北京空港の便利サービスを使って快適に過ごす8つのコツ

北京空港の便利サービスを使って快適に過ごす8つのコツ

中国・北京へ飛行機で行く際、必ず利用する北京空港。その広大な空港には、実にユニークなサービスや便利な機能が沢山隠れています。空港は旅の始まりと終わりで訪れる大切な場所の1つ。どんなサービスがあるか、快適に過ごすコツは何か、やっぱり気になりますよね。そこで今回は、北京空港の便利サービスや空港内を快適に過ごすコツをご紹介します。

Mainichi Eikaiwa mid pc

 

北京空港の便利サービスを使って快適に過ごす8つのコツ

 

1. 規模と立地

北京空港は、北京首都国際机場と言います。漢字の国中国では、空港のことは日本と違って机場と書きます。北京市中心部から北東に約25キロの位置にあります。さほど遠い距離ではありません。3本の滑走路と3つのターミナルから成る中国有数の規模を誇る空港です。ちなみに、旅客数は中国一位世界二位、貨物取り扱い量は中国三位、発着回数は中国一位。とにかく大きな空港なので、現地では迷わない様に、事前に概要を調べておかれる事をお勧め致します。

 

2. ターミナル情報

北京空港の便利サービスを使って快適に過ごす8つのコツ!ターミナル

ターミナルは3つ。航空会社の振り分けは以下の通りです。第一ターミナルは新興国内航空会社。第二ターミナルは古参国内航空会社と、国際線はKLMオランダ航空等が加盟するスカイチーム。第三ターミナルは中国国際航空の国内線と、国際線はスカイチーム以外の主要海外航空会社。我々がお世話になることの多いと思われる第三ターミナルはとても広いので、搭乗口にたどり着くまでに時間を要する場合もありますから、お早めの到着がお勧めです。各ターミナルは無料のシャトルバスで結ばれています。運転間隔は10分から20分で、24時間走っています。

 

3. 中心部へのアクセス

空港からのアクセスは、市内へのリムジンバスが6路線、天津行きバスが1路線あります。又、第二第三ターミナルからは、市内中心部への地下鉄があります。中心部からの距離は約25キロなので、タクシーに乗ってもそう高い料金にはなりません。

 

4. 瞑想室??

国際空港なので、一般的な空港施設は完備されています。珍しい施設というと、瞑想室というのがあります。日本の空港では見たことが無い施設なので、とても珍しいです。宗教を信仰する方々に提供された瞑想の場なので、どんな方が使っても宜しいのですが、恐らくはイスラム教徒の方々を想定して設置された施設だと思います。また、無料の充電場所もありますから、スマホやPCの充電に便利です。

 

5. ちょっとツウなスポット

出発までの時間を過ごすちょっと通なスポットを三箇所後紹介致します。

先ずは第二ターミナルの三階にある、本格的な中国茶が飲める茶芸館です。中国茶葉流通協会の会員店で、名前は「空港休閑」と言います。茶芸というのは、茶盤の上でいくつかの茶器を使って飲む本格的な中国茶の飲み方なんです。北京滞在中に飲めなかった方は、帰国前にこちらで本格的中国茶を飲んでから帰国されるのも好いと思います。

二つ目はホテルのデイユースができる場所です。出発までの時間が空いてしまった場合に便利です。「計時休憩室」と書かれた場所がそうです。第一ターミナルに一箇所と、第二ターミナル第三ターミナルにそれぞれ二箇所ずつあります。

最後に第三ターミナルのリラックスポイントです。第三ターミナルは平面的に三角形のデザインの建築なのですが、その角の部分にあたる場所には、とてもリラックスできるチェアがあり、目の前に飛行機が移動する姿を見る事ができます。穴場なので、時間に余裕がある場合は、こちらで各国の飛行機を眺めながらゆっくり過ごすのもお勧めです。あ、そうそう、気持ち良過ぎてご自分の飛行機に乗り遅れない様に!

 

6. 両替

当然ながら空港内に両替所がありますから、日本の空港や銀行で人民元に両替して出発されなくれも安心です。一応お勧めしておきますが、空港の両替所は手数料が高いので、市内に移動する為の交通費程度の両替にとどめて、大金の両替は市内の銀行でする方がお勧めです。両替にはパスポートが必要になりますので、お忘れなき様。

 

7. 無料Wifi

空港内で、待ち時間にインターネットに接続したいですよね。無料Wifiが使えますので、利用される事をお勧めします。自動的には使えないので、手続きが必要です。手続きには、カスタマー・サービス・センターで依頼するか、PW自動発行機で画面を見ながら自分で手続きするかのどちらかになります。どちらかでPWを取得できたら、Airport-Free-Wifiにアクセスして、PWを入力してログインすれば5時間無料でWifiを使用できます。

 

8. もう一つの空港

北京には市内にもう一つ空港があります。北京南苑機場と言います。軍民共用の空港で国内線だけの小さな空港です。実は今市内の南側に大規模な空港が建設されています。北京首都第二空港の位置づけで、北京大興国際機場という名前で、2017年の開港予定です。北京大興国際機場を開港する段階で北京南苑機場は閉鎖される予定です。

 

まとめ

いかがでしたか?
悠久の歴史と広大な面積を誇る中国の首都空港のことが少しはおわかり頂けたでしょうか。これから北京の空港はさらに変化を遂げていきます。ぜひ何回も北京へ訪れて、その空港の変貌を楽しむのも旅の醍醐味になりますね!

今回ご紹介した情報を使って、空港内の待ち時間を楽しく過ごしてください。あなたの北京旅行がさらに快適な旅になること間違いなしです。一路平安!

 

北京空港の便利サービスを使って快適に過ごす8つのコツ

1. 規模と立地
2. ターミナル情報
3. 中心部へのアクセス
4. 瞑想室??
5. ちょっとツウなスポット
6. 両替
7. 無料Wifi
8. もう一つの空港

 

Mainichi Eikaiwa bottom pc

あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!

The following two tabs change content below.
扇ガ谷道房

扇ガ谷道房

家族で中国に駐在しておりました鎌倉在住のコンサルタントです。サッカー観戦、楽器演奏、腕時計収集、帽子、海外旅行、街歩きが趣味のおじさんです。中国に関するコンサル、講演、執筆、ガイド等も承ります。生身の中国を是非多くの皆さんに知って頂きたい想いでお仕事させて頂いております。どうぞ宜しくお願い致します。