ボスニア首都サラエボを快適に観光するための8個のコツ

ボスニア首都サラエボを快適に観光するための8個のコツ

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボを観光するとき、他の都市とは異なる注意点がいくつかあります。交通機関、食事、そしてインターネットなど、知らないで現地へ行くと意外に苦労することが多いです。あなたのサラエボの旅がより快適になるために、今回はサラエボへ来る前に知っておくと役立つ情報をご紹介します。



 

ボスニア首都サラエボを快適に観光するための8個のコツ

 

1. ネット問題はこう解決!お店のWiFiをうまく使うべし!

旅先でどうしても欠かせないのがインターネット環境。Googleマップで位置を確認したり、どのお店がオススメか調べたり、撮った写真をアップしたりと、やりたい事は沢山あります。1つ注意したい事は、ボスニアは残念ながら海外パケット料金が定額になっていない携帯キャリアが多いこと。海外ローミングをオンにしてネットをいつものように使っていると、あっという間に数万円のパケット料金になりますので注意してください。サラエボでは機内モードにして、WiFiだけオンにしておきましょう。

サラエボのネット問題を解決する方法は、ほとんどのお店にあるWiFiサービスを駆使すること。パスワードが掛かっていることが多いので、店員さんにパスワードを聞いてネット環境をゲットしましょう。これで現在の位置や撮り貯めしていた写真を無料でアップロードできます。また、1回入ったお店であれば、数日間は同じパスワードのまま使えますので、あまり良い使い方ではありませんが、そのお店を通りかかったときにお店の横でこっそりつないで利用するのもありかもしれません。

 

2. タクシーは注意が必要!使うなら赤い車体のシルヴァニタクシー

ボスニアのタクシーはとにかくぼったくりが多いです。地元の人ですらよく被害に会います。筆者のオススメは真っ赤な車体が目印のCRVENI TAXI(シルヴァニタクシー)です。老舗のタクシーでぼったくることはまずありません。どうしてもシルヴァニタクシーが捕まらない場合は、他のタクシーを利用するしかありませんが、乗ったらまず目的地を伝え、メーターを必ずオンにしてもらいましょう。「メーター」とひたすら言えば伝わります。それでも遠回りされたりますが、それは受け入れるしかありません。。ちなみに10分くらいの乗車で約5KM(約400円)ほどになります。

 

3. 移動はトラムを使おう!乗り方はこんな感じ

ボスニア首都サラエボを快適に観光するための8個のコツ_トラムチケット

市内を走るトラムは移動手段としてとても便利です。6種類のトラムが走っていますが、全て番号がフロント、もしくはサイドに表示されているので、それを確認しましょう。東西に移動する時は3番に乗ることになります。

乗車に必要なチケットですが、乗り場近くにある小さい売店で「トラムチケット」と言えば購入できます。料金は1.6KMで乗る度に購入が必要です。ただ、一度乗ってしまえばどこまでも乗ることができます。バスに乗って運転手から直接購入もできますが、料金が1.8KMになることが少し損なのと、他の乗車客の「早くして」目線に少し圧力を感じるかもしれません。

 

4. スリに注意!サラエボでも残念ながら起きる

どの国に行ってもスリやらぼったくりやら、悩みが尽きませんが、ここサラエボも同じ。特に観光地を歩くときとトラムの中は格好のスリポイント。筆者もバシュチャルシヤを歩いていたときに、背負っていたリュックのチャックに手を伸ばして来た親子に遭遇しました。またトラムの中では、体をくっつけてきて功名にバッグに手を入れてきたり、降りる時に運転手と話すのに夢中になっている隙を狙っています。彼らは手にカーディガンなどを掛けて手元を隠し盗んだ事をばれにくくしています。対策はとにかく人混みはリュックなどを体の前に掛ける事。バッグは絶対にファスナーを閉め、鍵がかかるのであれば面倒くさがらず掛けましょう。バッグの中にさらに内ポケットがある場合はそこにパスポートや財布などを入れて大切な物を守りましょう。

