意外と知らない英単語!理由を英語で言うと?

意外と知らない英単語!理由を英語で言うと?

意外と知らない英単語特集!今回は「理由」です。理由は英語だと「reason(リーズン)」です。このreasonはある程度使い方が決まっているので、覚えてしまえばすぐ使えるようになります。また「ちゃんとした理由」ってどう言うかご存知ですか?詳しく見て行きましょう。



 

意外と知らない英単語!理由を英語で言うと?

 

1. 理由を意味するreasonは単体では使わない

reasonという単語は単体ではあまり使いません。必ずreasonの後ろに「なぜこうなったか」を説明したり「理由はこうだ」という単語を付けたりして、セットで使わないと成立しにくい単語です。自分でreasonを使って何か説明をしたいときは、次の構文を使って話すとより明確に話せるようになります。

 

2. The reason why 〜(何故こうなったか)

このreasonに必ずと言っていいほど付いてくる単語が「why」です。例えば、

・The reason why he doesn’t come is ….
彼が来ない理由は…

・The reason why she didn’t know is …
彼女が知らなかった理由は…

など、理由の中身を話すことが自然です。日本語でも「彼は理由がある」とは言わずに「彼は”来れない”理由がある」と、どんな理由かを言いますよね。英語もそれと同じなのです

 

3. The reason why 〜(何故こうなったか) is because …(理由の内容)

The reason why 構文を使って理由の中身を話したら、最後に「なぜならね」ということで「because」をつけて説明すれば完璧です。

The reason why she didn’t know is because she was not there at that time.
彼女が知らなかった理由は彼女があの時そこにいなかったからです。

ほとんどこの構文で説明が出来ますので、是非覚えてください。

 

4. 「ちゃんとした理由」英語では「good reason」

さて、冒頭でも話した「ちゃんとした理由」を英語でどう言うか、ですがズバリ「good reason」です。答えをじらしておいて申し訳ないくらい簡単なフレーズでしたね。でも、シンプルなフレーズほど色々な意味を含む万能フレーズだったりします。これを機に「ちゃんと」覚えてくださいね。

There must be a good reason why he doesn’t come.
彼が来ないのはちゃんとした理由があるに違いない。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
理由という意味のreasonの使い方、覚えられたでしょうか。この構文1つでビジネスでもプライベートでも簡単にあなたの意見が表現できますので、しっかり身につけておきましょう。

 

意外と知らない英単語!理由を英語で言うと?

1. 理由を意味するreasonは単体では使わない
2. The reason why 〜(何故こうなったか)
3. The reason why 〜(何故こうなったか) is because …(理由の内容)
4. 「ちゃんとした理由」英語では「good reason」

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!