台湾のインフルエンザや風邪にまつわる6つの豆知識!

台湾のインフルエンザや風邪にまつわる6つの豆知識!

(flickr By Ray Tsang)

毎年冬になると日本では大流行するインフルエンザや風邪などの病気。比較的年間通して暖かい台湾でも当然風邪は存在しておりますし、インフルエンザも日本と同じように流行します。ですが、日本と台湾とで違う風邪にかかった時の対応や、台湾ならではの病気に対する考え方などがあります。今回は、そんな台湾のインフルエンザや風邪にまつわる豆知識をご紹介します。



 

台湾のインフルエンザや風邪にまつわる6つの豆知識!

 

1. 風邪にかかった時に食べるもの

日本であれば風邪をひいた時に食べるものの定番といえばお粥や生姜湯などが定番ですが、台湾でも同じように風邪をひいた時にはお粥を食べます。病気でなくても日常的におかゆを食べる習慣があるので、家で作る元気がなくても外で簡単に買って食べる事もできます。また生姜湯など体が温まるものを好んで口にするようにします。風邪をひいたら冷たいものが美味しく感じますが、台湾のお医者さんは昔から風邪をひいたら暖かいものを口にするようにと指導しています。

 

2. 風邪にかかった時に食べたらいけないもの

風邪に感染した時に食べてはいけないものですが、前項でも少し触れたとおり台湾では風邪をひいた時には暖かいものを口にするようにするため、冷たい水であったり冷たい食べ物、例えばアイスなどは夏であっても食べないようにします。そして日本ではオレンジなどをよく食べますが、台湾ではオレンジは体を冷やすので食べてはいけないフルーツの一つにあげられます。また台湾人はとにかく揚げ物が大好きで、どこでも揚げ物の美味しい食べ物が売られているのですが、風邪をひいたりした時などは揚げ物もご法度。そして、辛いものもダメかと思いきやそんな事はなく、食べても良いけど控えめに。といった感じで体に毒にならない程度なら大丈夫といった感じで自分で調整しながらいただきます。

 

3. インフルエンザに感染したら治療費が無料?

毎年「流感」という名前で日本でいうインフルエンザが流行します。インフルエンザの治療はお年寄りはなんと無料で受ける事ができるんです。お年寄りは体が弱いこともあり気軽に治療を受けられるようにといった配慮なのでしょうか。インフルエンザが流行する時期などは多くの病院で検査や検診を受けに来られる方を見かけます。

 

4. 台湾は治療費が安い

またお年寄り以外の方は当然治療費というのがかかるのですが、日本と比べても診察料などはとても安く、小さな診療所などで治療を受けた場合はどんな内容でも薬を含めての150元(約600円)と決まっています。薬も三日分いただけるため、健康保険を持っている台湾人は体の調子が悪ければ本当に気軽に病院に検査に行く事ができます。そして病院にも2種類あり、一つは西洋医学の病院。こちらは日本でもおなじみの錠剤などの薬を頂く事ができます。そしてもう一つが東洋医学、つまりは漢方薬を処方してくれる病院です。どちらも保険を使えば150元で見ていただく事ができます。

 

5. 夏になるとデング熱が大流行

日本では毎年インフルエンザは社会問題に成る程流行しますが、台湾で同じように流行する病気に「デング熱」というものがあります。日本ではそれほど注意する事はありませんが台湾では毎年夏に多くの死者が出るほど大流行します。高温多湿の台湾では年中通して蚊が発生し、特に夏は家の中、外を問わずに多く飛び回ります。夏に台湾旅行をされる際はデング熱の感染にはとにかく注意が必要です。またデング熱に感染した場合は政府から助成金が出るため、治療費が無料となります。デング熱出なかった場合も台湾の治療費はそもそもそれほど高くないため安心のためにとこの時期は熱がでるとすぐに病院に行き治療を受けるという方が少なくありません。

 

6. 被害が深刻な地域には政府から助成金も

また特に被害が深刻な地域にはデング熱対策の助成金が政府からでます。家に貯蓄している水、池や貯水タンクなどの古い水を全て新しくしたり、家の中を消毒、防虫対策などそういったデング熱対策の費用を政府が負担してくれます。ですがそれでも深刻な地域では多くの被害者が出てしまうため、しっかりと対策したとしてもまだまだ防ぎきれないのが現状です。虫除けスプレーであったり、防虫グッズといったものをしっかりと携帯して台湾旅行などをするのが最適でしょう。そして、もし感染してしまった場合は日本に帰国後申告する義務がありますので、そういった事も含めて調べておくのが無難です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
日本と台湾の医療制度の違いや風邪やインフルエンザに感染した時の食べ物の違いなど多くの部分で日本と似ていたり、全く異なっていたりとやはり違う国なんだなという文化の違いを感じさせられます。またデング熱のように日本では馴染みの薄い病気なども台湾では毎年猛威を振るっています。自分は大丈夫だろうと過信せずに、安全対策はしっかりと整えて台湾旅行される際などは注意して楽しんでもらいたいです。

 

台湾のインフルエンザや風邪にまつわる6つの豆知識!

1. 風邪にかかった時に食べるもの
2. 風邪にかかった時に食べたらいけないもの
3. インフルエンザに感染したら治療費が無料?
4. 台湾は治療費が安い
5. 夏になるとデング熱が大流行
6. 被害が深刻な地域には政府から助成金も

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!