 

5. 人懐っこい野良犬が沢山。でもベタベタ触るのは注意しよう

ボスニア首都サラエボを快適に観光するための8個のコツ_ストリートドッグ

ストリートドッグと言われる野良犬がサラエボには沢山います。もちろん危害を加えるような凶暴な犬はほとんどいなく、むしろ人懐っこいカワイイ犬ばかりです。かわいくて思わず頭をなでたり餌をあげたりしてしまいますが、その後は必ず手を洗いましょう。野良犬が持つ菌は時に深刻な食中毒などの原因になります。サラエボに限ったことではありませんが、海外で病気は症状を伝えるのも診察してもらうのも苦労します。予防が大切だという事をお忘れなく。

 

6. スーパーマーケットが便利!

ボスニア首都サラエボを快適に観光するための8個のコツ_スーパーマーケット

サラエボは23時くらいまでスーパーマーケットが営業しており、ちょっと小腹が空いたときや、ホテルで安くみんなでワイワイ飲みたいときなど大変便利です。また、観光する上で水をここで購入して持ち歩くといいです。いざ喉が渇いたときにサラエボは自販機もないし、スーパーマーケットも日本ほど点在していないので、意外に困ります。

 

7. ボスニアコーヒーの正しい飲み方

ボスニア首都サラエボを快適に観光するための8個のコツ_ボスニアコーヒー

ボスニアコーヒーはトルココーヒーと似ていて、とにかく濃く飲み方も他と違います。カフェでは、細かく惹いたコーヒーの粉をフィルターを通さずに水と一緒に専用ポットに入れます。それを沸騰させ、ロクムというお菓子と一緒に出してくれます。コーヒーはそのポットから小さいカップに注ぎ、粉が沈むを待ってから上澄みだけ飲むのが正しい飲み方です。この「ちょっと待つ」のがとても贅沢な飲み方だとボスニア人はいつも言います。上澄みだけといえど、どうしてもコーヒーの粉が混ざって入って来てしまうので、抵抗ある人もいると思いますが、しっかりと飲み方をマスターすれば、ボスニア旅行がさらに楽しくなりますよ。

 

8. ラテンブリッジなどを見ながらミリャツカ川沿いを散歩

ボスニア首都サラエボを快適に観光するための8個のコツ_ミリャツカ川

とにかく自然が沢山のサラエボは、散歩したり公園でのんびりすることが何よりもサラエボ観光になります。地元の人も公園でのんびりコーヒーやビールを飲んで本を読み、たわいもない話をしています。筆者のオススメはそんな光景がたくさん見れるミリャツカ川沿いをのんびり散歩すること。サラエボの人々はこの川と共に生きているんだと、色々な光景を見ながら感じることができるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
サラエボはまだ日本にとっては馴染みの薄い都市だけに、事前準備はとても大切です。でも、しっかりと準備して行けば、ボスニアの人々の優しさと、自然の美しさに魅了されること間違い無しです。サラエボのおすすめレストランとコーヒーBarについてまとめた記事「サラエボのおすすめボスニア料理店とコーヒーBar10選!」もありますので、ぜひそちらもチェックしてサラエボ観光を満喫してください。あなたが来るのをお待ちしております。

 

ボスニア首都サラエボを快適に観光するための8個のコツ

1. ネット問題はこう解決!お店のWiFiをうまく使うべし!
2. タクシーは注意が必要!使うなら赤い車体のシルヴァニタクシー
3. 移動はトラムを使おう!乗り方はこんな感じ
4. スリに注意!サラエボでも残念ながら起きる
5. 人懐っこい野良犬が沢山。でもベタベタ触るのは注意しよう
6. スーパーマーケットが便利!
7. ボスニアコーヒーの正しい飲み方
8. ラテンブリッジなどを見ながらミリャツカ川沿いを散歩

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!