。作りがしっかりしているので長期間使えますし、大きいので1人サイズのレジャ-シ-ト代わりにも使えて便利です。夏の海やプ-ルに家族でお出かけの時などにも重宝します。

日本のお土産として購入されるにはナイロン製の方が人気ですが、これはパリ市内のモノプリと言うス-パ-ではエッフェル塔柄や凱旋門の柄などの時もあります。かさばらないので持ち帰りに便利ですが、ビニ-ル製の物もかさばらずにス-ツケ-スに入れて持ち帰れます。ナイロン製の方は自転車でのお買い物や少量の時に便利ですが、車で買い溜めする習慣のある方には是非ともビニ-ル製の方がおすすめです。使い勝手が良いので喜ばれると思います。値段は、どちらでも1ユ-ロ前後です。

 

7. パピエ ダルメニー(Papier d’arménie)

パリのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_パピエダルメニー

フランス発祥の世界最古の紙のお香で、男性にも喜ばれるお土産です。フランス国内全土の薬局と、エコ系雑貨チェ-ン店のNATURE&DECOUVERTESなどで売られています。冊子状になっていて、ミシン目が入っているのでその通りに切り取った短冊形の小さな紙をアコ-ディオンの様に折り、角に火を付けて燃え始めたらすぐに火を吹き消します。火を付けたままにしていると、すぐに燃え尽きてしまいますのでご注意ください。紙は灰皿などに入れて燃やして下さい。

これは、タバコやペットの匂い消しにもなり、消臭作用もあるので台所などで料理後にも使えます。また燃やすだけで空気を浄化出来るので、窓が開けられない病人や赤ちゃんの居るお部屋でも使えます。空気中の滅菌作用もあるので風邪の予防やインフルエンザの時期にも非常におすすめです。カバンの中に入れたり財布の中に入れても使えます。洋服ダンスの中に入れると虫よけにもなります。携帯にも便利なので旅行先でも会社でも使えて便利です。バニラのような香りと、バラの香りの2種類がありお値段は2ユ-ロ程度です。小さくてかさばらないので持ち運びにもとても便利でおすすめです。

 

8. 奇跡のメダイ

パリのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_奇跡のメダイ

少々変わったお土産をご紹介しましょう。モンパルナスの駅から、そう遠くない場所に老舗デパ-トのボン・マルシェがあります。その近くに白くて美しい教会「奇跡のメダイ教会」があります。フランス名はChapelle Notredame de la Médaille Miracleuseと言います。ここで売られているペンダントトップにもなるメダルが、奇跡のメダイと呼ばれている物です。「自分の身に大きな苦難が降りかかった時や、どんなに頑張っても全く道が開けない時などに身に着けると、大きな恵みが受けられるとか、願い事が叶う、奇跡が起こると言われています。いわゆるラッキ-チャ-ムです。

このメダイは大きさや素材によって販売価格が異なりますが、50サンチ-ムから6ユ-ロまでとお手頃価格です。袋入りで売られているのですが、中には数枚セットで売られているものもあります。ありきたりなお土産ではなく、何か変わったものを差し上げたい方や、自分の為、家族や友人の為に奇跡をもたらしてあげたいと思われる方におすすめです。

ちなみに、このメダイを日本へ大量購入して帰り、転売してお金儲けをしようと企む輩には奇跡は起こらないそうです。純粋にプレゼントや自分の為に購入する様にとの修道女の方々からのお言葉です。また、このメダイはフランスの第一聖地・ルルドの泉にある修道院と同じ物だそうです。ルルドまでは行けないけれど、メダイは欲しいと言う方にも是非おススメです。

 

9. メゾン・ドゥ・ラ・トリュフの調味料

パリのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_調味料

パリの有名な観光地でもあるマドレ-ヌ寺院の隣にあるメゾン・ドゥ・ラ・トリュフで販売されている高級感漂う調味料はいかがでしょうか。ここでは、その名の通りトリュフを使った調味料が沢山あります。イタリア産の白トリュフを使ったものや南フランスのペリゴ-ル産の黒トリュフを使っています。せっかくパリへ来たのだから何か良い物を買って帰りたい方や、お料理好きな方や大事な方へのお土産におすすめです。

調味料は、最高級のオリ-ブオイルの中にスライスされた黒トリュフ・白トリュフが入っているトリュフオイルは非常におすすめです。また、トリュフ入りマヨネ-ズ、トリュフ入りバタ-、トリュフ入りマスタ-ド、トリュフ入りチ-ズクリ-ムなど様々なものがあります。どんな貧しい料理に使っても、これらを使うだけで最高級の味が楽しめますよ。

 

10. ご当地グッズ

パリのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_キーホルダー

フランス全土で売られている、その土地ならではのご当地グッズもおすすめです。パリならば種類も多くTシャツやバッグにマグカップ、帽子や文房具、小物類にキ-ホルダ-やご当地マグネットなど数え切れない位の種類があります。これらは市内のブティックや駅の構内にあるキオスクの様な売店、免税店にも必ずあります。値段も手ごろで可愛いものが多いです。パリのご当地マグネットは、細工が細かくて立体的に作られているので、可愛くてかさばらないし喜ばれます。お値段は、物によって違いますが1つ5~10ユ-ロ前後です。シャンゼリゼ通りに一定間隔で並んでいる新聞屋さんにも、意外と可愛いご当地グッズが埋もれていたりします。凱旋門近くの新聞屋さんよりもル-ヴルの方へ下って行く方が同じ物でも安かったりしますので、発掘してみて下さいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はお土産の定番も含めて、あまり日本では知られていないけれどフランスでは人気のものなどを選んでみました。また、近年ス-ツケ-スの重量制限により、何でもかんでも好きなだけ持ち帰ると言う事が出来なくなっていますので、持ち運びにも苦労しなくて良いものをおすすめさせて頂きました。日本で人気のマカロンなどもありますが、これは崩れやすく賞味期限も短いものなので、現地で食べて帰られる事をおすすめします。機内持ち込み手荷物には、マカロンは入れられないのでス-ツケ-スに入れる事になります。チョコレ-トやジャムも「液体」として手荷物で持ち込む事は出来ませんのでご注意ください。今回ご紹介したお土産の中で、あなたのお役に立てたものがあれば嬉しく思います。

 

パリのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選

1. ゲランドの塩&カマルグの塩
2. マルセイユ石鹸
3. ル-ヴル美術館のオリジナルグッズ
4. エッフェル塔グッズ
5. キッチン雑貨&インテリア雑貨
6. エコバッグ
7. パピエ ダルメニー(Papier d’arménie)
8. 奇跡のメダイ
9. メゾン・ドゥ・ラ・トリュフの調味料
10. ご当地グッズ



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!